映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』遠い昔遥か彼方の銀河の光と愛する人を守った戦い


新3部作の2作品名となる『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』。ファスト・オーダーを前に新たに現れた登場人物達が、レジスタンスらしい戦いを見せてくれました。ヒーローとしてでなく愛する人達を守るために戦ったレジスタンス。彼らの想いは仲間に伝わりそして新たなリーダーも誕生しました。

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』作品情報


スター・ウォーズ/最後のジェダイ MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]

タイトル スター・ウォーズ/最後のジェダイ(Star Wars: The Last Jedi)
監督 ライアン・ジョンソン
公開 2017年12月15日
製作国 アメリカ
時間 2時間32分

Rotten Tomatoes

あらすじ

レイア将軍率いるレジスタンスはファースト・オーダーの猛攻に晒され、基地を手放し決死の脱出を図る。

その頃、レイは伝説のジェダイ、ルーク・スカイウォーカーを連れ戻そうと説得を試みていた。

あるトラウマから心を閉ざし、ジェダイの訓練を請うレイに対しても頑なな態度を崩そうとしないルークだったが…。

(出典:https://www.allcinema.net/cinema/360445)

ポーの試練


スターウォーズ ポー・ダメロン エリートシリーズ ダイキャスト アクションフィギュア 最後のジェダイ

レジスタンスで1番のパイロットと言われているポー・ダメロン
前作ではレイア将軍から重要な任務を受け、ルーク・スカイウォーカーの地図を受け取りに行きました。

しかもスターキラー基地の破壊にも成功し一躍英雄となっていました。

そんなポーに今作では試練が待ち受けます。

ヒーローになりたいポーはレイア将軍の命令を無視し、勝手な行動に出ていまします。
ポーの作戦は成功しファースト・オーダーのドレッドノートを撃沈しますが、レジスタンスの兵士にも大きな犠牲が出ました。

ポーはヒーローが誕生したと作戦の成功を喜びますが、レイアは彼の行動を認めません。
ポーを降格処分にしてしまいました。

それでも戦うことに意義を見出しているポーは、意識を失ったレイアの代理司令官のホルドの戦い方が気に入りませんでした。

そもそもポーは自分が代理司令官に選ばれると思っていたほどです。

燃料を輸送船に移し逃げようとするホルドが許せなかったのです。
彼女を「裏切り者」呼ばわりし、フィンとの作戦を決行しようとしていました。

しかしそんなポーをレイアは撃ちました。
ホルダは輸送船に乗りレジスタンスの昔の基地に行こうとしていたのです。

レイアは「ホルダはヒーローになることよりも光を守ることを望んでいた」とポーに告げます。

輸送船に乗り込んでしまったことがバレたレジスタンスはファースト・オーダーに攻撃されてしまいます。

ホルダは仲間を助けるために、レジスタンスのクルーザーでスター・デストロイヤーに突っ込みました。

それを見て初めて今レジスタンスに必要なものは何かに気がついたポー。

惑星クレイトでファースト・オーダーの攻撃を受けた時は、ルークが時間を稼いでいる間に逃げることを選択しました。

「ついてこい」というポーを見てレイアも「彼について行きなさい」とみんなに言います。

この時ポーはレジスタンスの新たなリーダーとなりました。
レイアもそんなポーを頼もしそうに見ています。

ファースト・オーダーを前に逃げることになってしまったレジスタンスですが、すでに再建は始まっています。
その再建を引っ張るのがポーなのでしょう。

愛する人を救う勝利


スターウォーズ:最後のジェダイレジスタンステックローズフォースリンクフィギュア 3.75インチ

ホルダはレジスタンスの仲間を守るために戦いました。

そしてもう1人仲間を守るために戦ったのがレゾスタンスの整備員のローズです。

彼女の姉はポーが最初に率いた作戦で犠牲になりました。
本来ならなファースト・オーダーを憎んでいるはずですが、無謀な作戦に出たフィンを身を呈して救いました。

「なぜ邪魔をする」というフィンに「敵を憎むよりも愛する人を救うことが勝利だ」と言ったローズ。

彼女もまたホルダと同様仲間を救うために戦ったのでした。

犠牲を出してヒーローを作ることよりも、愛する人たちを守ることがレジスタンスの戦い方なのです。

まとめ

「犠牲」ではなく「守る」ことの大切さを描いていた『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』。

そんなレジスタンスの想いは多くの人に伝わっています。

ローズから指輪をもらった少年もレジスタンスの希望の1人です。

レイアの言う通りレジスタンスの再建の準備はすでに始まっていました。

仲間を守り愛する人を救い続けるレジスタンス。

彼らの戦いはいよいよ次でラストです。