映画で学ぶ歴史 ウォーターゲート事件を知るならこの2本を見るべき


1972年アメリカの史上最大の政治スキャンダルと言われる事件「ウォーターゲート事件」がおきました。この事件により最終的にニクソン大統領は大統領を辞職することになります。
ここでは「ウォーターゲート事件」について学べる映画2本を紹介します。

ウォーターゲート事件

1972年アメリカは大統領選挙の年でした。
現大統領のニクソンは再選をかけて民主党のジョージ・マクガヴァンと争っていました。

そんな中1972年6月17日、民主党本部があるウォーターゲートビルに5人の男が侵入し捕まってしまいます。
彼らは民主党本部に盗聴器を仕掛けようとしていました

捜査の結果捕まった5人は元CIAやFBIの職員だったり、大統領再選委員会の警備担当であることが判明します。

共和党は事件の関与を否定しましたが、ワシントンポスト紙の記事などによりニクソン大統領が関係していたことが明るみになったのでした。

さらにFBIの捜査の妨害をしたり資料を隠蔽していたことも発覚し、最終的にニクソン大統領は任期途中で辞任することになったのでした。

ウォーターゲート事件を知るための2本の映画

『ザ・シークレットマン』

FBIの副長官マーク・フェルト。
彼はウォーターゲートの事件の捜査に当たります。

「黒い歴史」のFBIを終わらせ正しい組織にしようと考えていたフェルトでしたが、彼の前に現れた新しい長官グレイはウォーターゲートの事件の捜査を48時間で終わらせようとします。

明らかに不可解な事件なのに正しい捜査ができないフェルト。
ニクソン大統領は政府の関与を否定し、そのうちウォーターゲート事件の捜査は終了となってしまいました。

捜査の終了に納得のいかないフェルト。
彼は事件の真実をタイム誌とワシントン・ポスト紙の記者にリークしたのでした。

公聴会でグレイ長官はホワイトハウスに資料を渡したことを認めます。
そしてそれがニクソン大統領の命令だったと発言したのでした。

『大統領の陰謀』

ウォーターゲート事件の担当となったワシントン・ポスト紙のボブ・ウッドワード。
彼は法廷で犯人の中に元CIAがいたことに驚きます。
しかも彼らの所持していた金額も多くただごとではない事件だと気がつきました。

また同僚のバーンスタインが犯人の住所録に書かれていた名前を得ます。
そこにはハワード・ハントと書かれていました。

ハワード・ハントが大統領特別顧問コルソンの部下だった知ったウッドワードとバーンスタイン。
ハワードについて調べ始めました。

同時にウッドワードに情報を提供していた人物ディープ・スロートに会います。
彼は「金を追え」とウッドワードに告げたのでした。
このディープ・スロートが『ザ・シークレットマン』の主人公マーク・フェルトだったのです。
(ウッドワードとフェルトが駐車場で会うシーンはどちらの映画も同じように描かれています。)

お金の動きを追い始めたウッドワード達は、再選委員会から犯人達へお金が流れていたことを突き止めます。
さらに誰がそれを指示していたのかを突き止め、大統領首席補佐官H. R. ホルドマンが関与していたことを知ります。

裏付けを取り記事にした二人でしたが、ホワイトハウスはワシントン・ポスト紙の記事は嘘だと声明を出しました。

ワシントン・ポスト紙への非難が続出する中、ウッドワードはディープ・スロートに会い事件の真相を聞き出したのでした。

『ザ・シークレットマン』と『大統領の陰謀』共通点

2つの映画はディープ・スロートで繋がっています。
FBI側とワシントン・ポスト紙側から「ウォーターゲート事件」を描き、懸け橋となっているのがディープ・スロートです。

映画自体は『大統領の陰謀』の方が1976年に公開されましたが、事件のことを知ってから見た方が人物名などわかりやすいので、『ザ・シークレットマン』から見ることをお勧めします。

どちらも自分の信念を貫いた男の物語となっています。

おまけ

実は『フォレスト・ガンプ/一期一会』にもウォーターゲート事件が登場します。

ウォーターゲートホテルに泊まったガンプが、前のビルの懐中電灯に気がつくというシーンがあります。
懐中電灯はウォーターゲートビルに侵入した犯人だったのです。

もちろんフィクションなのでガンプは目撃していませんが、アメリカの歴史に残る事件なので映画のワンシーンとして描かれていました。