映画『デトロイト』で学ぶ1967年のデトロイトの暴動と現在も続く悲劇


1967年にデトロイトで起きた暴動。それは黒人に対する不当な逮捕への不満が一気に爆発して起こりました。その暴動の最中に起きたのがアルジェ・モーテル事件です。白人警官による暴力と殺人。絶対に忘れてはいけない出来事ですが、それは今も続いている悲しい出来事なのです。

『デトロイト』作品情報


デトロイト (通常版) [Blu-ray]

タイトル デトロイト(Detroit)
監督 キャスリン・ビグロー
公開 2018年1月26日
製作国 アメリカ
時間 2時間23分

Rotten Tomatoes

あらすじ

1967年7月、暴動発生から3日目の夜、若い黒人客たちで賑わうアルジェ・モーテルに、銃声を聞いたとの通報を受けた大勢の警官と州兵が殺到した。

そこで警官たちが、偶然モーテルに居合わせた若者へ暴力的な尋問を開始。

やがて、それは異常な“死のゲーム”へと発展し、新たな惨劇を招き寄せていくのだった…。

(出典:https://longride.jp/detroit/about/index.html)

デトロイト暴動

1967年に発生したデトロイトの暴動。
暴動が起きる前のデトロイトは自動車産業とモータウンという黒人音楽が盛んな街でした。

映画の中で描かれていたフォードの自動車工場で働く黒人たちのように、仕事を求めて多くの黒人や移民がデトロイトに集まってきました。
さらにその集まった黒人たちから音楽が生まれ、黒人アーティストを専門としたモータウンというレコード会社が誕生し音楽があふれる街でもありました。

その中でお金持ちの白人はデトロイト郊外に住むようになり、貧しい黒人だけがデトロイトの中心にに住むようになっていきます。
さらにその中心街を守る警察官のほとんどは白人でした。

暴力的で差別的な白人警察官。
デトロイト中心街に住む黒人たちは白人警察の不当逮捕に対して怒りが溜まっていました。

そして1967年7月23日。
その怒りが爆発します。
深夜に行われた警察の酒場への捜査に、デトロイトの黒人たちは不満を覚えそれが暴動になってしまったのでした。
街の中で略奪を繰り返し街を燃やす彼らの怒りは収まることがありませんでした。

デトロイトの暴動は27日まで続いたとされています。
その間州警察や州兵などもデトロイトに向かいましたが、43人が死亡し1200人近くの負傷者を出す暴動となりました。

そして暴動がおさまってもデトロイトは荒れた街となってしまい、ますます白人はデトロイトから出て行ってしまったのでした。

アルジェ・モーテル事件

1967年のデトロイトの暴動の最中に起こったのがアルジェ・モーテル事件です。
その事件の様子は映画『デトロイト』の中で嫌という程描かれています。

白人警察官による拷問シーンは見ているだけで、緊張と恐怖に襲われてしまいます。
40分間続いた拷問シーンはずっと心臓の鼓動が大きかったです。
どんなホラー映画よりも怖い描写でしたが、これは実際に起こった出来事なのです。

この映画を作る際にキャスリン・ビグロー監督は、できるだけ事件の関係者からモーテルの中で起こった事実を聞き出し、作品を描いたと言っていました。

当事者であるメルヴィン・ディスミュークス警備員や歌手のラリー・リードそして白人女性のジュリー・ハイセルさんはその事件の生々しさを語っていました。
そしてまた彼らは「絶対に忘れてはいけない出来事」だと言っています。

黒人の少年を3人も殺害した警察官や裁判で無罪になってしまいました。
裁判の内容は映画の中では詳しく描かれていませんでしたが、正当な裁判だとは言えなかったようです。
その1つは陪審員が全員白人だったということです。
それは少なくとも判決に影響を与える要因になっているはずです。

アメリカでは2017年に公開されたこの映画はアルジェ・モーテル事件から50年後に公開されたことになります
監督は50年前に起きた事件を忘れてないためにこの映画を作っただけでなく、今も変わらず続いている同じような事件に対してのメッセージのために作った映画でもあります。

映画の中で描かれている恐怖の40分間は、絶対に忘れてはいけない出来事です。
そしてまたここから感じたことを教訓にしなければいけないという強いメッセージが込められています。

まとめ

自動車産業で栄えモータウンサウンドを生んだ街デトロイト。
しかしそのデトロイトでは、その後の街行く末をを変えてしまうほどの暴動が起きてしまいました。

その暴動の根底にあった警察官の黒人への不当逮捕。
またその中で起きた黒人少年が殺される悲しい悲劇。

監督がこの作品へ込めた私たちへのメッセージと、この悲しい事件を絶対に忘れてはいけないと強く思わされる作品でした。


デトロイト [Explicit] (オリジナル・サウンドトラック)