短編アニメ『Hair Love』娘がお気に入りの髪型で行きたかった場所、そこには愛があふれていた


娘の髪をセットするのに奮闘する父親の姿を描いた短編アニメ『Hair Love』。娘がどうしてもおしゃれをして行きたかった場所。家族の愛が詰まった作品は心温まるラストが待っていました。娘と父そして母。家族の温もりに触れることができる6分間になっています。

『Hair Love』作品情報

タイトル Hair Love
監督
マシュー・A・チェリー/ブルース・W・スミス
公開 2019年8月14日
製作国 アメリカ
時間 6分
アカデミー賞受賞
・短編アニメ映画賞

クラウド・ファウンディン

『Hair Love』という短編アニメ、実はクラウド・ファウンディングによって集められてお金で作られた作品です。

2017年にスタートしたこの企画は、瞬く間に注目されました。
そして目標は75000ドルでしたが、なんと30万ドルを超えるお金が集まったのでした。

出来上がった作品は、アメリカでしか公開されていませんが心温まるストーリーに多くの人が感動しました。

その後、『Hair Love』の絵本も出版されています。


Hair Love: Based on the Oscar nominated short film (English Edition)

2019年5月に発売された絵本もアニメーション同様大人気となりました。

母への愛

待ちに待ったお出かけの日。
お気に入りの髪型にセットしたい女の子ですが、お母さんがいないためうまくいきません。
動画を見ながら奮闘しますが、失敗してしまいました。

お父さんがお母さんの代わりに娘の髪をセットしようとしますが、慣れないお父さんも結局失敗してしまいました。

帽子を被らせようとするお父さんでしたが、娘にはどうしてもお気に入りの髪型にしなくてはいけない理由があったのです。

母親の動画を見ながら娘のために頑張ったお父さん。
無事に娘の髪をセットすることに成功したのでした。

おめかしした父と娘が向かった先、それは母親の入院している病院でした。
お母さんを元気付けるために、娘はどうしてもおしゃれをしていきたかったのです。
そのために髪型は大切だったのです。

母親は治療のために髪の毛が抜けていました。
そんな母親に娘が描いた1枚の絵。
髪の毛がなくても娘にはお母さんはクイーンだったのです。

母への娘の愛情が詰まった『Hair Love』でしたが、そこには父親の家族への愛情も描かれていました。
妻の動画を見て娘のために奮闘する父親。
その姿はまた娘と同様、妻への深い愛がありました。

暖かい愛情の中、エンドロールでは退院して家族3人で暮らす姿が描かれています。

たった6分の中に家族の深い愛情が描かれていて、ぐっとくる作品になっていました。

まとめ

可愛い女の子の母への愛情が、黒人の日常を交えながら楽しく描かれています。

彼女がどうしてもおしゃれしたかった理由がわかったときには、涙がこぼれそうになってしまいました。

幼い女の子ができる最大のプレゼントを母へ送ったのです。
きっと母親はそんな強い愛を感じたからこそ闘病生活を乗り切ることができたはずです。

またそこには娘と同じように妻を愛し、また娘を愛しる父親の愛もありました。

6分間の中にたくさんの愛が詰まっていたのが『Hair Love』でした。