ドラマ『大草原の小さな家』シーズン1第6話「ローラの初恋」あらすじと感想


ローラの通う学校に転校生がやってきます。15歳の少年ジョニー・ジョンソンです。彼を初めて見た時から彼に惹かれるローラ。ローラにとっては初恋でした。ジョニーと仲良くしたいローラでしたが、彼はメアリーが気になるようです。

シーズン1第6話「ローラの初恋」


大草原の小さな家 シーズン1 [DVD]

学校にやってきたジョニーという少年にひとめぼれしたローラは、あの手この手で彼の気をひこうとする。

父さんと母さんのなれそめがピクニックだったと聞いて、ジョニーをピクニックと魚釣りに誘う。

だが、肝心のジョニーはメアリーに興味があるようで…。

(出典:https://www9.nhk.or.jp/kaigai/daisougen/epi/episode.html?season1&epi6)


ジョニーに夢中のローラ

女の子とは遊ばずに男の一緒に走り回って遊ぶローラ。
足も速く男の子たちと同等に遊んでいたローラでしたが、ある日恋に落ちます。

相手は転校生のジョニー・ジョンソン。
初めて会った時から彼に惹かれてしまいます。
「彼は学校一のハンサム」だとメアリーにいうほど、ジェニーのことが気になって仕方ありません。

ローラがジョニーに夢中なことは学校の先生もすぐに分かります。
授業中に彼の方ばかり見たり、ボーッとしたり、勉強が手につかなくなるくらいでした。

それくらい明らかにローラがジョニーのことに夢中なことは一目瞭然なのですが、ジョニーは全く気が付いていません。
ジョニーはローラとすぐに仲良くなりますが、ジョニーにとってローラはあくまで友達です。
なぜならジョニーが気になっていたのはローラの姉メアリーだったのです

姉妹を巻き込む三角関係

ローラ→ジョニー
ジョニー→メアリー
メアリー→×

そんな三角関係の図式が出来上がってしまったインガルス姉妹。
メアリーは全くジョニーに興味がありません。
今のメアリーが興味があること、それは勉強でした。
しかし勉強が大好きで優秀なメアリーにますますジョニーは惹かれていくのです。

両親にそれぞれの出会いを聞くローラ。
なんとかジョニーの気をひくためにピクニックに誘ったり、おめかししたりして頑張ります。
お洒落な洋服を着るためにわざと小川に落ちて、今着ている洋服を濡らしてしまうほどでした。

一生懸命頑張るローラですが、ジョニーは振り向いてくれません。
一方でジョニーに気のないメアリーはジョニーの悪口をいうほどです。
それを聞いたローラは怒ってしまいます。
ついにはジョニーを巡って姉妹の仲も悪くなってしまいます。
といっても一方的にローラがメアリーに嫉妬しているだけですが、ローラにとっては姉のメアリーが羨ましくもあり憎くもあったのです。

両親もそんなローラを見て少し心配になります。
でも初恋は誰もが通る道。
そして失恋も一度は経験するものです。
両親は温かい目でローラを見守っていたのでした。

初恋と失恋

ジョニーに気を引くために、両親にアドバイスをもらったり努力するローラ。
しかしジョニーはキューピットの木に自分の名前とメアリーの名前を彫りハートで囲みます。

それを見てしまったローラ。
ショックで悲しくなってしまいます。
今までジョニーがメアリーの方を見ていると分かっていても、ジョニーの口から聞いた言葉ではありませんでした。

しかしジョニーが木に名前を掘ったことで、ジョニーが好きなのは自分ではなくメアリーだと明確になってしまいました。

恋をするのも初めてであれば、失恋するのも初めてのローラ。
自分の気持ちをどう対処していいのかわからず、メアリーに当たってしまいます。
メアリーはメアリーで勝手にジョニーに名前を彫られていい迷惑でした。

そんな姉が許せないローラ。
家を出ていってしまったローラを、父が慰めます。
自分とキャロラインの出会いを話し、ローラを勇気付けたのでした。

 

失恋して初めて心の痛さを感じたローラですが、きっとこれもいつかは笑い話になるでしょう。
ジョニーが好きなのがメアリーだったこともローラにはショックだったはずです。

それでも父や母の愛を知っているローラはきっとこの悲しみを乗り越えるはずです。
幼い子供だと思っていても恋をすると女性は、大人になります。
彼の前で綺麗に見せようとするローラはとても微笑ましかったです。

スポンサーリンク