映画『ハリー・ポッターと秘密の部屋』ホグワーツ魔法魔術学校の伝説 秘密の部屋を開けたのは?


『ハリー・ポッター』シリーズ2作目となる『ハリー・ポッターと秘密の部屋』。今回ハリー達はホグワーツ魔法魔術学校の伝説に迫ります。学校のお城の中にあるとされる秘密の部屋。1000年以上前に封印されたその扉が、どうやら再び開いてしまったようです。秘密の部屋にまつわる伝説とは?そしてお城のなかでは何が起きているのでしょうか?

『ハリー・ポッターと秘密の部屋』作品情報


ハリー・ポッターと秘密の部屋 [Blu-ray]

タイトル ハリー・ポッターと秘密の部屋(Harry Potter and the Chamber of Secrets)
監督 クリス・コロンバス
公開 2002年11月23日
製作国 イギリス/アメリカ
時間 2時間41分

Rotten Tomatoes

あらすじ

ハリーは学校での最初の1年を終え、夏休みをダーズリー一家のもとで過ごしていた。

ハリーが相変わらず意地悪な一家に嫌気がさしていたある日、突然ドビーという“屋敷しもべ妖精”が現れる。

ドビーはホグワーツへ戻らないよう警告するが、ハリーはそれを聞かずに、助けに来てくれたロンと共にダーズリー家を抜け出した。

そして新学期、晴れて2年生となったハリーとロンは、もうひとりの親友ハーマイオニーとも再会し、いつもの充実した学校生活を送っていたが、やがて校内で不気味な出来事が次々と起こり始める…。

(出典:https://www.allcinema.net/cinema/237942)

お城の中の秘密の部屋

ホグワーツ魔法魔術学校にあるとされる秘密の部屋。
その伝説はお城の中にあるとされていますが、どこに秘密の部屋があるのか誰にも分かりません。

ホグワーツ魔法魔術学校は1000年以上前に

・ゴドリック・グリフィンドール
・ヘルガ・ハッフルパフ
・ロウェナ・レインブンクロー
・サラザール・スリザリン

の4人によって設立されました。

この4人のうちスリザリンだけは、魔法教育は魔法族の家系のみに与えるべきだと考えました。しかし3人に反対されたスリザリンは学校を去ることになりますが、その時にお城の中に秘密の部屋を作ったのです。

彼はその部屋を封印し、自分の継承者が現れるまではその部屋を閉じたままにしました。
真の継承者だけがその封印を解き、その中にいる恐怖を解き放つことで魔法族以外のものを追放しすることができるのです。

秘密の部屋の中にいる「恐怖」。
それは真の継承者だけが操ることのできる怪物です。

その怪物の正体をハーマイオニーが突き止めました。
その怪物は「我らの世界を徘徊する怪物で最も恐るべきはハジリスク」巨大な蛇だったのです。

スリザリンの継承者

秘密の部屋をできるスリザリンの継承者。
スリザリンは蛇語を話せるパーセルマウスでした。

ハリー・ポッターもパーセルマウスなので、校内ではハリー・ポッターがスリザリンの継承者なのではと疑われてしまいます。

しかし本当のスリザリンの継承者はトム・マールヴォロ・リドルという人物でした。
そしてそのトム・マールヴォロ・リドルこそあのヴォルデモートだったのです。

TOM MARVOL RIDDLEこれを並べ替えると、I AM LORD VOLDEMORTとなるのです。

ハリー・ポッターの前に姿を表したトム・リドルは50年間日記に残された「記憶」だったのです。
50年前に扉を開いたのはトム・リドルでしたが、彼はハグリッドを犯人に仕立てました。
しかしダンブルドアだけはトムのことを疑い、彼を監視し続けます。

そこで再び秘密の部屋の扉を開けることに危険を感じたトムは、16歳の自分を日記に保存します。
そして仕事を成し遂げてくれる人を待っていたのでした。

日記を手にしてしまったロンの妹ジニーは、トムに操られ秘密の部屋の扉を開けてしまいます。
さらにジニーが死ねばトムは記憶から抜け出すことができます。
それはヴォルデモートの復活を意味します。

しかし今回もまたハリー・ポッターは、ヴォルデモートの復活を阻止したのでした。

魔法族の純血

1000年前スリザリンが魔法族の純血だけに魔法教育を行おうと考えましたが、現在でもそのスリザリンの考えを信仰しているのがドラコの父親ルシウス・マルフォイです。

彼はマルグを嫌い魔法族の純血だけに魔法を学ばせたいと思っていました。

そのためジニーの鍋にわざとトム・リドルの日記を入れて、秘密の部屋の扉を開けさせようとしました。

ルシウス・マルフォイはあの日記がヴォルデモートのものだと知っていたのです。

しかし今回はハリー・ポッターの活躍によってルシウスの陰謀は阻止されました。

ハリーは自分がヴォルデモートと同じパーセルマウスなのを気にしていましたが、バンブルドア校長がその謎を解いてくれます。

ヴォルデモートがハリーの額に傷をつけたとき、ヴォルデモートの力の一部がハリーに移ってしまったのです。
だからハリーは蛇と話ができたのです。

ハリーは校長先生のおかげで悩みを解決することができました。

そして今後もホグワーツ魔法魔術学校を守ると誓ったのでした。

まとめ

『ハリー・ポッターと秘密の部屋』ではホグワーツ魔法魔術学校に伝わる秘密が暴かれます。

そしてその秘密はヴォルデモートと関係していました。

スリザリンの継承者だったヴォルデモート。

ハリー・ポッターは16歳のヴォルデモートと戦い、ホグワーツ魔法魔術学校を守ったのでした。