映画『刑事グラハム/凍りついた欲望』犯人に共感できる刑事ウィル・グレアム


トマス・ハリスの有名小説『レッド・ドラゴン』を映画にした『刑事グラハム/凍りついた欲望』。人食い殺人鬼ハンニバル・レクターが登場しますが、この作品では原作に近い刑事ウィルの心をメインに描いた作品になっていました。犯人の心に共感しながら、犯人に近づいていく刑事ウィルの姿を見ることができます。

『刑事グラハム/凍りついた欲望』作品情報


刑事グラハム/凍りついた欲望 [Blu-ray]

タイトル 刑事グラハム/凍りついた欲望(Manhunter)
監督 マイケル・マン
公開 1988年10月15日
製作国 アメリカ
時間 2時間

Rotten Tomatoes

あらすじ

サイコキラーの心理に、自らのそれをシンクロさせて事件を解決するFBI捜査官ウイル・グラハム。

その捜査方法は、自己を崩壊させかねない危険なものだった。

家族とマイアミで静かに暮らす彼に、FBIから出動要請が。

普通の捜査官の手に負えないシリアルキラーが現れたのだ。

(出典:https://www.allcinema.net/cinema/6802)

ウィル・グレアムの物語

トマス・ハリスの原作『レッド・ドラゴン』といえば、のちに映画化された同名タイトル『レッド・ドラゴン』の方が有名かもしれません。

ハンニバル・レクターを演じたアンソニー・ホプキンスは、『羊たちの沈黙』でハンニバルを演じアカデミー賞主演男優賞を受賞したほどです。

このシリーズは、ハンニバル・レクターが注目される作品となりましたが、原作の『レッド・ドラゴン』ではあくまでメインは刑事のウィル・グレアムと犯人のダラハイドです。

そんな原作に近いのが、映画『レッド・ドラゴン』よりも前に映画化された『刑事グラハム/凍りついた欲望』です。

しかもこの作品は、ウィルをメインに描いています。
犯人のダラハイドさえもそれほど異常者に描かれておらず、ウィルはダラハイドにたどり着くまでの心の描写が中心になっていました。

ウィルには犯人に共感できるという才能があります。
しかしその才能によってかつてハンニバルを逮捕した時に、邪悪な心に取り憑かれてしまいました。

今回も犯人に共感しながら捜査を進めるのですが、その段階で普通ではないウィルを見ることができます。
そのウィルの様子には、彼の捜査を依頼したFBIのジャックも恐怖を感じていたほどでした。

しかしウィルのその才能があるからこそ、犯人にたどり着けたのです。
ウィルが犯人に近づくにつれて、犯人に共感してしまうかもしれない恐怖。

その恐怖感とウィルの心情を描き出したいたのが、『刑事グラハム/凍りついた欲望』でした。

ハンニバルのヒント

映画の中で2回しか登場しないハンニバル・レクター。
しかし彼はウィルに捜査におけるヒントを与えていました。

そもそもウィルがハンニバルに会いに行ったのは「思考様式の回復」のためでした。
ウィルはハンニバルに会うことで、犯人に共感する思考を取り戻そうとしていたのです。

しかしこの時ウィルはハンニバルに「君は私と同類だ」と言います。
この言葉を聞くなりウィルは、慌ててハンニバルの元をさりました。
またハンニバルに取り憑かれてしまう恐怖を覚えてしまったからでした。

しかしハンニバルは再度ウィルに連絡をとってきます。
そしてその時l彼に「人間も神になれる」と言ったのでした。
「神と同じことを繰り返せば人間も神になれる」というハンニバルの言葉がウィルに、犯人を見つけるヒントを与えました。

もちろんハンニバルはヒントを与えるつもりで、ウィルに電話をかけたわけではありません。
彼はウィルが人を殺して感じた快感に対する罪悪感を正当化し、ウィルに自分と同類だと思わせようとしていたのです。

しかしその言葉のおかげでウィルは、犯人の心理に近づくことができました。

そして最後は邪悪な考えに取り憑かれず、大切な家族の元にウィルは戻っていきました。

ハンニバルの執着から彼は逃れることに成功したのでした。

まとめ

ハンニバル・レクターではなく彼を捕まえたウィル・グレアムに焦点を当てた『刑事グラハム/凍りついた欲望』。

犯人に共感するウィルの葛藤が描かれてもいました。

人の役に立つ才能が、自分を苦しめてしまうウィルの能力。

しかし今回はウィルは「家族」に支えられて、無事に家族の元に帰ることができました。