映画『魂のゆくえ』あらすじとネタバレ 唖然とするラストシーンは愛に満ちていた


イーサン・ホーク主演の映画『魂のゆくえ』。『タクシードライバー』の脚本家のポール・シュレイダーが監督を務めた作品です。彼の作風からバイオレンスに満ちたシーンを想像していましたが、最後はとても愛に満ちた終わり方になっていました。

 

『魂のゆくえ』作品情報

タイトル 魂のゆくえ(First Reformed)
監督 ポール・シュレイダー
公開 2019年4月12日
製作国 アメリカ
時間 1時間53分

Rotten Tomatoes

『魂のゆくえ』あらすじ

ニューヨーク州北部の小さな教会「ファースト・リフォームド」。

牧師のトラーは信徒のメアリーから相談を受ける。

彼女の夫が地球の環境問題を思い悩むあまり、出産に反対しているというのだ。

夫の説得を試みるトラーだったが、逆に教会が汚染企業から間接的に献金を受けている事実を知ってしまう。

悩めるトラーは、やがてある決意をする。彼の聖なる願いと魂の行き着く先は…。

(出典:http://www.transformer.co.jp/m/tamashii_film/about.php)

腐敗した教会の事実

小さな教会の牧師トラー。
彼は教会に来ていた妊婦のメアリーから夫マイケルを説得して欲しいと相談されます。

マイケルは環境問題の活動を行なっていて、汚染された現代に子供を産みたくないと考えていたのです。
メアリーに頼まれてマイケルを説得する牧師トラー。
精神的にうつ状態に陥っていたマイケルはトラーの説得も聞かずに、自ら命を絶ってしまいました。

牧師としてマイケルを救えなかったトラー。
その罪悪感に苛まれながらも、未亡人となってしまったメアリーを助けようとします。

マイケルの荷物の整理をするうちに、マイケルが活動していた環境問題について知ることになります。
環境汚染をしている企業が、自分のいる教会に寄付していたことも知ってしまいます。

「本当にこれでいいのか?」悩み続けトラー。
大きな教会の牧師に訴えますが、話を聞いてもらえません。

息子を戦争で失い妻に出て行かれた孤独のトラー。
孤独の中で自分の体も病んでしまっていました。
死を近くに感じた時、トラーはある一大決心をするのでした。

牧師としての生き方。
彼は「病めるものを救おう」としたのでした。
トラーの考えた病めるものとは地球です。

自らの命を投げ出してでも地球を救うために、環境汚染をしている企業や腐敗している教会を壊そうとしたのでした。

唖然とするしかなかったラストの意味

マイケルの持っていた自爆ベストを着て、250周年記念で集まった人達ごと教会を爆破しようと考えたトラー。

今自分にできる地球を救えることはこれしかないと決断したのです。

『魂のゆくえ』の監督は『タクシードライバー』の脚本を手がけた 監督ポール・シュレイダーです。
『タクシードライバー』のラストシーンから想像すると「教会が爆破されて終わる」、そんなラストを予想していた人も多いかもしれません。

ベストを着て覚悟を決めたとラー牧師の表情を見ていると、その緊張感が伝わってきました。しかし予想は裏切られ驚くラストが待っていました。

驚き唖然とした人も多かったラストシーン。

トラー牧師は式典の始まりを待つ教会に向かおうとしますが、そこにメアリーがきていることを見てしまいます。
メアリーには「来るな」と言っていたのですが、メアリーは教会にやってきたのです。

それを見て爆破することをやめたトラー牧師。
自分の体を鉄格子で傷つけ、自らを痛みつけます。
行き場のない怒りを自分の体を痛めつけることで抑えると同時に、神に仕えるものとしてキリストと同じような苦痛を味わおうとしていました。

そして怒りから絶望へ変わったトラーの気持ちは、洗剤を飲み命を終わらせようとします。
その時、現れたのがメアリーでした。
名前を呼ばれメアリーの方を振り向いたトラー。

一目散に彼女の方に変えよりキスをしたのでした。
メアリーもその気持ちにこたえます。

今まであまり動きのなかったカメラが、二人の周りをぐるぐる周りそのまま映画は終わりました。

孤独に生きてきたトラー牧師を、メアリーの愛が救ったのです。
『タクシードライバー』の暴力的なラストとは違い、『魂のゆくえ』のラストは愛で終わったのです。

メアリーはマイケルと同じく環境問題の活動をしていましたが、彼女はマイケルのように絶望的ではなく地球に希望を感じていました。
未来を信じていました。

そのメアリーによってトラーの絶望感は解放され、愛へ向かっていったのでした。

まとめ

スクリーンのサイズや撮影方法などポール・シュレイダー監督がこだわり向いた作品『魂のゆくえ』。

アメリカの今の教会にメスを入れた内容にもなっています。

何かと戦い何かを救うためには強い信念が必要ですが、それは暴力的な行為ではなく愛であるというメッセージも込められていました。

1人で絶望を感じ続けるのではなく愛があれば救われる、そんなことを伝えているようにも感じました。

 

スポンサーリンク