第二次世界大戦の北アフリカ戦線の流れを知ることができる映画を紹介


1940年にイタリア軍がエジプトに侵攻したことから始まった北アフリカ戦線。その後ドイツ軍も加わり、連合軍との激しい戦いが行われました。ここでは砂漠の地で行われた過酷な北アフリカ戦線を描いた映画を紹介し、時系列を追ってみたいと思います。

1941年

戦場の黙示録


戦場の黙示録 [DVD]

タイトル戦場の黙示録(Tobruk)
監督ヴァーツラフ・マルホウル
公開2008年9月4日
製作国チェコ/スロバキア
時間1時間42分

1941年の秋にトブルクに駐留したチェコスロバキア兵の物語を描いた映画『戦場の黙示録』。

エジプトにある連合軍義勇兵の訓練キャンプで厳しい訓練を行なった兵士たちは、激しい戦いが行われていたリビアのトブルクへ送られます。

当時トブルクはイタリア軍とドイツ軍に包囲されていました。

塹壕が掘られた最前線でイタリア軍と戦うチェコスロバキア兵士たちを待っていたのは、激しい戦いだけではなく砂漠特有の砂の問題でした。

爆撃で舞い上がる砂埃は想像を絶するもので兵士たちは砂まみれの状態で、さらに武器の中にも砂が入り込みます。

そんな厳しい戦場に置かれた兵士の心情を淡々と描いているのが、『戦場の黙示録』です。

1942年

サハラ戦車隊


サハラ戦車隊(字幕版)

タイトルサハラ戦車隊(Sahara)
監督ゾルタン・コルダ
公開1943年11月11日(アメリカ)1951年4月10日(日本)
製作国アメリカ
時間1時間37分

\\今すぐ無料視聴//

1942年6月に北アフリカ戦線に合流したアメリカ軍の戦車分遣隊の物語が映画『サハラ戦車隊』です。

映画は連合軍に退去命令が出たところから始まります。

南へ退去する彼らは途中でドイツ軍の兵士を捕まえますが、アメリカ兵を見たドイツ兵は驚いていました。

ちょうどこの頃北アフリカ戦線へのアメリカ軍の参加が決定した頃でした。

またそのドイツ兵が持っていた手紙から連合軍の兵士たちはトブルクが陥落したことを知らされます。

映画『戦場の黙示録』で描かれたトブルクの戦いは、1941年の11月にイギリス軍側が敵軍の撤退に成功していましたが、ロンメル元帥率いるドイツ軍の猛攻撃によって1942年6月にトクブルクは陥落してしまいました。

『サハラ戦車隊』のラストではアメリカ軍の軍曹はエル・アラメインの戦いでイギリス軍が勝利したことを伝えられますが、それは1942年11月の出来事でした。

戦闘機対戦車


戦闘機対戦車 [DVD]

タイトル戦闘機対戦車(Death Race)
監督デヴィッド・ローウェル・リッチ
放送1973年11月10日(アメリカ)
製作国アメリカ
時間1時間30分

1942年11月エル・アラメインの戦いでイギリス軍が勝利した直後から始まるのが、アメリカのTV映画『戦闘機対戦車』です。

無線機からはロンメル率いるドイツ軍が西へ撤退したという情報が聞こえてきます。

この戦いでロンメル元帥は多数の地雷を埋め地雷原を作っていましたが、この地雷原を見つけ爆破する命令を受けたアメリカ軍のパイロットの物語が『戦闘機対戦車』でした。

1943年

パットン大戦車軍団


パットン大戦車軍団 (字幕版)

タイトルパットン大戦車軍団(Patton)
監督フランクリン・J・シャフナー
公開1970年6月27日
製作国アメリカ
時間2時間52分

\\Amazonプライムで視聴//

1943年の2月のチュニジアの戦いから始まるのが映画『パットン大戦車軍団』です。

エル・アラメインの戦いで一度は後退したロンメル率いるドイツ軍でしたが、その後チュニジアに向かい再び連合軍と激しい戦いを繰り広げます。

『パットン大戦車軍団』の冒頭ではカセリーヌ峠の戦いで、アメリカ軍が負けたところからはじまります。

これは北アフリカで初めてのドイツ軍とアメリカ軍の戦いでしたが、アメリカ軍はロンメル率いるドイツ軍に大敗をしてしまいました。

その後アメリカ軍を立て直すためにチュニジアにやってきたのがパットン将軍でした。

また劇中でロンメル元帥は喜ぶドイツ兵に「イギリスのモンゴメリーを忘れるな」と言いますが、ドイツ軍が負けたエル・アラメインの戦いを率いたのがイギリス軍のモンゴメリー将軍でした。

そのモンゴメリー将軍が率いるイギリス軍を援護したのがパットン将軍率いるアメリカ軍で、2人の名将の活躍によって連合軍は北アフリカ戦線で勝利を収めることになりました。

映画『パットン大戦車軍団』の中では北アフリカ戦線に勝利する連合軍の様子も描かれています。

まとめ

1940年〜1943年まで続いた北アフリカ戦線の流れが分かる映画を時系列で4本紹介しました。

その中でも特に『サハラ戦車隊』と『戦闘機対戦車』は続いている物語になっているので、続けてみると戦況を理解しやすいと思います。

またこれらの映画は北アフリカ戦線の流れを知ることができるだけでなく、砂漠での戦いがいかに過酷だったか、敵だけでなく暑さという自然との戦いでもあったことを知ることができるようになっています。