映画『シカゴ7裁判』で描かれたシカゴ7のひとり アビー・ホフマン


1968年シカゴで開催された第35回民主党全国大会で反戦運動を訴えた活動家の7人は、デモを扇動したとして逮捕され裁判にかけられます。映画『シカゴ7裁判』は、7人の裁判の様子を描いた物語ですが、ここでは7人のうちのひとりアビー・ホフマンについて取り上げます。

『シカゴ7裁判』作品情報

タイトルシカゴ7裁判(The Trial of the Chicago 7)
監督アーロン・ソーキン
公開2020年10月9日
製作国アメリカ
時間2時間9分

あらすじ

(引用:MIHOシネマ

シカゴ7

1963年にケネディ大統領が暗殺された後、大統領に就任したリンドン・ジョンソンは、1964年のトンキン湾事件をきっかけに、ベトナム戦争に本格的に介入を始めます。

その結果、多くの若者達が徴兵されてベトナムへ向かうことになりました。

さらに、ベトナムでのアメリカ兵の行動が連日テレビで報道され、アメリカ国内ではベトナム戦争への反戦運動が広がりはじめます。

反戦運動の広がりからジョンソン大統領の支持率は下がり、彼は1968年の大統領選には出馬しないことを決めました。

民主党の大統領候補はロバート・ケネディだと思われていましたが、彼も兄と同じように暗殺されてしまいました。

代わりに民主党の大統領候補として指名されたのが、ヒューバート・ハンフリーでした。
彼はジョンソン政権時の副大統領です。

この指名に対して不満を募らせた、反戦運動家達が1968年にシカゴで開かれた第35回民主党全国大会に向かい、反戦運動を訴えたのです。

非暴力で行われていたはずの反戦運動の集会でしたが、やがて警察と衝突してしまいます。

その結果、デモを扇動したとして8人の活動家が捕まってしまいました。

民主社会学生同盟(SDS)
・トム・ヘイデン
・レニー・デイヴィス
青年国際党(イッピー)
・アビー・ホフマン
・ジェリー・ルービン
ベトナム戦争終結運動(MOBE)
・デヴィッド・デリンジャー 
ブラックパンサー党
ボビー・シール

・ジョン・フロイネス
・リー・ワイナー

(途中でボビー・シールが審議無効になったため、シカゴ7と呼ばれています)

彼らはシカゴでの暴動を扇動したとして共謀罪で起訴されました。

 

アビー・ホフマン

シカゴ7のうちのひとり、アビー・ホフマン

彼は反戦運動を訴え、1967年にジェリー・ルービンらと共に青年国際党(イッピー)を立ち上げます。

彼はベトナム戦争反対を訴える活動家でしたが、そのスタイルは他の活動家達とは違っていました。

ユーモアと皮肉を混ぜ合わせたスタイルで、彼は反戦運動を行なっていたのです。

その様子は映画『シカゴ7裁判』の中でもたくさん描かれていました。

裁判中に何度も裁判官をからかうような発言や態度を繰り返し、裁判官を怒らせてしまいます。

また同じシカゴ7のトム・ヘイデンにも、その態度を注意されていました。

しかし、アビー・ホフマンは最後まで自分のスタイルを崩さず、自分やり方で訴え続けていました。

アビー・ホフマンの活動スタイルは、映画『フォレスト・ガンプ/一期一会』にも出てきます。

ベトナム戦争から帰ってきたフォレスト・ガンプは、名誉勲章を受章します。

ホワイトハウスでの叙勲式後、ワンシントン見物をしていたフォレスト・ガンプは負傷兵と間違われてリンカーン記念堂で行われていた反戦集会に参加することになってしまいました。

この時ステージにいたのが、アビー・ホフマンです。

アメリカ国旗のシャツを着たホフマンは、フォレストの言うところの汚い言葉で叫んでいました。

映画の中ではこの集会は1968年の集会になっていますが、実際は1967年と1969年にワシントンでデモが行われています。

1967年10月21日に行われたベトナム戦争反対集会では、10万人がワシントンに集結したと言われています。

>>>映画『フォレスト・ガンプ/一期一会』についてはこちら

さらに映画『7月4日に生まれて』にも、アビー・ホフマンは出てきます。

ベトナムから帰還した主人公のロニーは、友人に連れられてケント州立大学事件の抗議デモに参加することになってしまいます。

そこで学生の前で演説をしている人を演じていたのは、アビー・ホフマン本人でした。

実際、この抗議デモで青年国際党のメンバーはスピーチをしています。

また映画の中には『シカゴ7裁判』で描かれたシカゴで反戦集会の様子が、ロニーが見ているテレビに映し出されていました。

映画『7月4日に生まれて』は、アメリカでは1989年12月20日に公開されました。

残念ながらアビー・ホフマンは映画公開前の1989年4月12日に亡くなってしまいます。

『7月4日に生まれて』のエンドクレジットには、

IN MEMORIAM
ABBIE HOFFMAN
(1936/11/30~1989/4/12)

と彼のことを追悼するメッセージが流されていました。

まとめ

映画『シカゴ7裁判』で描かれたアビー・ホフマンの信念。

この映画では彼がどのような想いを持って、反戦運動などの活動を行なっていたかを知ることができます。

また『シカゴ7裁判』と一緒に、『フォレスト・ガンプ/一期一会』や『7月4日に生まれて』を見ると、アビー・ホフマンの活動スタイル、そして実際の彼の姿を見るこができます。