映画『グリーンブック』あらすじとネタバレ 実話に基づく友情の証の物語


アカデミー賞作品賞を受賞した『グリーンブック』。実話をもとにした白人の用心棒と黒人のピアニストの物語。二人の友情は旅が終わっても続くかけがえのないものでした。『グリーンブック』は二人が生涯大切な友人になるまでのロードムービーです。

『グリーンブック』作品情報

タイトル グリーンブック(Green Book)
監督 ピーター・ファレリー
公開 2019年3月1日
製作国 アメリカ
時間 2時間10分

Rotten Tomatoes

『グリーンブック』あらすじ

時は1962年、ニューヨークの一流ナイトクラブ、コパカバーナで用心棒を務めるトニー・リップは、ガサツで無学だが、腕っぷしとハッタリで家族や周囲に頼りにされていた。

ある日、トニーは、黒人ピアニストの運転手としてスカウトされる。

彼の名前はドクター・シャーリー、カーネギーホールを住処とし、ホワイトハウスでも演奏したほどの天才は、なぜか差別の色濃い南部での演奏ツアーを目論んでいた。

二人は、〈黒人用旅行ガイド=グリーンブック〉を頼りに、出発するのだが─

(出典:https://gaga.ne.jp/greenbook/about.html)

グリーンブックとは?

© GAGA Corporation. All Rights Reserved.

天才ピアニストドクター・ドナルド・シャーリーが南部のツアーに出たのは1962年です。

南北戦争で奴隷解放が行われてから100年経つのに、南部ではまだ黒人差別が残っていました。
ホテル・レストラン・トイレまで白人と非白人は分けられていました。

そんな時代に南部へ旅行に出かける黒人が必ず携帯していたのが「グリーンブックでした。
グリーンブックには、黒人が利用できるホテルやレストランなどが紹介されています。

グリーンブックに載っていないお店に行くと、黒人は入店拒否されたり暴力を受けることが度々ありました。

それを避けるために当時の黒人にとっては必需品だったのが、グリーンブックです。

シャーリーに雇われた用心棒のトニーもグリーンブックを持って出かけます。

グリーンブックに掲載されているホテルを見て、さすがのトニーも驚いてしまうほどでした。
それでもシャーリーは文句を言わずに、それを受け入れていました。

正反対のトニーとシャーリーのロードムービー

イタリア系アメリカ人のトニーはその腕っ節から用心棒としてシャーリーに雇われます。
しかし彼自身黒人を差別しています。
それでもお金のために仕事を引き受けたトニー。
がさつでだらしないトニーでしたが、心は優しく人情味のある男でした。

天才ピアニストのシャーリー。
幼い頃から英才教育を受け、今ではカーネギーホールの上に住むくらいのお金持ちでもあります。
黒人でありながら当時の黒人らしくない生活を送ってきたシャーリー。
トニーを雇い南部のツアーへ出かけました。

全く性格の違うトニーとシャーリー。
打ち解け合うことのない二人ですが、トニーは構わずどんどんシャーリーの生活に入り込んできます。
最初はそんなトニーに心を閉ざしていたハーリーですが、いつしかトニーに興味を持ち始め、彼の心の暖かさに気がつき始めたのでした。

黒人だけど黒人らしくないシャーリー。
自分の置かれた状況や家族との孤立。
さらには自分のセクシャルマイノリティもあり他人を遠ざけ孤独に生きます。

そんなシャーリーの孤独に土足で踏み込むのがトニーです。
でもそれは彼の優しやゆえの行動でした。

旅を通して黒人の置かれている状況を始めて知ったトニー。
旅を通して人の暖かさを初めて知ったシャーリー。

いつしか二人の間にはかけがえのない友情が生まれていたのでした。
そしてその友情は旅が終わっても続いたのです。

まとめ

黒人差別を描いた映画『グリーンブック』。

重いテーマを明るく楽しく描いています。

しかしその分より深く考えさせられるテーマとなっていました。

偏見が友情へ変わった心温まる映画は、見終わった後に大切なものに気付かされるでしょう。