映画『トランスフォーマー/リベンジ』人類とトランスフォーマーは遥か昔から繋がっていた


壮絶な戦いから2年。サムは普通の大学生になることを望んでいましたが、彼には新たな運命が待っていました。さらに人間と金属生命体は数千年も前から繋がっていることがわかります。ここでは新たに分かった人類と金属生命体の歴史を振り返ってみましょう。

『トランスフォーマー/リベンジ』作品情報


トランスフォーマー/リベンジ [Blu-ray]

タイトル トランスフォーマー/リベンジ(Transformers: Revenge of the Fallen)
監督 マイケル・ベイ
公開 2009年6月24日
製作国 アメリカ
時間 2時間29分

Rotten Tomatoes

あらすじ

金属生命体トランスフォーマーの正義の集団オートボットと悪の集団ディセプティコンの激闘から2年。

その渦中に巻き込まれたサムも大学生となり、親元を離れるばかりか恋人ミカエラともしばし離ればなれでキャンパス・ライフを始めることに。

一方、米政府は金属生命体の極秘研究機関だったセクター7を解体、レノックスをはじめディセプティコンと戦った兵士たちを集め、オートボットと連係しながら世界に散らばるディセプティコンを掃討する精鋭部隊“NEST”が組織されていた。

そんなある日、サムは、あらゆる金属物をトランスフォーマー化するパワーを持ち、トランスフォーマー同士の争いの元となった“キューブ”のかけらを発見する。

この時サムの体にはキューブからある“情報”が刷り込まれ、以来たびたび脳裏に浮かぶ幻覚の中でトランスフォーマーと人類の浅からぬ因縁を知ってしまい、図らずも再びトランスフォーマーの戦いに身を投じていくこととなるのだが…。

(出典:https://www.allcinema.net/cinema/333193)

エネルゴン

金属生命体のパワーの源となる「エネルゴン」。
このエネルゴンがないと金属生命体は錆びて滅んでしまいます。

紀元前17000年。
金属生命体は「エネルゴン」を探して地球にやってきました。
エネルゴンは太陽を爆発させることで得ることができます。

金属生命体は太陽を爆発させる装置を作り、エネルゴンを集めようとしました。
しかし金属生命体の初代リーダである7体のプライムの中には決めたルールがあります。
生命体が存在する星は破壊しない

太陽を爆発させてしまうと地球は滅んでしまいます。
プライムは太陽を爆発させることを中止しました。

しかし7体のうちの1体がルールを破ります。
それが「ザ・フォールン」と呼ばれるプライムでした。
彼は装置を起動して地球を滅ぼそうと考えました。

ザ・フォールンを止めるために6体のプライムは自らを犠牲にします。
装置の起動に必要な「リーダーのマトリックス」を自分たちの体で作った墓の中に封印したのでした。

ザ・フォールンは装置の位置を知っています。
鍵を探すために「キューブ」の知識が必要でした。

その知識が現代のサムの頭の中に吸い込まれてしまったのです。

サムの運命

マトリックスを見つけたサムでしたが、マトリックスを手にすると砕けてしまいます。
数千年の歴史によって風化し塵となってしまいました。

それでもオプティマス・プライムを復活させるために塵を集め、オプティマス・プライムの元に走ります。
しかしサムは戦いの最中に命を落としてしまいました。

死にかけているサム。
彼は幻想を見ます。
そこには6体のプライム達がいました。
彼らはサムに「リーダーのマトリックスは勇気あるものが勝ち取る」と言います。
そして「オプティマスの元に戻りマトリックスを与えよ」と言われいました。

オプティマスにマトリックスを与えることがサムの運命でした。

オプティマスが「君が思っている以上に君が必要だ」とサムに伝えたのはサムの運命を意味していたのかもしれません。

サムのおかげで今回も助かったオプティマス。
サムがオプティマスを助ける運命は遥か昔から決まっていたことなのでしょう。

まとめ

金属生命体の歴史と人間の関係が描かれた『トランスフォーマー/リベンジ』。

それは紀元前17000年に始まった出来事でした。

そして彼らは遥か昔から姿を変えて地球に存在していました。

人類とトランスフォーマー達の繋がり。

それはサムとオプティマスの関係と同じなのかもしれません。


トランスフォーマーリベンジ トランスフォーマームービー RA-01 オプティマスプライム