映画『スターリングラード』あらすじと解説 ソ連の狙撃兵は実在の人物


第二次世界大戦中の1942年。ソ連のスターリングラードで行われたドイツ軍とソ連軍との激しい戦いを描いた映画が『スターリングラード』です。映画の主人公ソ連の狙撃手ヴァシリ・ザイツェフは実在する人物でした。

『スターリングラード』作品情報

タイトル スターリングラード(Enemy at the Gates
監督 ジャン=ジャック・アノー
公開 2001年4月14日
製作国 アメリカ・ドイツ・イギリス・アイルランド
時間 2時間11分

Rotten Tomatoes

『スターリングラード』あらすじ


スターリングラード [Blu-ray]

1942年9月。

1カ月にわたり、ナチス・ドイツの猛攻にさらされてきたスターリングラードに、新兵として赴任してきたバシリ・ザイツェフ。

彼はウラルの羊飼いの家に育ち、祖父に射撃を仕込まれた天才スナイパーだった。

やがて彼の射撃の腕はソビエト軍の志気を高めるために利用され、バシリは英雄へとまつりあげられていった。

(出典:https://eiga.com/movie/1182/)

子供の頃おじいさんに狙撃を教わったヴァシリ・ザイツェフ。
第二次世界大戦中にソ連のスターリングラードに兵士として向かいます。

彼の狙撃手としての才能を見た将校のダニロフは、ナチス軍に責められ士気を失いかけているソ連軍のために、彼を狙撃手として英雄にし他の兵士の士気を上げることにしましました。

ヴァシリはダニロフの期待に答え、狙撃手として次々とナチス兵を倒していきました。

一方ナチス側はヴァシリの登場により士気の下がってしまったドイツ軍のために、スターリングラードにケーニッヒ少佐を送り込んだのでした。

そしてケーニッヒにヴァシリを仕留めるように命令したのでした。

スターリングラードの戦い

出典:IMDb

『スターリングラード』は激しい銃撃戦から始まります。
その悲惨さは戦争映画の代名詞でもある『プラーベートライアン』を思い出すほどです。

1942年9月20日ヴァシリ・ザイツェフは一兵士としてソ連のスターリングラードに到着しました。

ソ連の都市スターリングラードはドイツ軍が攻め込んできて、激しい戦いが行われていました。
ソ連軍はスターリングラードが侵略されることだけは避けるべきことだと必死で死守していましたが、ドイツ軍によって占領されつつありました。

1942年6月から始まったスターリングラードでの戦いは、ドイツ軍は一時期スターリングラードのほとんどを占領するまで攻め込んでいました。

映画ではその激しい攻防を冒頭から描き続けます。
兵士達は目の前にいるドイツ軍に向かって行きますが、攻撃され進むことができません。
後退しようとすると後ろにいる味方のソ連軍から、後退は許さないと撃たれてしまいます。

敵からも味方からも攻撃されなすすべがないのが、ヴァシリ達兵士だったのです。

このシーンはエキストラ700人を動員して撮影された。壮絶なシーンになっています。

実在したヴァシリ・ザイツェフ

『スターリングラード』ではジュード・ロウが演じたヴァシリ・ザイツェフ。

彼は実在したソ連の狙撃兵です。

映画のようにスターリングラードの攻防で狙撃兵として活躍し、257人の敵を射殺し映画のように伝説のスナイパーでした。

彼が狙撃兵として英雄だったことは映画の中のストーリーと同じですが、映画自体はフィクションです。

ヴァシリは狙撃兵としてだけでなく、狙撃兵を育成もしていました。

語り継がれるラブシーン

出典:IMDb

激しい銃撃戦も印象的ですが、『スターリングラード』の中で1番有名なのは、ジュード・ロウ演じるヴァシリ・ザイツェフとレイチェル・ワイズ演じるターニャのラブシーンです。

狙撃兵達が横で眠る中、愛し合うヴァシリとターニャ。
このラブシーンは緊張感と人間の欲望が映し出されたリアリティあるラブシーンとして、有名にもなりました。

美しくもあり切なくもあるラブシーンとなっています。

まとめ

第二次世界大戦の行方を変えるほどの激しい激戦だったスターリングラードの戦い。

実在した伝説の狙撃手の目を通して、戦争の激しさ人間の欲望と愛情、そして才能ある男同士の戦いを描いたヒューマンドラマになっていました。

戦争という悲惨なもの中にある愛という美しいものが描かれている作品でもありました。