映画『リンカーン/秘密の書』奴隷解放のために戦ったリンカーンの人生


もしもリンカーン 大統領がヴァンパイアハンターだったらという映画『リンカーン/秘密の書』。ファンタージー映画ではありますが、歴史的事実とも繋がりを持っている作品です。ここではエイブラハム・リンカーンの人生と比べながら『リンカーン/秘密の書』の中のリンカーン の人生を見ていきたいと思います。

『リンカーン/秘密の書』作品情報


リンカーン/秘密の書 [Blu-ray]

タイトル リンカーン/秘密の書(Abraham Lincoln: Vampire Hunter
監督 ティムール・ベクマンベトフ
公開 2012年11月1日
製作国 アメリカ
時間 1時間45分

Rotten Tom

あらすじ

第16代大統領エイブラハム・リンカーンには知られざるもう一つ別の顔があった。

それは、人知れず勢力を拡大させていた恐るべき吸血鬼たちを退治するヴァンパイア・ハンターとしての顔だった――。

貧しい開拓農民の家に生まれたリンカーンは、幼い頃に最愛の母を失う。

その後、母の命を奪った復讐の相手が闇の勢力=ヴァンパイアと知るリンカーン。

彼はヴァンパイアの生態をよく知るヘンリーのもとで、ヴァンパイア・ハンターとしての修行を重ねていく。

やがて使い慣れた斧を手にハンターとしての活動を始めたリンカーンは、奴隷制度が彼らの食糧供給源として機能している実態を目の当たりにし、奴隷解放こそがヴァンパイアとの戦いに勝つ唯一の方法と考え、政治の道へと歩み出すのだったが…。

(出典:https://www.allcinema.net/cinema/342725)

幼少期のリンカーン

第16代アメリカ大統領エイブラハム・リンカーン

ケンタッキー州で生まれたエイブラハムは、その後家族でインディアナ州に向かいます
映画『リンカーン/秘密の書』は1818年のインディアナ州から物語は始まりました。

この年にリンカーンは母親をヴァンパイアに噛まれて亡くしていますが、実際に1818年にリンカーン の母親は亡くなっています。

リンカーンの父親は農夫で、彼は貧しい家庭で育ちました。
リンカーンは幼い頃から斧で薪を切るとこなどををして、父親の仕事を手伝っていました。
そのためほとんど学校には行っていません。

彼が映画の中でヴァンパイアを倒すのに斧を選んだのは、子供の頃から斧を使い慣れていたからです。

エイブラハムは友人のウィルが奴隷として連れて行かれるのを目撃して彼を助けます。
幼い頃から奴隷の扱いに対して疑問を持っていたエイブラハム・リンカーン 。

彼は実際に少年時代に奴隷の家族が離れ離れになるのを目撃したそうです。
そしてそれがのちの奴隷解放につながっているのです。

弁護士そして政治家へ

やがて大人になったエイブラハムは、イリノイ州スプリングフィールドで暮らすようになります。

彼は映画の通り雑貨屋で仕事をしながら法律の勉強をしていました。
映画の中に登場するジョシュア・スピード
彼は実在する人物でエイブラハムと彼は一緒に雑貨屋を経営していました。

意気投合した彼らはその後もずっと友人関係を続けています。
それを知っている人であれば、きっとスピードがエイブラハムを裏切ることはないと思ったはずです。

またエイブラハムはこの地でメアリー・ドットと出会い結婚しました。

のちに大統領となりメアリーとの間に4人の子供を授かりました。
映画の中ではウィリーがヴァンパイアに噛まれて亡くなってしまいますが、実際にウィリーは病気にかかり11歳で亡くなってしまっています。

少年時代の体験から奴隷制度を認めなかったエイブラハム・リンカーン 。
その想いは弁護士時代も同じで、ますますその想いを強くしていきます。

そして政治家になったエイブラハムは奴隷制度反対を強く打ち出すようになりました。

映画の中ではウィルを救いにニューオリンズに向かったときに、隠れている黒人を見からという設定になっていましたが、少年時代に奴隷が売られるのをエイブラハムが見たのは、このニューオリンズだと言われています。

さらに映画の中に登場するタブマン。
彼女は吸血鬼屋敷から逃ってきたリンカーン達を助け、ラストでエイブラハムの妻メアリーとともに北軍に銀を届ける役目をしています。

もちろんこの部分はフィクションですが、タブマンとは実在するハリエット・タブマンのことです。
彼女はこの時代南部の黒人を逃す地下鉄道と呼ばれる組織で活動していて、多くの黒人を北部やカナダに逃しました。
さらには南北戦争で北軍のスパイとして活動し、また初の女性指揮官として兵を率いて戦いにも参加しています。

映画の中に登場する実在の人物としては、メアリーの婚約者だったスティーブン・ダグラスがいます。
しかし彼は実際はメアリーの婚約者ではありません。

彼がエイブラハム と戦うことになったのは、大統領選でした。
共和党のエイブラハムに対して民主党の候補がスティーブン・ダグラスだったのです。

最終的にゲティスバーグの戦いを制し、北軍の勝利で終わった南北戦争。
そしてこのゲティスバーグでエイブラハム・リンカーンがみんなの前で演説したのが、あの有名な「人民の人民による人民のための政治」なのです。


リンカーン -うつ病を糧に偉大さを鍛え上げた大統領-

まとめ

エイブラハム・リンカーンが実はヴァンパイアハンターだったという、ファンタジー映画『リンカーン/秘密の書』。

完全なるフィクションですが、リンカーンの辿った事実と重なる描写もあります。

さらに登場人物の多くが実在する人物なので、この時代に何が起きていたのかまたリンカーン はどんな人生を送ったのかを知っていると、楽しめる作品になっています。

ファンタージーの中にもたくさんの歴史的事実が学べる作品になっています。