映画『トゥルーマン・ショー』あらすじと感想 恐怖心vs冒険心


生まれた時から全世界でライブ放送されているトゥルーマン。世界一有名なことを本人は知りません。外の世界へ出ないように操られた男が自分の中の探究心と恐怖心との間で悩み続けるのです。

『トゥルーマン・ショー』作品情報

タイトル トゥルーマン・ショー(The Truman Show)
監督 ピーター・ウィアー
公開 1998年11月14日
製作国 アメリカ
時間 1時間43分

Rotten Tomatoes

『トゥルーマン・ショー』あらすじ


トゥルーマン・ショー [Blu-ray]

典型的なアメリカ市民・トゥルーマン。

だが彼の暮らす環境は、どことなく不自然だ。

それもそのはず、実は彼の人生は、隠しカメラによってTV番組「トゥルーマン・ショー」として世界中に放送されていたのだ!

家族や友人を含めたこれまでの人生が全てフィクションだったと知った彼は、現実の世界への脱出を決意する…

(出典:http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=84338)

 

世界一の有名人 トゥルーマン

出典:IMDb

生まれた時から全世界で自分のことがライブ放送されているトゥルーマン。
彼の誕生を17億人が見て、彼は初めて歩いた時は220カ国で放送されました。
全世界で有名なのが、トゥルーマンなのです。
彼の顔を知らなう人は世界中いないくらい有名です。

もちろんトゥルーマン自身はそのことを知らずに30歳まで育ちますが、だんだん自分の周りがおかしなことに気が付き始めました。

彼の人生を全世界で放送することを決めた時から、彼は大きな島の中に閉じ込められていました。
外に出ることのないように、幼い頃から外へ興味を持たないように教育されトラウマさえ植え付けられてしまいます。
その1番が父親を海で亡くすということでした。
その作戦は成功し、彼は水が怖くて海に囲まれたこの島から出ることができなかったのでした。

それでも恋した女性のためにフィジーを目指そうとしますが、何としても彼のフィジー行きを阻止しようと周囲は動くのです。

子供への執着

出典:IMDb

「トゥルーマンショー」のプロデユーサーのクリストフは、生まれた時から30年間トゥルーマンの全てを見続けてきました。
そしてそのうち彼のことを自分の子供、自分の所有物と思うようになってしまったのです。

何としても自分の思うように彼を操りたいクリストフは、彼を自分の作り出した世界で生きさせようとします。
「外よりもこの島にいる方が安全だ」そうトゥルーマンに思い込ませたのでした。

トゥルーマンに恐怖心を植え付け、島での生活しか考えないようにします。
しかし大人になるにつれてトゥルーマンは、外へ興味を持つようになったのです。
自分の知らないところへ行ってみたいと思うようになっていたのでした。

子供に執着する父親のようになったクリストフ。
彼はどんな手を使ってでも、彼をコントロールしようとしてしまうのです。

恐怖心vs冒険心

出典:IMDb

自分の前に障害があればあるほどますます外へ出たいと思うようになったトゥルーマン。
いつしか自分の恐怖心と戦い、それを超えていたのです。

あれだけ怖かった水なのに、外へ出るために船に乗って海を渡ろうとしていたのです。
クリストフが嵐や雷を起こしても、絶対に負けないトゥルーマン。
もう彼はクリストフが操っていたトゥルーマンではなっかのです。

何度も負けそうになりながらも自分自身と戦ったトゥルーマン。
息子は父親を超え、父親に勝ち外へ飛び出して行ったのでした。

世界中が彼の成長を見守ってきましたが、彼が外へ飛び出した時はみんな喜びます。
これで「トゥルーマンショー」は終わってしまうのに、みんな御構い無しです。
それは他にも番組があるからです。

クリストフにとっては自分の人生でもあったのですが、視聴者にとっては1つの番組でしかなかったのです。
トゥルーマンが外へ出た後、すぐにチャンネルを変えた視聴者。
その姿がとても皮肉に見えました。

狭い世界にいるか外へ出て冒険するかそれは人それぞれです。
どちらが正解かは誰にも分かりません。
トゥルーマンは、人に決められた人生ではなく、自分自身の足で歩き自分で作る人生を選んだのでした。

まとめ

全世界が見ている自分の人生。

途中でわざとらしいCMが入るなど面白いシーンもありましたが、後半はとても深い物語になっていました。

人生は自分次第。

内にこもるか外に出るか、それは自分で選べるのです。

知らない世界に行くのは怖いしきついこともありますが、だからこそ喜びや幸せも大きいのかもしれません。

トゥルーマンは外へ出て冒険することを選んだのです。

これからがトゥルーマンの本当の人生が始まりです。

 

スポンサーリンク