映画『60セカンズ』高級車を盗む窃盗集団はオタクの集まりだった


弟を助けるために戻ってきた伝説の車泥棒メンフィスは、4日間で50台もの高級車を盗みことになってしまう。昔の仲間を集めさらには弟達も加わり50台の車を盗み出そうとするメンフィス。しかし彼の前に宿敵の刑事が現れる。さらにメンフィスにはどうしても盗み出すことのできない車が1台あった。過去に何度も失敗している幻の車。その車がリストに乗っていたのだった。

『60セカンズ』作品情報


60セカンズ [Blu-ray]

タイトル 60セカンズ(Gone in Sixty Seconds)
監督 ドミニク・セナ
公開 2000年9月9日
製作国 アメリカ
時間 1時間58分

Rotten Tomatoes

あらすじ

(引用:MIHOシネマ

エレノア

伝説の車泥棒メンフィス。
彼は見事なテクニックで車を盗み出す人物でした。

そんな彼でも盗み出すことに失敗した車それがエレノアです。
盗む車に暗号のために女性の名前をつけていたメンフィス。
彼は一度ならず何度もエレノアに振られ続けます。

エレノアに乗ると横転したり転落したりと何度も危険な目に会ってきたのです。

そんなエレノアとは67年型シェルビー・マスタングGT500のことでした。


グリーンライト 1/18 1967 フォード マスタング エレノア “60セカンズ (2000)”

捕まえることができないためにユニコーンとも仲間が呼ぶシェルビー・マスタング。
この車を今回再びメンフィスは盗むことになります。

しかし案の定今回もトラブルが。

それまで計画は順調だったのに、エレノアに乗った途端警察に見つかってしまいます。
そして激しいカーチェイスがスタートしたのです。

素晴らしいドライビングテクニックで、警察から逃げるメンフィス。
なんとか逃げ切ったと思いますが、渋滞で動けなくなってしまいます。

それでも長年のエレノアとの因縁を終わらせたいメンフィスは、トラックの上を飛び越え追手から逃げていったのです。

なんとかエレノアを盗み出すことに成功したメンフィスですしたが、しでに時間切れ。
彼はまたしてもエレノアを盗むことに失敗してしまったのでした。

車オタクの集団

メンフィスが集めた昔の仲間。
それはみんな車好きのメンバーでした。

それはもちろんメンフィスの弟やその友人も同じです。

彼らはただ車を盗むというのではなく、車を愛するあまり盗んでいたのです。

メンフィスは「車が俺に走って欲しいと言っている」と言っていました。

そんな彼らの車ずきはもはやオタクレベル。
「TVドラマと車」というクイズを出すほどです。

Q1 73年型ファイアーバードに乗っていたのは?
A1 ロックフォード
(『ロックフォードの事件メモ』(1974年〜1980年)))
Q2 刑事コロンボの車は?
A2 プジョー

Q3 色は?
A3 グレー
(『刑事コロンボ』(1968年〜1978年))

Q4 私立探偵マグナムの車のナンバーは?
A4 ROBIN 1
(『 私立探偵マグナム』(1980年〜1988年))
Q5 ビル・ビクスビーが乗っていた車は?
A5 『ザ・マジシャン』ではコルベット
『超人ハルク』ではフォードのピックアッップ
『エディの素敵なパパ』では歩き
(『ザ・マジシャン』(1973年〜1974年)/『超人ハルク』(1977年〜1982年)/『エディの素敵なパパ』(1969年〜1972年))

みんなでかなりマニアックな車のクイズを出し合いますが、間違えることなくスラスラと答えていてそのオタクぶりを発揮していました。

車好きはドラマや映画に登場する車にも目がないことが分かるシーンでもありました。

まとめ

車好きが集合し、高級車を盗み出す物語『『60セカンズ』。

集まったのは単なる車が好きな人たちではなく、それはオタクの集まりでした。

彼らは車が欲しいから車を盗むのではなく、車が乗って欲しいと言っているから車を盗むのです。

そして高級車をスピード全開で走らせながら、爽快感を感じているのです。