映画『レディ・バード 』娘に幸せになって欲しい母の想いと外に飛び出したい娘の関係


大人になる一歩手前の17歳のレディ・バード。彼女はお金のことばかり言う母親が煙たくて仕方ありません。今の生活を早く抜け出してNYで暮らしたいレディ・バードは、都会に憧れ目立つことが大好きな女の子です。しかし理想と現実のギャップに苛立ち、さらにうるさい母親と喧嘩ばかりの毎日を送っていました。

『レディ・バード 』作品情報


レディ・バード [Blu-ray]

タイトル レディ・バード(Lady Bird)
監督 グレタ・ガーウィグ
公開 2018年6月1日
製作国 アメリカ
時間 1時間34分

Rotten Tom

あらすじ

2002年、カリフォルニア州サクラメント。

閉塞感漂うこの町で窮屈な日々を送るクリスティン。

堅苦しいカトリック系高校に通う彼女は、自分のことをレディ・バードと称し、何かと反発しては苛立ちを募らせていた。

とくに口うるさい母親とはことあるごとに衝突してしまう。

大学進学を巡っても、大都会ニューヨークに行きたい彼女は地元に残ってほしい母親と喧嘩して大騒動に。

そんな中、ダニーという好青年のボーイフレンドができるクリスティンだったが…。

(出典:https://www.allcinema.net/cinema/362657)

自我の強い娘

サクラメントを出て東海岸で暮らしたい17歳のレディ・バード。
とにかく自我が強く、クリスティンという本名を嫌い自ら自分のことをレディ・バードと名乗ります。

さらに目立つことが大好きなレディ・バードは、注目されていないと嫌なタイプ。
でも実は自分の立場を理解しています。
だからこそそんな自分が嫌で、ステータスばかり気にしてしまうのです。

NYに行きたいのも都会に対する憧れだけで、特に夢もありません。

彼氏が欲しいレディ・バードはダニーと言う恋人ができます、彼がゲイだと分かるとすぐにイケメンのカイルに乗り換えました。

いつも1人で本を読んでいるどこか魅力的なカイル。
学校のいけてるグループのイケメンのカイルと付き合えば、自分の魅力もアップするはず。
そんな理由でカイルに処女を捧げてしまいましたが、カイルはレディ・バードの理想の男性ではありませんでした。

ゲイだったけどレディ・バードはダニーといた方が幸せでした。
しかもカイルに近づくために美人でお金持ちのジェナと仲良くなったレディ・バード。
そのために親友だったジュリーと疎遠になってしまいます。

ジェナにお金持ちだと嘘をつき、見えをはるレディ・バードですが、やがて自分が惨めに思えてしまいました。
それでもカイルとプロムに行きたい。
カイルのことは好きはないけど彼とプロムに行けば注目されるはず。
なかなかうわべだけの世界から離れることができません。

しかし最後にやっと彼女は現実に気がつきます。
自分が憧れていた世界の虚しさに。

母親と離れて1人でNYで暮らして初めて、レディ・バードは母親の愛情を知ったのでした。

自我の強い母親

娘の将来が心配で仕方ないレディ・バードの母親マリオン。
将来設計もなくだらしない娘のことが気になって仕方ありません。

本当は心から彼女のことを愛しているのですが、素直にその気持ちが伝えられずいつも口煩くなってしまうのです。

娘を思うからこそなのですが、その想いは全くレディ・バードには伝わっていませんでした。

華やかな世界に憧れるレディ・バードに「現実を見なさい」と、現実の厳しさを教えるマリオン。
レディ・バードにとってみれば自分の憧れを壊す母親です。

本当はマリオンも若い頃レディ・バードと同じように、派手なことに憧れた時期もあったのかもしれません。
しかし彼女の生活は憧れた世界とは違う厳しいものでした。
夫はリストラでうつ病になり、大卒の息子はスーパーのレジ係です。

だからこそ大切な1人娘レディ・バードには、最高の人生を送って欲しかったのです。
自分とは違う素敵な人生。
そのためにマリオンは娘に厳しく接するようになっていました。

そんなマリオンは娘が家を離れるときに、初めて自分の本当の気持ちを伝えます。
それは父親が彼女の手紙を勝手にレディ・バードに送ったものでしたが、それでもその手紙に書かれたことがマリオンの娘への想いだったのです。

自分とは違う世界に旅立ったレディ・バードを、マリオンは遠くからいつでも応援しています。

だって彼女はレディ・バードの母親ですから。

まとめ

母と娘の関係を描いた映画『レディ・バード 』。

女の子だったら一度は経験したことがある、母親との関係かもしれません。

母親は娘に幸せになって欲しいから口煩くなってしまうのですが、娘にとってはうるさいだけです。

でもそれも母から離れてみて初めて娘は、母の強さ凄さを知ります。

NYで一人暮らしを始めたレディ・バードは、この先もっと母の偉大さを知るでしょう。

そしていつしか母と娘は女友達になっていくのです。