短編アニメ『親愛なるバスケットボール』ありがとうコービー・ブライアント


NBA選手だったコービー・ブライアントが引退する時に書いた詩。それを元にして作られた短編アニメが『親愛なるバスケットボール』です。見たいと思いながらもまさかこんな形で見ることになるとは。。。。2020年1月26日(アメリカ時間)コービーは亡くなってしまいました。コービーのバスケットへの愛が詰まった作品が『親愛なるバスケットボール』です。

『親愛なるバスケットボール』作品情報

タイトル 親愛なるバスケットボール(Dear Basketball)
監督 グレン・キーン
公開 2017年4月23日
製作国 アメリカ
時間 6分

Rotten Tomatoes

アカデミー賞受賞
・短編アニメ賞

コービー・ブライアント

コービー・ブライアントはNBAのロサンゼルス・レイカーズの元選手です。
多くの選手がいくつものチームを渡り歩く中、コービーは1996年〜2016年までの20年間1つのチームでプレーし続けた選手でした。

コービーという名前はコービーのお父さんが好きだった「Kobe Steak House」(神戸牛ステーキハウス)のKobeから取られたことは有名な話です。
それもあってか日本人の中にもコービーファンはたくさんいて、世界中から愛される選手でもありました。

最年少記録と最年長記録を次々と打ち立てたコービー・ブライアント。
引退が決まったシーズンは多くのファンが彼の最後の勇姿を見ようとレイカーズの本拠地であるステイプルズセンターに訪れました。

多くの人に愛されたコービーが引退する時に書いた詩を元に作られたのが、短編アニメ『親愛なるバスケットボール』なのです。

コービーの詩

20年間プレーし続けたからだはボロボロになりつつありました。
左アキレス腱の断裂や膝の負傷など、コービーの体は限界に近づいていました。

そして2015年コービーは引退を決め発表しました。
その時に書いたのが『親愛なるバスケットボール』という詩でした。

6歳の頃のバスケットボールを好きにるきっかけ。
レイカーズに憧れた少年時代。
がむしゃらにプレーし続けた現役時代。
そしてお別れの時が来たことを感じた時。

コービーがバスケットボールを通して様々な局面で感じたバスケットボールへの愛を綴った詩でした。

自分に生きがいを与えてくれた感謝を込めて、コービーはバスケットボールに愛を伝えたのでした。

いつまでも見続けることができると思っていたコービーのプレーは、2016年に終わってしまいました。
でも詩の中で「バスケットボールを愛し続ける」と綴っていたコービー。

そんなコービーの思いが『親愛なるバスケットボール』には詰まっています。
コービーが読む詩の朗読。
心地よいコービーの声が、どれだけ彼がバスケットボールを愛していたのかを伝えてくれていました。

こちらが映画の中でコービーが朗読している詩です↓↓

View this post on Instagram

“Dear Basketball, from the moment I started rolling my dad’s tube socks and shooting imaginary game-winning shots in the Great Western Forum I knew one thing was real: I fell in love with you. A love so deep I gave you my all – from my mind & body to my spirit & soul. As a six-year-old boy deeply in love with you I never saw the end of the tunnel. I only saw myself running out of one. And so I ran. I ran up and down every court after every loose ball for you. You asked for my hustle, I gave you my heart because it came with so much more. I played through the sweat and hurt not because challenge called me, but because you called me. I did everything for you, because that’s what you do when someone makes you feel as alive as you’ve made me feel. You gave a six-year-old boy his Laker dream and I’ll always love you for it. But I can’t love you obsessively for much longer… I want you to know now so we both can savor every moment we have left together. The good and the bad. We have given each other all that we have. And we both know, no matter what I do next I’ll always be that kid with the rolled up socks, garbage can in the corner: 05 seconds on the clock. Ball in my hands. 5 … 4 … 3 … 2 … 1. Love you always, Kobe.” Kobe Bryant

A post shared by Social Club (@socialclubofficiel) on

まとめ

2020年1月26日(アメリカ時間)。
衝撃的なニュースが世界中を駆け巡りました。

コービー・ブライアントが亡くなったというニュースです。
コービーの乗っていたヘリコプターが墜落して娘さんも亡くなってしまいました。

世界中が悲しみに包まれていますが、コービーは愛する娘さんとそして愛するバスケットボールとともに旅立っていきました。

今みんなが思うことは「安らかにお眠りください。そしてコービーありがとう」だと思います。