映画『この世界の片隅に』内容と感想 すずさんに出会えたことを忘れない


太平洋戦争の時代に広島で懸命に生き続けたすずさん。彼女の姿を通してこの時代の普通の人々の生活を知る事が出来ました。戦争に突入しても明るく楽しく生きようとしたすずさん。でも戦争はすずさんから全てを奪っていったのです。

『この世界の片隅に』作品情報

タイトル この世界の片隅に
監督 片渕須直
公開 2016年11月16日
製作国 日本
時間 2時間09分

Rotten Tomatoes

『この世界の片隅に』あらすじ


この世界の片隅に [Blu-ray]

18歳のすずさんに、突然縁談がもちあがる。
良いも悪いも決められないまま話は進み、1944(昭和19)年2月、すずさんは呉へとお嫁にやって来る。呉はそのころ日本海軍の一大拠点で、軍港の街として栄え、世界最大の戦艦と謳われた「大和」も呉を母港としていた。
見知らぬ土地で、海軍勤務の文官・北條周作の妻となったすずさんの日々が始まった。

夫の両親は優しく、義姉の径子は厳しく、その娘の晴美はおっとりしてかわいらしい。隣保班の知多さん、刈谷さん、堂本さんも個性的だ。
配給物資がだんだん減っていく中でも、すずさんは工夫を凝らして食卓をにぎわせ、衣服を作り直し、時には好きな絵を描き、毎日のくらしを積み重ねていく。

ある時、道に迷い遊郭に迷い込んだすずさんは、遊女のリンと出会う。
またある時は、重巡洋艦「青葉」の水兵となった小学校の同級生・水原哲が現れ、すずさんも夫の周作も複雑な想いを抱える。

1945(昭和20)年3月。呉は、空を埋め尽くすほどの数の艦載機による空襲にさらされ、すずさんが大切にしていたものが失われていく。それでも毎日は続く。
そして、昭和20年の夏がやってくる――。

(出典:https://konosekai.jp)


すずさんの世界

子供の頃からおっとりしていたすずさん。
すずさんが大好きなのは絵を描くこと。

両親や兄妹と仲良く暮らし、離れた祖母の家にも集まるなど楽しく暮らしてすずさん一家。
いつもすずさんの周りには笑いが耐えません。

しかしそのすずさんから笑顔が奪われていきます。
まずは見知らぬ人との結婚。
すずさんは嫁として嫁いだ先でも、持ち前のおっとりさでみんなと仲良く暮らしていました。
すずさんの嫁いだ周作さんの家族も優しい人ばかりです。
ただし、義理姉の径子さんだけは違ったようです。
すずさんがおっとりしているのでうまく生活しているように見えましたが、すずさんは頭にハゲができていたのでした。

円形脱毛症になってしまったすずさん。
すずさんのあの性格から考えると、かなりすずさんはストレスを抱えていたのかもしれません。
それでも絵を描いたり、姪っ子の晴美ちゃんと遊ぶことですずさんは心を繋ぎ止めていました。

しかしすずさんは心の支えさえ奪われてしまいます。
それが戦争でした。
絵を描けばスパイ容疑をかけられたりしていたすずさんは絵を描くことを次第にしなくなります。

さらに戦争によって右腕を失い絵を描くことさえできなくなってしまいました。
また姪っ子の晴美ちゃんも失ってしまうことになってしまったのです。

すずさんがおっとりとしている分だけ、すずさんから色んなものを奪っていってしまう状況が痛く辛いです。
そしてまた普通にいきていたすずさん達も、懸命に戦っていたんだと思わされる瞬間がより心にしみてしまいました。

戦争時代に普通にいきた人々

多くの戦争映画がありますが、これだけ笑いながら見ることのできる戦争映画は他にはないかもしれません。
それだけ私たちはすずさんに笑顔をたくさんもらえます。
そしてすずさんに癒されます。

それでも月日は流れ、時代は戦争に突入しあの8月を迎えようとしています。
私たちはこの日何が起こったのかそしてこの先どうなったのかを知っていますが、この時代に普通にいきていたすずさん達は何も知りません。

だからこそすずさんの優しさが、とても辛く見えてしまいます。
そしてまた6日に広島に向かおうとしているすずさんに「ダメ」と心で叫んでしまいます。

6日だけでなく、映画の中には戦艦大和も登場します。
この先のこ大和がどうなるかも私たちは知っています。
何も知らないすずさんは「2700人も乗ってるなんてすごい」といいますが、その命は奪われてしまうことになるのです。
生き延びたすずさんの妹すみさんの腕のあざも、この先の運命を感じてしまいます。

この時代に笑顔で暮らしていた人たちの生活を描くことで、映像の向こうに見える事実に私たちは心を痛めてしまうのです。

そして敗戦が決まった時あんなにおっとりしていたすずさんを泣かせ、「何も考えないボーとしたままの自分で死にたかった」と思わせてしまった戦争のひどさを感じてしまいました。

食料がなくても楽しく工夫していたすずさん。
家族にたくさんの笑顔をもたらせてくれたすずさん。

これがきっとこの時代に普通に暮らしていた人々の日常なのです。

何もかも奪われてしまったすずさんですが、周作さんとともに生きる場所を見つけました。
周作さんとともに生きることを選びました。

だからすずさんは、周作さんとあの子供と一緒にこの世界の片隅ですずさんらしく生きっていったのでしょう。
そしてまたすずさんの周りは笑顔に包まれたはずです。

感想

すずさんを通して、この時代に生きていた人々の生活を体験することができるのが『この世界の片隅に』です。

国は戦争に突入していっても、すずさん達には日々の暮らしがあります。
あの時代どうやってみんな暮らしていたのか、そんな疑問はこの映画をみれば解決できます。

毎晩のようになる空襲警報で寝不足になったり、食糧不足の実態。
闇市場の実態など、どれもリアルに描かれています。

それは片渕須直監督が当時の資料を徹底的に調べそこからこの作品を作ったからです。
映画の中で日付が登場しますが、その日付と天気も当時時の記録のままだそうです。
そしてその時にどんな爆弾が落とされたのか、どんな爆撃機が飛んできたのか、全て真実なのです。
港に止まっていた戦艦も全て当時の資料をもとに描かれています。

全てが真実のままに描かれた世界だからこそ、私たちはすずさんの生活をリアルに感じ、また未来を知っているから余計に心が痛くなってしまうのだと思いました。

日本人としてこの先もずっと残していかなければいけない映画だと改めて感じています。

この映画ですずさんに出会えてことを絶対に忘れません。
すずさんに会えてよかったなと思う映画が『この世界の片隅に』です。