映画『デッドプール』この映画はヒーロー映画ではなく愛の物語です


愛する人との幸せな生活をある日突然奪われてしまった主人公のウェイド。末期癌になった彼は幸せの絶頂から人生のどん底に叩き落とされました。愛する彼女と一緒にいたいと望むウェイドは、「癌を治せる」という怪しげな誘いに乗ってしまい、癌は治りますがそれ以外のもの全てを失います。そんな絶望のどん底にいるウェイドの愛の物語が映画『デッドプール』なのです。

『デッドプール』作品情報


デッドプール [Blu-ray]

タイトル デッドプール(Deadpool)
監督 ティム・ミラー
公開 2016年6月1日
製作国 アメリカ
時間 1時間48分

Rotten Tomatoes

あらすじ

(引用:MIHOシネマ

ウェイド・ウィルソンからデッドプールへ

恋人のヴァネッサへのプロポーズが成功し人生の絶頂期にいたウェイド・ウィルソン。
しかし彼はその後すぐに末期癌を宣告されてしまい、人生のどん底に落ちていきました。

彼は愛するヴァネッサのために一度は別れようとしますが、ヴァネッサの懸命に姿を見て生きることを選択します。

そしてウェイドは怪しい男の「癌を治せる。さらに夢のような能力を得られる」という誘いを受け、ある組織を訪れたのです。

しかしそこは人体実験を行う組織で、人間に特殊能力を与えようとしている組織だったのです。

所長のフランシスは、ウェイドの体にミュータント遺伝子を活性化させる血清を打ちます。
ミュータント遺伝子が活性化されれば、特殊能力を得ることができるのです。

しかしミュータント遺伝子が活性化するには痛みが必要でした。
血清がアドレナリンと結びつくと効果が現れるので、その日からウェイドはアドレナリンを放出するために拷問を受け続ける日々が始まったのです。

人によって結びつく時間は違います。
ウェイドは数々の拷問を受けましたが、ミュータント遺伝子は活性化しません。

そこでフランシスは最後の手段に出ます。
それはウェイドを窒息させるギリギリの状態にするという拷問でした。

この拷問でついにウェイドのミュータント遺伝子は活性化されます。
そして彼は特殊能力を得ることができたのです。

遺伝子の活性化によって得られる特殊能力は人それぞれ違います。
この時まだ誰もウェイドの特殊能力に気が付いていませんでした。

なぜなら彼は副作用で皮膚がただれてしまったからです
彼は望み通り癌を治すことにはできましたが、自分の姿を見て驚きショックを受けます。

そして何がなんでもフランシスに自分を元通りの姿に戻してもらおうとしたのです。

ウェイド自身も気が付いていなかった彼の能力。
それは彼が不死身になったということでした。
再生能力に長けていて、腕を切ってもしばらくすると生えてきます。

彼はこの能力を駆使して、憎き相手フランシスを探し始めたのです。

ただし醜い顔を隠す必要があるのでマスクを被りました。
しかもフランシスを探す戦いでスーツに血がついてしまいます。
それを隠すために彼は赤いスーツを身に纏いました。

そして友人のバーで「デッドプール」と自分の名前を決めます。

こうしてウェイドはデッドプールになっていったのです。
もともと彼は特殊部隊にいて戦闘能力が強かくてそこに不死身の能力が加わったことで、最強のデッドプールが誕生したのでした。

ラブストーリー『デッドプール』

アメコミ・特殊能力・さらにはX-メンとくれば映画『デッドプール』はスーパーヒーロー物語だと思ってしまいますが、映画の冒頭で「これはラブストーリーです」と説明されます。

そしてその説明通り本当に『デッドプール』は愛の物語でした。

確かにウェイドは不死身になりデッドプールに姿を変えますが、彼がその能力を使うのは愛するヴェネッサを救うためだけです。

フランシスを追いかけるもの元通りの顔に戻してもらって、ヴァネッサの元に戻りたいからでした。

スーパーヒーローは、困っている人を救うために悪と戦います。
でもウェイドはヴァネッサと自分のために悪と戦ったのです。

彼はその特殊能力を使って悪と倒そうなんた考えてもいません。
ヒーローなんかなろうとも思っていませんでした。

だからいくらコロッサスが誘ってもX-メンの仲間にはなりません。
フランシスを殺すなと言われても、彼の頭を銃で撃ってしまいます。

なぜなら彼はスーパーヒーローではないのです。

彼はただただヴァネッサのためだけに生きているのです。

そんなウェイドの愛はヴァネッサにちゃんと伝わります。
彼女はマスクの下のウェイドがどんな顔でも、関係ありませんでした。

彼女もまたウェイドのことを心から愛していたのです。

そして最後2人は熱いキスを交わして、元通りの幸せな2人に戻りました。

そう映画『デッドプール』はウェイドとヴァネッサの愛の軌跡なのです。

まとめ

新たなヒーローの誕生の瞬間を描いた映画『デッドプール』。

しかしこの映画はヒーロー映画ではなく愛の物語でした。

不死身という能力を得たデッドプールですが、彼はヒーローではありません。

あくまでウェイド・ウィルソンがマスクとスーツを身につけた姿だったのです。

デッドプールはこの先もヴァネッサのためだけに生き続けでいくのでしょう。