短編アニメ『親愛なるバスケットボール』ありがとうコービー・ブライアント


NBA選手だったコービー・ブライアントが引退する時に書いた詩。それを元にして作られた短編アニメが『親愛なるバスケットボール』です。見たいと思いながらもまさかこんな形で見ることになるとは。。。。2020年1月26日(アメリカ時間)コービーは亡くなってしまいました。コービーのバスケットへの愛が詰まった作品が『親愛なるバスケットボール』です。

『親愛なるバスケットボール』作品情報

タイトル 親愛なるバスケットボール(Dear Basketball)
監督 グレン・キーン
公開 2017年4月23日
製作国 アメリカ
時間 6分

Rotten Tomatoes

アカデミー賞受賞
・短編アニメ賞

コービー・ブライアント

コービー・ブライアントはNBAのロサンゼルス・レイカーズの元選手です。
多くの選手がいくつものチームを渡り歩く中、コービーは1996年〜2016年までの20年間1つのチームでプレーし続けた選手でした。

コービーという名前はコービーのお父さんが好きだった「Kobe Steak House」(神戸牛ステーキハウス)のKobeから取られたことは有名な話です。
それもあってか日本人の中にもコービーファンはたくさんいて、世界中から愛される選手でもありました。

最年少記録と最年長記録を次々と打ち立てたコービー・ブライアント。
引退が決まったシーズンは多くのファンが彼の最後の勇姿を見ようとレイカーズの本拠地であるステイプルズセンターに訪れました。

多くの人に愛されたコービーが引退する時に書いた詩を元に作られたのが、短編アニメ『親愛なるバスケットボール』なのです。

コービーの詩

20年間プレーし続けたからだはボロボロになりつつありました。
左アキレス腱の断裂や膝の負傷など、コービーの体は限界に近づいていました。

そして2015年コービーは引退を決め発表しました。
その時に書いたのが『親愛なるバスケットボール』という詩でした。

6歳の頃のバスケットボールを好きにるきっかけ。
レイカーズに憧れた少年時代。
がむしゃらにプレーし続けた現役時代。
そしてお別れの時が来たことを感じた時。

コービーがバスケットボールを通して様々な局面で感じたバスケットボールへの愛を綴った詩でした。

自分に生きがいを与えてくれた感謝を込めて、コービーはバスケットボールに愛を伝えたのでした。

いつまでも見続けることができると思っていたコービーのプレーは、2016年に終わってしまいました。
でも詩の中で「バスケットボールを愛し続ける」と綴っていたコービー。

そんなコービーの思いが『親愛なるバスケットボール』には詰まっています。
コービーが読む詩の朗読。
心地よいコービーの声が、どれだけ彼がバスケットボールを愛していたのかを伝えてくれていました。

まとめ

2020年1月26日(アメリカ時間)。
衝撃的なニュースが世界中を駆け巡りました。

コービー・ブライアントが亡くなったというニュースです。
コービーの乗っていたヘリコプターが墜落して娘さんも亡くなってしまいました。

世界中が悲しみに包まれていますが、コービーは愛する娘さんとそして愛するバスケットボールとともに旅立っていきました。

今みんなが思うことは「安らかにお眠りください。そしてコービーありがとう」だと思います。