映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』 愛されキャラクター マーティ&ドク


何年経っても愛され続ける映画の1つである『バック・トゥ・ザ・フューチャー』。
デロリアンもこの映画で人気となりましたが『バック・トゥ・ザ・フューチャー』が愛される人気はやはりマーティとドクでしょう。
この2人のコンビはいつ見ても楽しいコンビなのです。

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』作品情報

タイトル バック・トゥ・ザ・フューチャー (Back to the Future)
監督 フランシス・フォード・コッポラ
公開 1985年12月7日
製作国 アメリカ
時間 1時間56分

Rotten Tomatoes

いつの時代も愛される映画

1980年代の映画は、今でも多くの人に愛されている映画がたくさんあります。

この時代はファミリー向けのSF的な映画が多いのもその理由の1つかもしれません。

その代表格的な映画の1つが『バック・トゥ・ザ・フューチャー』です。

タイムトラベルという設定が多くのファンを魅了しました。

しかもタイムマシーンに使われてのがデロリアン

車が好きな人でなくても、映画を通してデロリアンを知っている人が多いはずです。

さらにマーティの乗っているスケードボード。

映画公開当時はかなりブームになったようです。

今『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を見ると、1985年の世界とさらに1955年の世界を楽しむことができます。

どちらの世界も今見るとかっこいいものや懐かしいものがたくさん映っています。

ちなみに私はこの映画を見て、1985年当時アメリカの大統領だったレーガン大統領が昔俳優だったことを知りました。

映画のラストの方でマーティがダンスパーティーで弾いた曲はこちらです。

過去に戻ったマーティが父を脅したのは!

過去に戻ってしまったマーティは、父親のジョージが母親のロレインをダンスに誘うように説得します。

父親はSFファンだっため、マーティは防護服を着て異星人になり父親を脅しました。

その時に名乗ったの名前がダース・ベイダー

「バルカン星から来た」と言います。

父親のいる時代は1955年。

「スター・ウォーズ」第1作目が公開されたのは1977年。

「スター・トレック」のテレビ放送が始まったのが1966年。

どちらの作品もジョージのいる時代にはまだ見ることが出来ません。

だから「スター・ウォーズ」からダース・ベイダー、スタートレックからバルカン星を引用しても父親にはバレなかったのです。

年末のハリコンにやってくる

ファンにとって嬉しい情報です。

2018年12月29日、30日開催のハリコンに『バック・トゥ・ザ・フューチャー』の出演者がやって来ます。

ドク役のクリストファー・ロイド

ビフ役のトーマス・F・ウィルソン

ロレイン役のリー・トンプソン

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』好きにとっては嬉しい時間となりそうです。

スポンサーリンク