映画『ジャスティス・リーグ』闇を抱えたヒーロー達の結束


スーパーマン亡き後、バットマンとワンダーウーマンの前に現れた敵破滅の使者ステッペンウルフ。彼はマザーボックスを集め、世界を暗黒の世界へと変えることです。バットマンは仲間を集めステッペンウルフと戦うことを考えますが、ステッペンウルフを倒すためにはどうしてもスーパーマンの力が必要だったのです。

『ジャスティス・リーグ』作品情報


ジャスティス・リーグ(字幕版)

タイトル ジャスティス・リーグ (Justice League)
監督 ザック・スナイダー(ジョス・ウェドン)
公開 2017年11月23日
製作国 アメリカ
時間 2時間

Rotten Tomatoes

あらすじ

(引用:MIHOシネマ

三位一体

その箱自体がパワーを持つとされるマザーボックス。

無限のエネルギーを生み出すことができ、そのエネルギーは簡単に生命を再生しさらには惑星さえも作り替えることができるエネルギーを持っていました。

エネルギーのマトリクスであるマザーボックスは3つ存在していますが、その3つが重なり合い1つになる時、凄まじい破壊力で世界を暗黒世界に変えてしまうのです。

破壊の使者ステッペンウルフはその力で世界を変えようとしましたが、アマゾン・アトランティス・人間はステッペンウルフと戦い、世界を救いました。

再び同じことが起きないように、3つのマザーボックスはそれぞれの世界で封印され守られていました。

しかしそのマザーボックスが再びエネルギーを持ち始めたのです。

海底に沈んだアトランティス、島を離れることのないアマゾン族、そしてスーパーマンが死に悪が人間界。
遠い昔に結ばれた同盟が崩れ始めた今、ステッペンウルフは3つのマザーボックスを集め世界を暗黒の世界へ変えようとしていたのです。

 

 ジャスティス・リーグ

暗黒の世界の支配者になろうとするステッペンウルフ。
遠い昔にそのステッペンウルフの企みを阻止したのは、アマゾン・アトランティス・人間・別世界の援軍・神でした。

彼らは、一丸となり結束してステッペンウルフを退治しました。

しかし再びステッペンウルフが3つのマザーボックスの三位一体の力を得ようとした時、かつてステッペンウルフを倒した者たちの結束は崩れ去っていました。

そこでバットマンは仲間を集めステッペンウルフを倒そうとします。

・バットマン(人間)
・ワンダーウーマン(アマゾン)
・アクアマン(アトランティス)
・フラッシュ(メタヒューマン)
・サイボーグ(メタヒューマン)

さらにスーパーマン(クリプトン人)

かつて世界を救った種族たちのように、彼らは一丸となりステッペンウルフの前に立ちはだかったのです。

一度は死んだはずのスーパーマン。
しかし彼の力が必要だということを痛感していたバットマンは、マザーボックスの力でスーパーマンを甦らせます

彼らの結束が、三位一体のパワーで暗黒の世界に包まれつつあった世界を闇から救いました。

そんな世界を救った彼ら自身もまた闇を抱えるヒーローたちです。

その能力ゆえに孤独を感じ、殻に閉じこもっていました。
心の傷が癒えずに1人に心を閉し続けてきました。

そんな彼らが仲間を見つけた時、彼らの心の闇が去り光が戻りました。

そして光を取り戻したヒーローたちが、世界を闇から救い私たちに希望を与えてくれるのです。

まとめ

心に傷を負い闇に包まれていたヒーローたち。

そんな彼らが仲間を得たとき、彼らは初めて光を取り戻しました。

そしてその能力で世界を救ったのです。

孤独のヒーロー達が結束するまでの物語、それが映画『ジャスティス・リーグ』です。