映画『ハロウィン』多くの人を恐怖に陥れたブギーマンの誕生


『ハロウィン』と言えばブギーマン。低予算で作られながら大ヒット映画となり自主制作映画として記録的な興行収入を残した映画でもあります。その後シリーズ化され、また多くの映画で「ブギーマン」というセリフを残した『ハロウィン』の恐怖について見ていきたいと思います。

『ハロウィン』作品情報


ハロウィン BD [Blu-ray]

タイトル ハロウィン(Halloween)
監督 ジョン・カーペンター
公開 1979年8月18日
製作国 アメリカ
時間 1時間31分

Rotten Tomatoes

あらすじ

15年前に実の姉を殺害した少年マイケルが、収容されていた精神病院から脱走して故郷に向かった。

万聖節の夜、子守をするはめになった女学生ローリーは白塗りの不気味な仮面をつけた男の姿を目にする。

そのころマイケルの担当医ルーミスもその地ハドンフィールドに到着していた……。

(出典:https://www.allcinema.net/cinema/18702)

ブギーマン


Mezco Toyz ハロウィン (1978) マイケル・マイヤーズ フィギュア

『ハロウィン』といえばブギーマンです。
殺人鬼として確立されたキャクターの先駆け的存在でもあります。

6歳の時に姉を殺してしまったマイケル・マイヤーズは、そのまま精神病院に収監されてしまいます。
その施設で様々な研究が行われ、その結果マイケルの担当だったルーミスは彼の目の奥に危険なものを感じていました。
ルーミスは8年間の研究後7年間マイケルを監禁していましたが、ある日マイケルは脱走してしまいました。

それはマイケルが殺人事件を起こしてから15年後の出来事でした。

なぜマイケルがブギーマンと呼ばれるようになったのか?
それはアメリカの都市伝説が関係していました。
アメリカの子供達の間では「ブギーマン」という怪物がいるとされています。

それが『ハロウィン』ではマイケル・マイヤーズと重ねられていたのです。
マイケルが殺人事件を起こしてから廃墟となってしまったマイヤーズ家。
子供の間では「幽霊」が出るという噂が立っていました。

その幽霊とマイケル・マイヤーズが重ねられ、ハロウィンにはブギーマンがやってくるとなったのです。

マイケルは脱走後、お店でマスクとナイフを奪います。
そしてそのマスクをかぶって行動していました。
そのマスク姿が「謎の幽霊:ブギーマン」のようにも見え、トミーは彼のことをブギーマンと呼んだのでした。

遊星よりの物体X

『ハロウィン』の中で子供達が夢中になって見ているホラー映画は『遊星よりの物体X』です。


遊星よりの物体X Blu-ray

ハワード・ホークスが手がけ1951年に公開された『遊星よりの物体X』。
ホラー映画の金字塔とされている作品です。
この作品をハロウィンの夜に、トミーとリンジーは見ていました。

氷の中で見つけた謎の「物体」の脅威や恐怖を描いたのが『遊星よりの物体X』でした。

『ハロウィン』の中では『遊星よりの物体X』シーンが何度も登場し、脅威や恐怖をブギーマンの行動と結びつけていました。
突然姿を現し画面に映り込んでくるブギーマン。
どこにいるか分からない恐怖が、『遊星よりの物体X』の謎の「物体」のようでした。

『ハロウィン』の監督のジョン・カーペンターはのちに、この『遊星よりの物体X』をリメイクし『遊星からの物体X』という作品を作ります。

遊星からの物体X [Blu-ray]

『ハロウィン』に使用されていたことから考えても、ジョン・カーペンターがどれほど『遊星よりの物体X』が好きだったかということも分かります。

またジョン・カーペンターは『ハロウィン』の監督だけでなく音楽も担当しています。
ブギーマンに見られている恐怖や追いかけられている恐怖は、彼の作り出した音楽によって強調されています。

あの不気味な音楽がブギーマンを恐怖の殺人鬼にしていったのです。

「Halloween Theme」リンクが見つかりませんでした。: (WP Applink)

まとめ

多くの作品に影響を与え、また殺人鬼のキャラクターをメジャーにした作品でもある『ハロウィン』。

公開当時から大ヒットしその人気はいまでも続いています。
またブギーマンも人気キャラクターの1つになりました。

グロテスクな恐怖ではなく、音楽と不気味さで心理的に恐怖を与える『ハロウィン』はその恐怖をいつまでも見た人の心に残しました。

1978年の映画ですがいつ見ても「怖い」と感じることができる作品で、1980年代のスプラッター映画ブームの先駆けとなったのが『ハロウィン』です。