映画『ホビット 竜に奪われた王国』あらすじとネタバレ ついに目覚めた竜との戦いが始まる


『ホビット』3部作の2作目に当たる『ホビット 竜に奪われた王国』。ついに目覚めた竜との戦いが始まります。ビルボは指輪を使いながら何度もドワーフたちを救い出しますが、目覚めた竜との壮絶な戦いが待っていました。

『ホビット 竜に奪われた王国』作品情報

タイトル ホビット 竜に奪われた王国(The Hobbit: The Desolation of Smaug)
監督 ピーター・ジャクソン
公開 2014年2月28日
製作国 アメリカ/ニュージーランド
時間 2時間41分

Rotten Tomatoes

『ホビット 竜に奪われた王国』あらすじ


ホビット 竜に奪われた王国 [WB COLLECTION][AmazonDVDコレクション] [DVD]

小さくて臆病なホビット族のビルボ・バギンズ。ある日ひょんなことから、勇敢なるドワーフの一行と共に、彼らの王国を取り戻すため危険な旅に乗り出すことになる。

王国を奪ったのは、一頭の竜。

行く手にあるものはすべて炎を吹きかけて破壊する、恐るべきスマウグだ。

さらに、ビルボたちの旅を阻むものたちが次々と現れる。

森でどう猛で巨大なクモの群れと戦い、エルフの牢獄に閉じ込められ、激流を下りながらオークと死闘を繰り広げ、たどり着いた湖の町では人間たちに捕まってしまう。

そして、彼方にそびえるはなれ山に待つ最強の敵、スマウグ

――果たして彼らは竜のもとにたどり着き、王国を取り戻すことが出来るのか――?

(出典:https://warnerbros.co.jp/home_entertainment/detail.php?title_id=4061/)

ついに目覚めたスマウグ

はなれ山にたどり着いたドワーフ達とビルボ。
ビルボはトーリンに頼まれはなれ山の地下にある「アーケンの石」を持ってくるように頼まれます。

1人で地下に降りていったビルボでしたが、そこで眠っていた竜スマウグを起こしてしまったのでした。

スマウグを演じているのはベネディクト・カンバーバッチ
ビルボを演じているのは マーティン・フリーマンなので、『シャーロック』のホームズとワトソンが対面したことになります。

もちろんスマウグはCGなので実際に顔を合わせた訳ではありません。

ベネディクト・カンバーバッチははモーションキャプチャーでスマウグを演じています。
彼がスマウグを演じた様子がこちらで観ることが可能です。

ベネディクト・カンバーバッチの熱演が伝わってくる映像です。

大活躍のビルボ

出典:IMDb

『ホビット 竜に奪われた王国』で大活躍だったのがホビットのビルボ。
前作の弱々しかったビルボは嘘のようです。

ビルボの成長をガンダルフも喜んでいましたが、ガンダルフは気がついているようです。
ビルボの変化は指輪のおかげだと。

指輪を使い蜘蛛の糸に絡まったドワーフを助け、エルフに捕まった彼らも助けます。
さらに彼らのためにアーケンの石を取りに行くほどの活躍を見せます。

もちろん指輪を持ったことが大きいのですが、ビルボ自身彼らのために戦おうとしているのを感じ取ることができます。

ビルボの中に眠っていた勇気が目覚めてきたのは事実です。

人間のいる町に向かってしまったスマウグ。
自分たちのせいだとビルボは思っています。

きっと彼の活躍が最終章でも観ることができるはずです。

まとめ

ついに竜スマウグが目覚め町に向かってしまいました。

さらにガンダルフも捕まり、闇の力が動き出しています。

きっと最後はドワーフ、人間、エルフ、ホビット、魔法使いが協力して闇の力と戦うはずです。

そしてこの物語がどう『ロード・オブ・ザ・リング』に繋がっていくのか楽しみです。

 

スポンサーリンク