映画『ランボー』あらすじとネタバレ PTSDに悩むベトナム帰還兵


ランボーシリーズの第1作目『ランボー」。PTSDに悩むベトナム帰還兵の姿を描いた物語は、アメリカが語りたがらないベトナム戦争について触れた物語です。シルヴェスター・スタローンが不動の地位を確立した作品でもあります。

『ランボー』作品情報

タイトル ランボー(First Blood)
監督 テッド・コッチェフ
公開 1982年12月18日
製作国 アメリカ
時間 1時間33分

Rotten Tomatoes

『ランボー』あらすじ


ランボー [Blu-ray]

戦友を訪ねてアメリカ北西部の小さな町にやって来たベトナム帰還兵ランボーは、言われのない保安官の嫌がらせに怒りを爆発させる。

山中に立てこもったランボー逮捕のため、ついに州兵までが出動する…。

ベトナム帰還兵のランボーは兵士仲間の友人を訪ねますが、友人はすでに亡くなっていました。
悲しみにくれながら街を歩いていると、突然保安官に声をかけられ街から追い出されてしまいます。

ランボーが街に戻ろうとすると、保安官はランボーを逮捕しました。
警察署での保安官たちの言動を見て、ベトナムでの悲惨な体験を思い出すランボー。

彼らの行動に怒りを感じたランボーは、ついに怒りを爆発させ警察署から逃げ出したのでした。

ランボーの原作


一人だけの軍隊 ランボー (ハヤカワ文庫)

大ヒットアクション映画『ランボー』には原作があります。
ディヴィッド・マレルの書いた『一人だけの軍隊』が映画『ランボー』の元になっています。

アイオワ大学で教壇に立っていたディヴィッド・マレルはベトナム帰りの学生の中に、教師のディヴィッド・マレルを受け入れない者がいました。

彼らは「国のために戦った自分たちに命令するな」という気持ちを持っていまいした。

そんな彼らと話をしたディヴィッド・マレルは、彼らが悪夢に悩まされよるも眠れない毎日を過ごしていることを知ります。

彼らの多くはPTSDをかかえていました。

ディヴィッド・マレルはそんな彼らを元にして小説「一人だけの軍隊」を執筆したのでした。

PTSDを抱えたランボー

出典:IMDb

ベトナム帰還兵のランボー。
ベトナムでアメリカのために必死で戦ったのに、母国に戻ってきたら彼らは非難されてしまいます。

仕事につくこともできず、完全に居場所を失ってしまいました。
そんなベトナム帰還兵を現実を描いたのが、『ランボー』でした。

ランボーは保安官達からの卑劣な扱いにベトナムでのことを思い出します。
山に逃げ込み、保安官の死体を見たときにベトナムで見た多くの死体を思い出しました。

彼の中では戦争は終わっていないのです。
7年間も毎日悩み苦しみ続けていたのです。

ランボーは「生き方を失った社会の犠牲者」だったのです。

そんなランボーの観客は魅了されました。
ラストでランボーは、心に抑えていたもの全てを泣きながら吐き出します。

そして上官であるトラウトマンに抱きしめられました。
きっとこれをランボーは求めていたのです。

誰かに暖かく愛情を持って接して欲しかったのです。
自分たちだって同じ人間なんだと。

トラウマン上官に抱きしめられ泣きじゃくるランボーは、父親に抱きしめられた子供のようでした。

ランボーを演じたシルヴェスター・スタローン

出典:IMDb

ランボーを演じたのは『ロッキー』で人気俳優となったシルヴェスター・スタローンです。
彼はこの『ランボー』を演じたことで『ロッキー』に続き、当たり役を生み出しました。

『ランボー』でアクションスターとしての不動の地位を手に入れました。

『ランボー』は冬のカナダで撮影が行われました。
寒い森の中での撮影ですが、ランボーはタンクトップ1枚です。
シルヴェスター・スタローンはインタビューで「2度と上着を脱がない」と言っています。
それほど寒い中での撮影でした。

映画の中の75%はシルヴェスター・スタローン本人がスタント無しでアクションシーンを演じています。

崖から飛び降りるシーンは何テイクも撮影したそうで、4テイク目に彼は肋骨を追って脾臓を負傷しました。

まさに命がけの撮影で体を張ってランボーを演じたシルヴェスター・スタローンの体には、日に日にあざができていたと言われています。

まとめ

PTSDに悩む帰還兵を描いた『ランボー』は、観客の心を掴みいつしかみんなランボーを応援していました。

大ヒットシリーズの1作品目となる『ランボー』をみれば、ランボーが誕生した経緯や、彼の心の傷を知ることができます。

そしてそんなランボーをみんな応援してしまうのです。