映画『ホビット 決戦のゆくえ』あらすじとネタバレ ついに最終章 竜とアゾクとの戦いの結末


『ホビット』シリーズ最終作品『ホビット 決戦のゆくえ』。この作品でビルボの旅は終わります。城から町へ向かった竜との戦い、さらに城を目指すアゾク率いるオーク達との戦いが始まります。ビルボの旅はどんな終わりを迎えるのでしょうか?

『ホビット 決戦のゆくえ』作品情報

タイトル ホビット 決戦のゆくえ(The Hobbit: The Battle of the Five Armies)
監督 ピーター・ジャクソン
公開 2014年12月13日
製作国 アメリカ/ニュージーランド
時間 2時間24分

Rotten Tomatoes

『ホビット 決戦のゆくえ』あらすじ


ホビット 決戦のゆくえ [Blu-ray]

ホビット族のビルボは竜に奪われたドワーフの国と財宝を取り戻すべく冒険の旅に出た。

旅の仲間は13人のドワーフと、魔法使いのガンダルフ。

やがて、森のエルフたちも加勢して、いよいよ竜と対峙する。

火炎を吐く竜の凄まじい襲撃、財宝の奪還によって生じた仲間たちの対立、その裏側に忍び寄るさらに巨大な敵の存在――

ついに明らかにされる冥王サウロンの邪悪な企み!

押し寄せる敵の大群に、破滅の足音が近づいてくる。団結か全滅か。大地を二分する壮絶な戦いの火ぶたが切って落とされる!

(出典:https://warnerbros.co.jp/home_entertainment/detail.php?title_id=4405/)

ビルボとトーリンの友情

出典:IMDb

旅の始まりの頃はトーリンがビルボのことを信用してなく、足手まといだと思っていました。
しかし、ビルボがトーリンを助けてから二人の間は信頼で結ばれます。

トーリンの念願だったエレボールを奪還し黄金をれると、次第に彼は黄金に取り憑かれてしまいます。

竜でまちを焼かれた人間との約束を破り、エルフとの戦いを望みます。
そんなトーリンに自分を取り戻して欲しく、ビルボは冴える頭脳を使います。

ビルボの持っていたアークの石をバルドに渡し、取り引きさせようとします。
それでも戦いを望み、黄金に魅せられたしまったトーリンはビルボでさえ殺そうとしてしまい、仲間も失います。

一度はおかしくなってしまったトーリンでしたが、ビルボや仲間も言葉で「自分は祖父とは違う」と本当の自分を取り戻します。

そしてアゾク達と戦い始めました。
最後はアゾクとの戦いで、自らアゾクに刺されながらもアゾクを倒します。
刺された傷は深く、トーリンは命を落としてしまいます。

最後はビルボに看取られながら、自分の誤ちを誤り真の友情を取り戻し眠りについたのでした。

ホビット庄に戻ったビルボは、「トーリン・オーケンシールドは誰?」と聞かれた時に「彼は友達だった」と答えました。

『ロード・オブ・ザ・リング』への伏線

出典:IMDb

『ロード・オブ・ザ・リング』の前の物語となる『ホビット』3部作。
『ロード・オブ・ザ・リング』の世界までは数十年ありますが、『ホビット 決戦のゆくえ』では『ロード・オブ・ザ・リング』へ続く伏線も語られています。

指輪

『ロード・オブ・ザ・リング』ではキーとなる指輪。
ビルボがゴブリンの洞窟で拾った指輪。
今回の旅でビルボの活躍を助けてくれる指輪でした。

その指輪は今でもビルボの手にあります。
もちろんガンダルフは指輪のことに気がついていて、「魔法の指輪を軽々しく扱うな」と忠告しています。

指輪を持ち続けたビルボ。
その指輪がのちにフロドの運命を大きく変えるのでした。

サウロン

『ロード・オブ・ザ・リング』で指輪の力を得て世界を支配しようとするサウロン。
『ホビット 決戦のゆくえ』でも登場しました。

ガンダルフが捕まったドル・グルドゥアの丘。
この場所に潜んでいたのがサウロンでした。

闇で世界を支配しようとしますが、ガラドリエルの力で抑えられます。
しかし彼は東に逃げて行ったのです。

それを追いかけたのがサルマン。
彼は「私に任せなさい」と言いますが、『ロード・オブ・ザ・リング』では大変なことになってしまってました。

アラソルンの息子

闇の森に戻らないと言ったレゴラス。
彼は父親から「北へ行け」と言われます。

そして「アラソルンの息子を探せ」と言います。
「彼は偉大な長となろう」と付け加えます。

そのアラソルンの息子、のちの偉大な長となる男が『ロード・オブ・ザ・リング』に登場するアラゴルンなのです。

レゴラスは北へアラゴルンを探しに向かいました。

まとめ

3部作の最終章『ホビット 決戦のゆくえ』。

友情と愛情のために戦った物語でした。

友のために愛する人のために家族のためにオークと戦った勇者達。

彼らは多くの犠牲を払いながら大切なものに気がつきました。

そしてここから『ロード・オブ・ザ・リング』の物語が始まるのです。

 

スポンサーリンク