マーク・ザッカーバーグが登場した『サウスパーク』シーズン21第4話


『サウスパーク』シーズン21第4話「メディア化プラン始動」。ヒーロー集団をNetflixでドラマシリーズ化しお金儲けを考えるカートマン達。しかしバターズによってFacebookに偽情報を流されてしまったカートマン達は、自分達の野望を阻止されてしまいます。現代大きな問題となっているFacebookが抱える問題。マーク・ザッカーバーグを登場させ、踏み込んだエピソードになってます。

『サウスパーク』シーズン21第4話あらすじ

プロフェッサー・カオスがFacebookにカートマン率いるヒーロー集団の中傷記事を投稿。

町に招かれたマーク・ザッカーバーグは会社への批判をそらす。

(出典:Netflix)

Facebookのフェイクニュース

2017年10月11日にアメリカで放送された『サウスパーク』シーズン21第4話。

2016年のアメリカ大統領選にロシアが介入したことが明らかになり、それがFacebookを通じての介入だったとされて、世界中でFacebookは大きな注目されました。

そのFacebookのCEOマーク・ザッカーバーグが今回のエピソードに登場しています。

もちろんエピソードで描かれるのは、Facebookに投稿されるたくさんのフェイクニュース。
大統領選に関係なく、Facebookにはたくさんの偽情報が投稿されていて、それを信じてしまう人がいることが問題となっています。

時には世論を大きく動かしてしまうほどの偽情報。
アメリカでは国を挙げての大問題となっているのです。

カートマン達は偽情報によって、Netflixでの野望がパーになってしまいます。
そこで偽情報を阻止するために、マーク・ザッカーバーグに戦いを挑んだのです。

最後にはプーチン大統領まで登場して、ロシアの大統領選の介入について言及しています。

2020年現在でも問題となっているSNSの偽情報。
しかもその多くが政治に関することで、あえて国民を扇動するものもあります。

国を分断させてしまった原因の1つに挙げられるSNS。

さらに投稿を厳しく規制しないマーク・ザッカーバーグの態度は問題視されています。

そんなFacebookが抱える闇に鋭く切り込んだエピソードが、シーズン21第4話「メディア化プラン始動」なのです。

ヒーロー達のメディア化

Facebookの問題に深く切り込みながら、今回のタイトルは「メディア化プラン始動」。
原題は「Franchise Prequel」になっていて、配信や映画などで作られる作品のシリーズ化について取り上げています。

カートマン達が扮するヒーロー達は、お金儲けのためにヒーロー物語をNetflixでドラマ化してもらおうと考えます。

ヒーローそれぞれの物語や、全員集合やプリクエルなど、色んな作品を考えてシリーズ化を計画します。

これは、実際にヒーロー映画で起きている実態です。
特にマーベル作品は映画でもマーベル・シネマティック・ユニバースとしてたくさんの映画を作りました。

さらに、Netflixでもマーベルコミックヒーローのドラマが数多く配信されていて、シリーズを全て合わせると膨大な作品数になってしまいます。

カートマン達は、自分たちも同じようなことをしてお金儲けを考えていたのです。

でも結局彼らは仲間割れしてしまいますが。。。

そんな仲間にカートマンの言った「DCコミックスのようにフェーズ1で行き詰まるよ」と言ったのには思わず笑ってしまいました。

マーベルコミックスの映画はフランチャイズで大成功しましたが、ライバルでもあるDCコミックスの映画のフランチャイズはイマイチなのです。

皮肉でそのことをネタしするサウスパークはさすがだなと思いました。

まとめ

アメリカで大きな問題となっているFacebookに書き込まれるフェイクニュースを取り上げた『サウスパーク』シーズン21第4話。

この問題は今でも続いている問題で、より深刻化しています。

しかもこれはアメリカだけの問題ではありません。

世界がSNSに対してどのように対応するのか。

世界中の問題を『サウスパーク』らしい描き方で描いていました。