映画『モールス』12歳の少年に突きつけられた究極の選択 「悪」になれるか


いじめられっ子の少年の前に現れた1人少女。雪の中裸足で歩く少女になぜだか少年は心惹かれてしまった。やがて心を通わせる12歳の少年と少女。少年にとってはそれは初恋と呼べるものだった。しかし少年に待っていたのは究極の選択だった。自分は悪になることができるのか?少年の出した答えは….

映画『モールス』作品情報


モールス BD [Blu-ray]

タイトル モールス(Let Me In)
監督 マット・リーヴス
公開 2011年8月5日
製作国 アメリカ/イギリス
時間 1時間56分

Rotten Tomatoes

あらすじ

しんしんと雪の降る小さな田舎の町。

母親と2人きりで暮らす12歳の孤独な少年、オーウェン。

いつも学校でいじめにあっている彼は、夜になると団地の中庭でひとり寂しく過ごしていた。

ある日、隣に引っ越してきたばかりの謎めいた裸足の少女アビーと出会う。

2人は夜の中庭で言葉を交わすようになり、少しずつうちとけていく。

その後、部屋の壁越しにモールス信号で連絡を取り合うまでになる2人だったが、やがてオーウェンはアビーの驚くべき秘密を知ってしまう。

折しも、町では残酷な猟奇殺人事件が連続して発生し、住民を恐怖に陥れていた。

(出典:https://www.allcinema.net/cinema/338758)

孤独の中で見つけた光

12歳の少年オーウェンの前に現れた1人の少女。
雪の中裸足で歩く、どこか顔色の欲ない少女の名前はアビー。

なぜか彼女に惹かれるオーウェン。
それは孤独という共通点かあったからだ。

オーウェンの両親は離婚寸前で別居状態。
オーウェン自身は母親と暮らしているが、母と父の中は良くなかった。

離婚に向けて母親は弁護士を雇っている。
そして父親と電話で喧嘩していた。

家庭で孤独を感じているオーウェンは、学校でも孤独だった。
その見かけからオーウェンは「女の子」と呼ばれていじめられていた。

どこにも居場所のないオーウェンは、夜になるといつも公園で1人過ごしていた。
そこがある意味オーウェンの居場所だった。

その公園にやってきたのがアビーだ。
最初は打ち解けられない2人だったが、オーウェンはある日アビー家の物音を壁越しに聞いてしまう。

壁の向こうから聞こえてきたのは、暴れるような音と怒鳴り声だった。
オーウェンはこの時アビーは父親に虐待されていると思った。

これがきっかけでアビーに惹かれ始めるオーウェン。
やがてアビーも孤独なオーウェンに心を許した。
アビーもまた孤独だった。

やがて2人は公園ではなく、お互いの家やオーウェンの秘密の部屋で過ごすようになる。

オーウェンにとっては大切なガールフレンド。
しかし外から家の中で過ごすようになった時、オーウェンは初めてアビーの正体に気づくことになるのだ。

「愛」と「悪」

アビーはオーウェンと同じ12歳の少女のはずだった。
しかし彼女はずっと昔から12歳だった。

彼女はオーウェンに「血が必要なの」という。
そう彼女はヴァンパイアだったのだ。

驚きとショックを受けるオーウェンだったが、それでも彼女に惹かれる。

そして父親に電話してこんな質問をする。

「この世に悪は存在すると思う?」
「人は邪悪になれる?」

アビーのことが好きだけど、血を得るために人を殺していいのか。
そんな葛藤がオーウェンの中で生まれていた。

アビーの父親は父親ではなかった。
彼はアビーのために「悪」を選んだ男だった。

それに気がついた時、オーウェンは一度は嫉妬し彼女から離れるが結局彼女を家に入れた。
やっぱり好きだから。

だからオーウェンは彼女と生きることを選んだ。
「愛」のために「悪」を選んだのだ。

それはアビーも同じだった。
彼女はいじめられているオーウェンを助けた。

それは血を必要とする自分のための「悪」ではなく愛するオーウェンを守るための「悪」だった。

12歳の少年が選択した答え。
アビーに血を運んでいた男の様子を見ても、この先オーウェンの未来は暗い。

それでも彼らは「愛」を選んだ。
2人で生きることを選択したのだった。

まとめ

12歳の男女の物語は、壮大なストーリーでもありました。

純粋無垢だからこそ出来たのかもしれない選択。

オーウェンはアビーのために生きることを選びました。

しかしそれは邪悪になることを意味しています。

それでも孤独な少年にとってアビーはたった1つの光だったのです。