映画『永遠に美しく…』あらすじとネタバレ ラストシーンにびっくり!


いつまでも美しくいたいという人間の欲望をブラックコメディに描いた作品『永遠に美しく…』。ロバート・ゼメキス監督らしい手法で描かれた面白い作品になっていました。

『永遠に美しく…』作品情報

タイトル 永遠に美しく…(Death Becomes Her
監督 ロバート・ゼメキス
公開 1992年12月12日
製作国 アメリカ
時間 1時間44分

Rotten Tomatoes

『永遠に美しく…』あらすじ


永遠に美しく… [DVD]

若返りに異常とも言える執着をみせるマデリーンとヘレン。

彼女達はそれぞれに巨額を投じて遂に不変の若さと美貌を保障する世紀の秘薬を手に入れる。

だがその秘薬は、たとえ死んでも絶対に死なない特効薬であった。

その為に事態は思いもよらないおどろおどろしさを呈し始める……。

(出典:https://movie-tsutaya.tsite.jp/netdvd/dvd/goodsDetail.do?titleID=0080694795&pT=null)

落ち目になっている女優マデリーンのミュジーかるを見に来たヘレン。
ヘレンの大ファンの婚約者アーネストと一緒にヘレンの楽屋を落とすれます。
久しぶりと挨拶を交わすマデリーンとヘレンですが、マデリーンはヘレンの婚約者に興味津々でした。

 

その後アーネストと結婚したのは、マデリーンでした。
アーネストを取られたことにショックを受け、マデリーンを恨み続けるヘレン。
7年後ヘレンは施設に送られるほど、病んでいたのでした。

 

しかしさらに7年後、ヘレンは美しく変身してマデリーンの前に現れます。
ヘレンを見たマデリーンは彼女の美貌に驚くのでした。

意外な有名人がたくさん登場

出典:IMDb

永遠に美しなる媚薬を手に入れたマデリーンとヘレン。
その薬をもらえる秘密クラブでは、パーティーが行われています。

 

そのパーティーには「世間には死んだということにしている有名人」がたくさん集まっていました。
パーティ会場にはマリリン・モンローエルヴィス・プレスリーの姿が見えます。

またアーネストが落ちたプールには、ジム・モリソンが女性と一緒にいました。
そして、アーネストが盗んだ車の持ち主は、ジェームス・ディーンでした。

実在したハリウッドスターで謎の死を遂げたと言われるスターは、実は死んではなかったという設定で、思わず笑ってしまいました。

 

この手法はロバート・ゼメキス監督らしい手法です。
『永遠に美しく…』は1992年の作品ですが、その2年後に作られた『フォレスト・ガンプ/一期一会』でも過去の偉人が登場します。

 

『フォレスト・ガンプ/一期一会』では、実際の映像にトム・ハンクスを合成するというテクニックで観客を驚かせました。

『永遠に美しく…』でもその片鱗が見えていました。

驚きのラストシーン

出典:IMDb

永遠に死なない媚薬を飲んだマデリーンとヘレン。
彼女たちは階段から落ちても、銃でお腹を撃たれても死ぬことはありません。

生き返った2人の体は、首がねじれていたりお腹に大きな穴が空いていたりとびっくりしますが、おもわず笑ってしまう状況でした。

 

永遠に生き続ける2人の元からアーネストがさってから35年後。
薬を飲まなかったアーネストは寿命を迎えます。
そんな彼のお葬式に行ったマデリーンとヘレン。

ベールで隠した顔は塗装がはげボロボロの状態でした。
しかも喧嘩を始めてしまった2人は、階段から落ちてしまいます。

落ちた2人の体は腕や足がバラバラになってしまいました。
それでも死なない2人。
頭だけになってしかも逆さまの状態で会話を続けます。

 

その映像にはさすがに驚いてしまいました。

大女優のメリル・ストリープゴールディ・ホーンにここまでやらせたロバート・ゼメキス監督はすごいなと思ってしまいました。

まとめ

女性の願望をブラックコメディにした『永遠に美しく…』。

ロバート・ゼメキス監督らしいユーモア溢れる作品になっていて、遊び心満載の作品です。

今見ても充分に楽しく、笑える作品になっています。

 

 

 

スポンサーリンク