映画『ボーン・アルティメイタム』ジェイソン・ボーン誕生の秘密が解き明かされる


ついに自分が誕生した場所に戻ったジェイソン・ボーン。そこで全ての出来事を思い出しました。自分が選んだ道に決着をつけたジェイソン。彼の課せられた任務とはなんだったのでしょうか?今回も自分自身を求めての謎解きが続きます。

『ボーン・アルティメイタム』作品情報


ボーン・アルティメイタム [Blu-ray]

タイトル ボーン・アルティメイタム(The Bourne Ultimatum)
監督 ポール・グリーングラス
公開 2007年11月10日
製作国 アメリカ
時間 1時間55分

Rotten Tomatoes

あらすじ

CIAの極秘計画“トレッドストーン”によって過去の記憶を消され、究極の暗殺者にされたジェイソン・ボーン。

彼はその過去の断片を辿りながら、全てを明らかにしようと奔走していた。

そんなある日、イギリスの大手新聞ガーディアンにボーンの記事が載る。

その担当記者ロスが、CIAの内部告発に基づいて、トレッドストーンのアップグレードとなる“ブラックブライアー”という計画に関する取材を進めていたのだった。

ロンドン支局からその情報を聞いたニューヨークのCIA対テロ極秘調査局長ヴォーゼンは、ただちに現地要員へロスの監視と尾行を指示。

また同じ頃、この新聞を目にしたボーンもロンドンへ飛び、監視を巧みにかわしながらロスと接触するのだが…。

(出典:https://www.allcinema.net/cinema/328151)

アカデミー賞受賞
・編集賞
・録音賞
・音響効果賞

ブラックブライアー

トレッドストーンに変わり新たな作戦となったブラックブライアー

ジェイソン・ボーンはこの作戦を知りません。
なぜならこの作戦はトレッドストーン終了後に作られた作戦だったからです。

第1作目となる『ボーン・アイデンティティ』のラストを覚えているでしょうか?
アボットが議会で「トレッドストーンは終了しました」と言っているシーンを。

その時彼は次のプロジェクトは「ブラックブライアーです」と説明していました。

今回の物語ではそのブラックブライアが指導していたのことがわかります。
ブラックブライアとは、本来は監視作戦でした。
しかし今では全機密作戦を包括していました。

・潜入工作
・犯罪者引き渡し
・実験尋問
・暗殺工作

国を守る実行作戦だったのです。

そして物語は前作『ボーン・スプレマシー』でボーンが政治家ネスキーの娘を訪ねたところからの続きで始まります。

トレッドストーンがアップグレードしたブラックブライアーを知ったボーンが、自分自身の謎を解くためにアメリカに戻り、CIAのパメラ・ランディに電話をしました。

そこは『ボーン・スプレマシー』のラストシーンでもあります。

『ボーン・アルティメイタム』の前半は、『ボーン・スプレマシー』で描かれていなかったなぜボーンがパメラに電話したかを描いていたのです。

そしてパメラから情報を得たボーンは、自分自身を作り上げた場所に戻っていったのです。

自分自身を見つけるまで

ジェイソン・ボーンが誕生するまでの謎。

ボーンは愛するマリーを殺した黒幕を見つけるために、自分が誕生した謎を解くことになりました。

ボーンが自分が誕生した場所に戻るために経緯をまとめると

・ロンドンの記者が自分のことについてい書いた記事を読む

・ロンドンの記者に接触する

・ブラックブライアリーについて知る

・記者が持っていた資料から記者の情報源CIAのダニエルズの居場所を突き止める

・ダニエルズは殺されてしまうが、遺品からCIAのNYの場所を知る

・パメラから特別研究所の住所を聞く

・研究所で自分を作り上げたアルバート・ハーシュ博士と再会

・全ての記憶を取り戻す

ジェイソン・ボーンが誕生した作戦はCIAの長官クレイマーが指揮していて、彼はパメラの告発により逮捕されました。

さらにアルバート博士や責任者のノア・ヴォーゼンも逮捕されたのでした。

自分の記憶を全て取り戻したジェイソン・ボーンことデビッド・ウェッブ。

彼はそのまま姿を消したのでした。

まとめ

3部作となるボーン・シリーズ。

この3作品でジェイソン・ボーンにまつわる出来事が全て明らかになりました。

1作品目から謎解きだったボーン・シリーズ。

最後の『ボーン・アルティメイタム』で全てが繋がり、ジェイソン・ボーン誕生の謎が解けました。