映画『あの夜、マイアミで』それぞれの立場で戦った公民権運動


1964年2月25日、マイアミ で行われたボクシングのヘビー級タイトルマッチ。そこで勝利した、のちにモハメド・アリと名乗る青年はヘビー級王者となりました。そしてその夜チャンピョン誕生を祝うホテルにマルコムXとサム・クックとジム・ブラウンが集まり激論を交わすことになったのです。この作品はフィクションですが、影響力を持つ彼らが当時どんな思いを抱いていたのか知ることができるようになっています。

『あの夜、マイアミで』作品情報


あの夜、マイアミで

タイトル あの夜、マイアミで(One Night in Miami)
監督 レジーナ・キング
公開 2021年1月15日
製作国 アメリカ
時間 1時間54分

Rotten Tomatoes

あらすじ

60年代の公民権運動のうねりのさなか、各界のカリスマ的存在であるモハメド・アリ、マルコムX、サム・クック、ジム・ブラウンが自分たちの役割を熱く語り合う特別な一夜を描いている。

(https://www.amazon.co.jp/dp/B08S37LP5M/)

伝説の4人

マルコムX

黒人解放運動の指導者マルコムX。
公民権運動の指導者の1人である彼は、黒人達の先頭に立って人種差別を批判する声を上げていました。

彼の活動は攻撃的なスタイルもであり、それは時に反感を招いてしまうこともあります。
白人を罵倒するような声を上げていた彼の活動は、当時同じように公民権運動の指導者であったキング牧師とは全く逆の活動でした。

そんなマルコムXは敬虔なイスラム教徒で、ネイション・オブ・イスラムの一員でした
ネイション・オブ・イスラムはアフリカ系アメリカ人のイスラム教徒の組織ですが、かなり過激な組織でもありました。

『あの夜、マイアミで』でも描かれているように、白人と分離した黒人だけの社会を作ろうと考え、白人を悪魔と呼んだり白人滅亡を望むような組織でした。

そんなネイション・オブ・イスラムのリーダーのムハンマドの傲慢な態度や、貧しい国民を無視して自分1人優雅な生活を送る彼のスタイルに違和感を感じたマルコムは、1964年3月8日にネイション・オブ・イスラムを脱退します。

しかし彼はイスラム教徒であることをやめたわけではありません。
その後すぐにムスリム・モスク・インク というイスラム教の団体を立ち上げています。

ただし彼の脱退はネイション・オブ・イスラムのメンバーを怒らせてしまい、1965年2月21日ネイション・オブ・イスラムのメンバーの殺されてしまいました。
マルコムXは33歳でした。

モハメド・アリ

「蝶のように舞い、蜂のように刺す」という彼のファイティングスタイルを表す言葉は有名ですが、彼がチャンピョンになったのは1964年2月25日でした。

まだ当時の彼は本名であるカシアス・クレイを名乗っている頃です。
今では偉大なボクサーの1人であるモハメド・アリですが、彼は相手を挑発するファイティングスタイルでした。

その矛先はボクシングの対戦相手だけでなく、対戦相手を応援するファンやマスコミにも向けられます。
『あの夜、マイアミで』の中でもマルコムに「大口を叩くのは控えた方がいい」と言われているように、当時のアリにはアンチも多かったようです。

そのモハメド・アリはチャンピョンになった後に、すぐにモハメド・アリと名前を変えています。
彼はマルコムXを尊敬しネイション・オブ・イスラムの信者となったことで、改名したのでした。

しかし、結局マルコムがネイション・オブ・イスラムを脱退しこたこで、2人の関係は疎遠になってしまったのでした。

サム・クック

ミスター・ソウル」と呼ばれるソウルシンガーのサム・クック。

『あの夜、マイアミで』の中でも歌われる「You Send Me」のヒットにより、人気R&Bシンガーとなっていきます。

黒人文化の中から生まれた「ソウル」や「R&B」などは、昔からすぐに白人に模倣され奪われてしまうという時代が続いていました。
しかしその中でサム・クックは自分の会社を作り、自分の曲や黒人の曲の著作権を守りました
そうすることで黒人歌手に印税が入り、彼らの生活は守られたのです。

映画の中ではマルコムに白人と仲が良いと責められるサム・クックですが、彼は1964年12月22日に「A Change Is Gonna Come」をリリースします。
これは映画のラストでサム・クックが歌っている曲です。

公民権運動を代表する曲と言われる白人のボブ・ディランが歌った「Blowin’ in the Wind」に影響を受けたと言われる「A Change Is Gonna Come」。
映画の中でサム・クックは「俺が作るべきだった」と言っていました。

サム・クックのファンは白人が多かったですが、それでもサム・クックは彼なりのスタイルで黒人を救っていました。
そんなサム・クックが作った「A Change Is Gonna Come」は、「Blowin’ in the Wind」と同じように公民権運動を支える浮いたとなりました。

ジム・ブラウン

クリーブランド・ブラウンズに所属したNFLの選手のジム・ブラウン。
ランニングバックとして活躍した彼は、新人ですぐに1試合のラッシング記録を作るなど、脚で観客を沸かせた選手でした。

映画の中でも語られているように1963年には1シーズンで1863ヤード走るという記録を打ち立て、他にも数々の記録を塗り替えました

現役中に映画に出演したジムですが、『あの夜、マイアミで』の中で彼がモハメド・アリに話している作品は『リオ・コンチョス』のことです。


リオ・コンチョス [DVD]

彼は1967年29歳の時に現役を引退しますが、引退発表をした時彼は『特攻大作戦』の撮影中でした。


特攻大作戦 [DVD]

NFLで偉大な記録をたくさん作ったジム・ブラウンは俳優に転向したくさんの作品に出演しています。

まとめ

4人とも当時の黒人にとって心の支えで英雄で彼らには影響力がありました。

しかしそんな4人のスタイルは様々です。

自分とスタイルの違う相手を許せなく思えてしまうこともありますが、彼らがみんな黒人のために戦っていたのです。

同じゴールを目指しながら辿った道が違う4人でしたが、その志はみな同じだったのです。