映画『テイラー・オブ・パナマ』ネタバレ内容と解説、 仕立屋が仕立てたのはスーツだけではなかった


MI6の諜報員アンドリュー演じたのはピアース・ブロスナン。彼の演じた『007』を匂わせるなどユーモアを随所に盛り込んだ作品ですが、映画自体は後半驚きの展開を見せる物語になっています。仕立屋が仕立てたのはスーツだけではなかったのです。

『テイラー・オブ・パナマ』作品情報

タイトル テイラー・オブ・パナマ(The Tailor of Panama)
監督 ジョン・ブアマン
公開 2001年6月30日
製作国 アメリカ
時間 1時間49分

Rotten Tomatoes

『テイラー・オブ・パナマ』あらすじ


テイラー・オブ・パナマ [Blu-ray]

日ごろの悪行がたたってパナマに飛ばされてしまった英国諜報員アンディ。

彼の役目は、1999年12月31日をもってアメリカから運河の所有権を返還されたこの国の政情を探ること。

アンディが情報源として目を付けたのは政府要人御用達の腕のいい仕立屋ハリー。

さっそく、ハリーの弱みをちらつかせて彼をスパイ工作に巻き込むのだったが……。

ひとつの情報が国家を揺るがす一大危機へと発展するさまをブラックなユーモアとアイロニーを交えて描いたスパイ・ムービー。

(出典:http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=234450)


ピアース・ブロスナンに騙される

出典:IMDb

MI6の諜報員アンドリューを演じたのはピアース・ブロスナン
全てはここから始まります。
彼がMI6の諜報員といえば、『007』を思い出してしまいます。
それによって多くの観客は彼をヒーロー的な諜報員だと思ってしまいます。
パナマの危機を救ってくれる諜報員。

彼が『007』シリーズで演じたジェームズ・ボンドのように女好きという設定も、アンドリューと似ています。
さらに仕仕立屋のハリーは以前サヴィル・ロウで働いていたということを言います。
サヴィル・ロウとは初代ジェームズ・ボンドが着ていたスーツです。
ハリーの台詞の中に「ショーン・コネリー」というセリフも出てきて、『007』を連想させるようになっています。

しかし話が進むにつれてアンドリューがだんだん善人には見えなくなってきます。
そして実は彼が全て仕組んだことなんどを分かって行くのです。

この映画は主人公をピアース・ブロスナンにしたことで、観客はまんまと騙されてしまう設定になっていたのでした

仕立屋に騙される

出典:IMDb

観客が騙されるのはピアース・ブロスナンだけではありません。
仕立屋のハリーにも騙されていたのです。

アンドリューに脅されてアンドリューに情報屋となったハリー。
ハリーのもたらすパナマ運河の情報によって、諜報員のアンドリューがパナマを救うと思って見ていると物語は全く違う方向に進みます。

そもそもアンドリューは悪党でしたし、さらに仕立屋ハリー情報はハリーに嘘だったのです。
彼はスーツだけでなく、物語を仕立てていたのでした。
アンドリューはもちろんハリーの嘘に気がついていましたが、ハリーの嘘に付き合いお金を得ようとするのでした。

しかもアンドリューは最後お金を持って逃げることに成功します。
捕まるかと思っていたこのラストにも驚きでした。

監督は実は最初はアンドリューはハリーによって撃たれる設定にしていました。
しかしハリーは人を撃てる人物ではないということから、その流れをボツにします。
そしてアンドリューは逃げ切るラストになったのです。

実際の世の中でもお金を持って逃げ切れている悪党はたくさんいる」と監督は言っていました。

『テイラー・オブ・パナマ』は何度も驚きの展開が待っていて、観客が何度も裏切られるのです。

パナマ情勢

Copyright © Ministry of Foreign Affairs of Japan

『テイラー・オブ・パナマ』を見るに当たってパナマ情勢を知っておくと、この映画の理解度が変わってきます。

映画の中のセリフで何度も登場するノリエガ。
この人物はパナマ共和国の独裁者として知られる人物です。

映画の中でも説明されていますが、アメリカのジョージ・ブッシュ元大統領がCIA長官時代に、ノリエガとの関係を深めます。
その結果パナマはアメリカへの麻薬ルートとなってしまったのです。

しかしブッシュが大統領になると、パナマ攻め込みます。
これがパナマ侵攻です。
「パナマの民主主義と麻薬を撲滅する」という名目でブッシュはパナマに攻め入り、ノリエガは逮捕されたのでした。

もう1つ映画の中で重要なのが「パナマ運河」です。
大西洋と太平洋を結ぶこの運河はアメリカが建設しました。

元々1903年のパナマ運河条約によってパナマ運河はアメリカ側の管理下にありましたが、1977年に新パナマ運河条約が結ばれます。
この条約によって20年間は両国で運河の管理が行われ、1999年にパナマ共和国に変換されたのでした。

それを踏まえての映画が『テイラー・オブ・パナマ』です。
パナマに変換されたばかりの2001年に公開されたこの映画では、パナマ運河の情勢をアメリカがイギリスが監視しているのです。

 

歴史的背景がわかるとより詳しく理解できる映画が『テイラー・オブ・パナマ』です。
そしてその上で、アンドリューやハリーに私達はまんまと騙せれてしまうのでした。