映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』遠い昔遥か彼方の銀河で起こったもう1つの父と子の戦い


帝国軍を滅ぼした後の共和国。ルークは姿を消し帝国軍の残党がファースト・オーダーを築いています。ファースト・オーダーもレイア将軍率いるレジスタンスもどちらも探しているのはルークです。そのルークが姿を消す原因となったカイロ・レン。彼を取り戻すために新たな父と子の物語でもあるのが『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』です。

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』作品情報


スター・ウォーズ/フォースの覚醒 MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]

タイトル スター・ウォーズ/フォースの覚醒(Star Wars:The Force Awakens)
監督 J・J・エイブラムス
公開 2015年12月18日
製作国 アメリカ
時間 2時間18分

Rotten Tomatoes

あらすじ

砂漠の惑星で家族を待ち続けている孤独な女性レイは、謎のドロイドBB-8と、ストームトルーパーの脱走兵フィンと出会い運命が一変する。

一方、十字型のライトセーバーを操るカイロ・レン率いる帝国軍の残党であるファースト・オーダーは、 消えたとされる最後のジェダイ、ルーク・スカイウォーカーの行方を追っていた。

(出典:https://starwars.disney.co.jp/movie/force/about.html)

カイロ・レン


S.H.フィギュアーツ スター・ウォーズ カイロ・レン (STAR WARS:The Rise of Skywalker) 約155mm PVC&ABS&布製 塗装済み可動フィギュア

帝国軍の残党が作り上げたファースト・オーダー。
最高指導者スノークの元、共和国を滅ぼそうとしています。
そして、最後のジェダイであるルーク・スカイウォーカーを殺すために彼の居場所を探していました。

スノークに導かれて暗黒面に堕ちたのが、ハン・ソロとレイア将軍の息子カイロ・レンです。ハン・ソロはスター・キラー基地でカイロ・レンに会った時彼を「ベン」と呼んでいたので、彼の本名はベンだと考えられます。

カイロ・レンがフォースを扱えるのは母親がレイアだからです。
レイアの父親はアナキン・スカイウォーカーでダース・ベイダーです。
スカイウォーカー家はフォースが強い家系です。

カイロ・レンもその力を授かっていました。
そして祖父であるダース・ベイダーに夢中になり暗黒面へと落ちて行ってしまいました。

ただしまだ彼の心の中には「光」が残っています。
光を感じてしまったことを後悔するシーンもありました。

母レイアは息子に光が残っていることに気がつき、「彼を連れて戻って」とハンに託します。
しかしそれがハンを殺してしまうことになりました。

父を目の前にして揺れ動く息子は、ライトセーバーで父親を突き刺し殺してしまったのです。

レイ


ムービー・マスターピース 『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』 1/6スケールフィギュア レイ(レジスタンス版)(ユニー限定)

カイロ・レン以外にフォースを扱えるのがレイです。
惑星ジャクーで廃品を売りながら生活をしている、レイは家族の帰りを待ていました。

BB8を助けたことでストームトルーパーに追われてしまうことになります。

地図を見たことでレンに連れ去られて、頭の中を覗かれそうになりますが彼女は耐え切ります。

この時レンはレイに強力なフォースを感じました。

スノークに「強力なフォースの持ち主です」と報告していました。

さらにルークのライトセーバーを欲しがっていたレンでしたが、ライトセーバーを手にしたのはレイでした。

フォースが扱え強力なフォースを持っているレイ。
果たして彼女は何者なのでしょうか?

映画のラストではルークにライトセーバーを届けにいきました。
マズ・カナタが保管していたルークのライトセーバー。

ハン・ソロも「なぜここに?」と不思議がっていました。
そしてそのライトセーバーに触れた時、レイは幻覚を見ます。

レイを呼んでいるライトセイバー。
レイとルークの繋がりは、一体何なのでしょうか?

まとめ

新たに始まった3部作とな「スターウォーズ」シリーズの最初となる作品『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』。

この物語もまた今までのシリーズのように親と子供の物語でした。

そしてキーパーソンとなるレイ。

なぜ彼女がフォースを扱えるのか?

それは次回作品以降にわかるはずです。