映画『デイズ・オブ・サンダー』あらすじとネタバレ トム・クルーズのカーレース青春映画


『トップガン』のトニー・スコット監督とトム・クルーズがタッグを組んだ『デイズ・オブ・サンダー』。空から地上に置き換えた青春映画となっていました。ニコール・キッドマンの出演している作品です。

『デイズ・オブ・サンダー』作品情報

タイトル デイズ・オブ・サンダー(Days of Thunder)
監督 トニー・スコット
公開 1990年6月29日
製作国 アメリカ
時間 1時間47分

Rotten Tomatoes

『デイズ・オブ・サンダー』あらすじ


デイズ・オブ・サンダー [Blu-ray]

天性の才能を持つ青年コールはレースカーのビルダーとして名を博したハリーの教えを受け、そのドライブテクニックを磨いていく。

悪童ぶりも徐々にエスカレートする一方、クラッシュ事故に巻き込まれてしまうコール。

やがて彼は女医クレアとの出会い、そしてライバルとの争いを経て、デイトナ・レース挑戦の決意を固める……。

(出典:https://eiga.com/movie/20605/)

トム・クルーズの青春映画

出典:IMDb

トム・クルーズが原案にも参加した『デイズ・オブ・サンダー』
若いトム・クルーズを前面に押し出す青春映画となっています。

『トップガン』で大ヒットしたトニー・スコットXトム・クルーズのタッグ。
『トップガン』では空の物語でしたが、『デイズ・オブ・サンダー』では地上のカーレースの物語になっています。

『トップガン』以降のトム・クルーズの1980年代後半の作品は、才能ある青年が挫折を味わいながら成功していくという物語多く、この『デイズ・オブ・サンダー』も同じような展開になっています。

トム・クルーズがスタートして駆け上がっていった時期の作品でもあるので、全面的にトムのかっこよさを物語に組み込んだ作品となっています。

彼のファン以外の人にとっては「またか」という感想を持った人もいましたが、興行的には大ヒットしています。

物語の展開は分かっているけど、期待を裏切らないという安心感もあるのかもしれません。

アイドル的な人気を誇った時代のトム・クルーズを堪能できる作品です。

無名時代のニコール・キッドマン

出典:IMDb

『デイズ・オブ・サンダー』にはまだ無名時代のニコール・キッドマンが登場しています。
オーストラリアの女優であった彼女をトム・クルーズが見つけ出しこの作品に出演させました。

のちに結婚することになる2人ですが、最初の共演作品となります。

事故にあい恐怖から抜け出せなくなっているトム演じる主人公のコール。
コールの主治医であるニーコール・キッドマン演じる女医のクレア。

ニコールを励まし支え彼の復活に大きな助けとなったのがクレアでした。

ニコール・キッドマンもトム・クルーズも若いですが、美男美女カップルを演じています。
この後も2本共演する二人ですが、現在では離婚しています。

今では見れないまだ初々しい二人の姿を守ることができます。

まとめ

青春映画の『デイズ・オブ・サンダー』。

カーレースドライバーが事故から立ち直れないのを、師匠・ライバル・恋人が支え立ち直っていく姿を描いたドラマです。

アイドルだったトム・クルーズの作品でもあり、物語の展開は読めてしまう作品ではありましたがヒットした映画です。

カーレースの映像はスピード感あふれ迫力あるシーンとなっていますので、車が好きな人は楽しめる作品です。