映画『デス・プルーフ in グラインドハウス』スタント・ウーマンの本気のカーアクション


クエンティン・タランティーノ監督が手掛けた70年代のチープでB級感満載の『デス・プルーフ in グラインドハウス』。前半は当時を思い出させるような映像で物語は進みますが、この作品には作り物ではない本物のカーアクションが待っていました。後半はスタントマンも登場しド派手なカースタントと、すっきり爽快な度肝をぬくアクションで映画は幕を閉じるのです。

『デス・プルーフ in グラインドハウス』作品情報


デス・プルーフ in グラインドハウス (字幕版)

タイトル デス・プルーフ in グラインドハウス(Death Proof)
監督 クエンティン・タランティーノ
公開 2007年9月1日
製作国 アメリカ
時間 1時間53分

Rotten Tomatoes

あらすじ

(引用:MIHOシネマ

カースタント

元カースタントマンのスタントマン・マイク。
カースタントが少なくなった今でも、彼はスタントマンをやっていたことをホコリに思い続けています。

そしてそんな彼はデス・プルーフと呼ばれる「耐死仕様」の車のっていました。
カースタントで使用されるその車は、時速200kmでレンガの壁に激突しても平気な車です。

助手席がガラスの箱でもあるマイクのデス・プルーフ。
それはクラッシュシーンを内側から撮影するためにカメラを載せる「クラッシュ・ボックス」です。

クラッシュシーンは本物よりもCGを使用することが多くなった今でも、そんな車に乗り続けるマイク。
それは彼の誇りでもあり名誉でもあったのです。

しかし時代とともに彼の名誉は失われつつありました。
マイクがバーで話した作品は、若い女の子達は誰も知りません。

・『ザ・ハイシャパラル』(1967年〜1971年のTVシリーズ』
・『バージニアン』(1962年〜1971年のTVシリーズ)
・『ベガス』(1978年〜1981年のTVシリーズ)
・『Gavilan 』(1982年〜1983年のTVシリーズ)

誰も分かってくれない自分の凄さ。
マイクはそのことに苛立ちを覚え、やがてそれは怒りへと変わってしまいました。

そしてスタントマン・マイクは自分のデス・プルーフで、暴走を始めてしまったのでした。

スタントマンの憧れカースタント

マイクは元スタントマンとして誇りを持っていましたが、そのことを今の若い子たちは誰も知りません。

激しいカーアクションはCGで作られるようになった現代。
しかしそんな時代でも、本物に憧れ本物を今も貫いている人物がいました。

それが映画の後半に登場するゾーイ・ベルです。
彼女は本人役でこの映画に出演していますが、彼女の仕事はスタント・ウーマンです。

後半車のボンネットに乗って凄まじいアクションは、本当に彼女自身がやっていたのです。

そんな車好きのゾーイが憧れる映画。

・『バニシング・ポイント』
・『ダーティ・メリー クレイジー・ラリー』
・『バニシング IN 60″』
・『ビッグ ウェンズデー』  

友人の女の子2人は見たことない映画でしたが、これらの映画にゾーイは夢中になったのです。

そしてゾーイは『バニシング・ポイント』で使われている1970年型の440エンジンのダッジ・チャレンジャーに乗ることが夢だったのです。


グリーンライト 1/18 ダッジ チャレンジャー R/T 1970″バニシングポイント (1971)”

そしてその夢が叶った時、彼女は憧れのスタントを行ったのでした。

スタントマン達にとっては憧れのカーアクション映画。
マイクは本物の車を本物の人間が運転していたカーアクション映画として『バニシング・ポイント』『ダーティ・メリー クレイジー・ラリー』『爆走トラック’76』を挙げていました。

これらの映画は彼らにとっては夢や憧れのような映画であり、またスタントマンになるきっかけを与えてくれた映画なのかもしれません。

時代が変わっても、本物にこだわり続けるスタントマンの気持ちが込められている映画でもありました。

まとめ

B級映画を作ろうとしたクエンティン・タランティーノでしたが、映画のラストで描いたカーアクションは素晴らしいシーンで本物の凄さを感じることができます。

そしてそのシーンを演じた本物のスタント・ウーマンのゾーイ・ベル。

彼女達スタントマンの凄さと本気が伝わってくるシーンになっていました。

CGではなくリアルの迫力と威力。

それを感じることはできるのが『デス・プルーフ in グラインドハウス』です。