リアリティ番組『クィア・アイ』シーズン2第7話「旅立ちの時」年相応の若者へ


名付け親と一緒に住む18歳の青年。高校からホームスクールのため同年代の友達は全くいません。シンガーソングライターの彼はいつも年上の人を相手に演奏していました。今回のミッションはもうすぐ大学生になる彼を年相応の18歳にすることです。

『クィア・アイ』シーズン2第7話「旅立ちの時」

歌手で作家でもあるピアニストの彼は、18歳。

まだまだ若いにもかかわらず、40代のようなファッションセンスなのは、育ての親の影響が大きかった。

(出典:https://www.netflix.com/title/80160037)

18歳のピアニスト

今回の依頼人は18歳のショーン。
名付け親に深い愛情を持って育てられた青年です。

歌手で作曲家でピアニストのショーンですが、高校からはホームスクールで勉強したため同年代の友達がいません。
いつのピアノを聞かせる相手は育ての親のルルと同年代の人ばかりです。

孤独を感じているショーンももうすぐ大学生です。
1人暮らしを始めるにあたってルルはファブ5にショーンの変身をお願いしました。

心優しい青年のですが、全く若さがありません。
好きなミュージシャンもファッションもずべてルルの影響が強かったため全く若者らしくなかったのです

ショーンの価値観にファブ5も驚きます。
5人はなんとかしてショーンに若さを取り戻させようとするのです。

ファブ5のレッスン

同年代の友達がいないため内気でなかなか会話のできないショーン。
そんなショーンのためにカラモはペイントボールに誘います。
その場にいた同年代の子達に話しかけて誘うようにショーンの言いますが、どこか会話がぎこちないです。

それでも頑張って誘ったショーン。
彼らとともにペイントボールを楽しみました。
カラモはそこで初めて心底楽しそうなショーンの笑顔を見ました。
その笑顔は若者らしい笑顔でした。

アントニは全く料理のできないショーンのために、料理教室を開きます。
そこにはショーンと同年代の子達も参加していました。
料理を教えることと同時に、アントニもショーンに同年代の子達との付き合い方を学んで欲しかったのです。

オムレツを作りながらチームの女の子と会話を楽しむショーン。
共同作業のおかげでショーンは普通に会話ができるようになっていました。

オムレツはイマイチだったけど、ショーンはここでもコミュニケーションの方法を学びました。

ボビーはショーンの新しい新居のリフォームに取り掛かります。
新しい生活を始めるショーンのために洗練された部屋を用意します。
もちろんルルに許可を取っています。

自分も養子だったボビーはショーンの気持ちもそして巣立つショーンに寂しさを感じているルルの気持ちも分かります。
ルルとともにショーンの部屋をリフォームしながら、ショーンが巣立つ準備ができるようにボビーはルルをサポートしていました。

髪も切り髭も剃り18歳らしくなったショーン。
ジョナサンはジャスティン・ビーバーのようにすると言っていましたが、さっぱりしたショーンの目元は本当にジャスティン・ビーバーに似ていて驚きました。


ザ・ベスト(通常価格盤)

ファブ5のおかげで18歳らしく若さを取り戻したショーン。
どこか自分に自身も持ったようです。
久々に再会した友達とも楽しそうな時間を過ごすショーンは、どこから見てもイケてる18歳の青年でした。

まとめ

ショーンを見ていると育った環境に全て影響を受けるんだなと改めて感じたのが、シーズン2第7話のエピソードでした。

ルルの深い愛情で優しい青年に育ったショーンでしたが、やはり同年代の子供達と遊ぶことも大切です。
いずれみんな大人になるのだから、若いうちにしかできないことをたくさん経験するのが子供なのです。

生まれ変わったショーンはこの先の大学生活できっとかけがえのない生活を送るはずです。
今までとは違いたくさんの仲間とともにキャンパスライフを楽しむでしょう。