映画『大統領の陰謀』は実話だった あらすじとネタバレ感想は?


ロバート・レッドフォードとダスティン・ホフマンという2大スターの共演や、「ウォーターゲート事件」という実話を題材にしていることから話題となりヒットした映画『大統領の陰謀』。若き2人の新聞記者がどうやって真実を突き止めたかが分かる映画です。

『大統領の陰謀』作品情報

タイトル 大統領の陰謀(All the President’s Men
監督 アラン・J・パクラ
公開 1976年8月7日
製作国 アメリカ
時間 2時間18分

Rotten Tomatoes

『大統領の陰謀』あらすじ


大統領の陰謀 [WB COLLECTION][AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]

1972年6月、ワシントンD.C.のウォーターゲートビルにある民主党本部に不審な5人組が侵入し、逮捕される。

ワシントン・ポスト紙の新米記者ウッドワードは裁判を取材し、当初は単なる窃盗目的と思われた犯人たちの裏に何か大きな存在をかぎとる。

先輩記者のバーンスタインと組んで事件の調査にあたることになったウッドワードは、情報提供者ディープ・スロートの助言や編集主幹ブラッドリーの後ろ盾を得て徐々に真相に迫るが……。

(出典:https://eiga.com/movie/19063/)

ウォーターゲート事件

出典:IMDb

アメリカ合衆国で任期中の現職大統領が辞任に追い込まれるまでに発展することになるウォーターゲート事件。

1972年、アメリカは大統領選挙の真っ只中でした。
そんな時民主党の本部に不審者が侵入し、5人の男性が逮捕されます。

最初は窃盗だと思われていた事件ですが、彼らの弁護士が大物弁護士だったり犯人の中に元CIA職員がいたことで単なる窃盗事件ではないことが明るみになりました。

実はこの事件は裏で当時の大統領だった共和党のニクソンが関与していたのです。

民主党本部に盗聴器を仕掛けようとしていたのが、ウォーターゲート事件です。

大統領が関与していることをワシントン・ポストの記者が暴くまでを描いたのが『大統領の陰謀』です。
映画の中では彼らがどうやってこの事件を突き止めていったのかにフォーカスを当てて描いているので、ウォーターゲート事件に関与した人たちがどうなったのかまでは描かれていません。

ラストにタイプライターの字で、関与した人物のその後が語られています。

映画の中のセリフにも出てきますが、アメリカ国民のほとんどが忘れかけていたウォーターゲート事件。
それを諦めずに取材し真実を暴いた記者の戦いが、『大統領の陰謀』です。

新聞記者のプライドと意地

出典:IMDb

インターネットの無い時代
新米新聞記者はどうやって、事件の真相を突き止めたのでしょうか?

それは彼らの根拠だけです。

今なら簡単にネットで調べられることも、時間がかかる中一つずつ調べるしかありません。
無駄に終わることがほとんどでも諦めません。

電話帳を何冊も見て住所を見つけたり、名前しかわからない人物が誰なのか過去の記事から調べたり、図書館で膨大な図書カードを漁ったりと、彼らが記事を書くまでに費やした時間と苦労は相当なものがあります。

再選員会の名簿を手にすると一軒一軒訪ねていきます。
何の情報も得られない日々が続いても諦めずに、続けます。
その根気が真実を暴くことに繋がったのです。

そんな彼らの努力を見ていると、新聞記者としてのプライドを感じます。
彼らがそこにかける信念がひしひしと伝わってきます。

映画の中でロバート・レッドフォード演じるボブ・ウッドワードに情報を与えていた男、通称ディープ・スロート。
彼も実在する人物です。

このディープ・スロートについて描かれた映画が2018年に公開された『ザ・シークレットマン』です。


ザ・シークレットマン [Blu-ray]

2つの映画を続けて観ると、複雑な「ウォーターゲート事件」の実態が見えてきます。

まとめ

今現在、圧倒的な権力に負けてしまい真実を伝えることができなくなりつつあるマスコミ。

『大統領の陰謀』では命を狙われながらも、国民に真実を伝えようとして男たちの戦いが描かれています。

自分たちの仕事にプライドを持って望んだ若き新聞記者。

彼らの熱い思いが伝わってくるのと同時に、今のマスコミと比較してしまう映画でもあります。

 

 

 

スポンサーリンク