聖地巡礼 映画『言の葉の庭』で描かれた新宿御苑に行ってみた


映画『言の葉の庭』でタカオとユキノが出会ったのは雨の日の新宿御苑で、2人は東屋で少しずつ距離を縮めていきました。今回は2人がともに過ごした新宿御苑に行ってきました。映画は雨の御苑でしたが、晴天の日の新宿御苑は多くの人で賑わっていました。

『言の葉の庭』作品情報


言の葉の庭

タイトル言の葉の庭
監督新海誠
公開2013年5月31日
製作国日本
時間46分

あらすじ

(引用:MIHOシネマ

新宿御苑

新宿御苑は徳川家康の家臣だった内藤氏の屋敷の一部だったと言われています。
明治時代は農事試験場として使用され、その後皇室の庭園となりました。

そして戦後1949年に国民公園として私たち一般にこ公開されるようになったのです。

季節によっていろんな花を咲かせる新宿御苑の草花達。
四季それぞれにいろんな見所があり、それぞれの楽しみ方を見せてくれるのが新宿御苑の特徴でもあります。

広い庭園を散歩したり芝生の上で寝転んでみたりといろんな過ごし方ができ、都会の中で自然を堪能できるのが、新宿御苑です。

{営業時間}
10/1〜3/14    9:00〜16:00
3/15〜6/30    9:00〜17:30
7/1〜8/20      9:00〜18:30
8/21〜9/30    9:00〜17:30

{定休日}
毎週月曜日 年末年始

{入園料}
大人:500円
中学生以下:無料
65歳以上・高校生:250円

聖地巡礼

新宿門

タカオが新宿御苑に入ったのは、新宿門からでした。

『言の葉の庭』は6月の新宿門が描かれていましたが、写真は11月の新宿門です。

ちょうど菊花壇展が行われていて、新宿門にも美しい菊が飾られていました。

東屋

タカオとユキノが出会った東屋。
何度も顔を合わせるうちに、2人の距離が縮まっていった場所でもあります。

恐怖で歩けなくなったユキノは、ここでタカオと過ごす時間に救われていました。

藤棚

東屋のすぐそばにある藤棚。
まだ緑色でしたが、季節が来ると美しい藤の花を咲かせます。

新宿御苑の風景

広大な敷地からなる新宿御苑。
その面積は58.3ha(約18万坪)です。

タカオとユキノは広い庭園の中を歩きながら、東屋を目指します。

天気が良かったこともあり、たくさんの人が芝生の上で思い思いの時間を過ごしていました。

子供からお年寄りまで色んな年代の人たちが、美しい自然に触れながら楽しむことができる場所が新宿御苑です。

新宿御苑は緑に囲まれた自然豊かな場所ですが、一歩外に出ればそこは大都会新宿です。

新宿御苑の周りには高層ビルが建っています。

緑に囲まれた新宿御苑は、外の世界を忘れさせてくれる場所でもあります。

タカオとユキノはここで、日常とは違う時間を過ごしていました。

まとめ

都会の中のオアシス新宿御苑は、四季折々の自然の美しさを堪能できる場所です。

そんな新宿御苑でタカオとユキノは、人生の小休憩をしていました。

自然の中で自分自身を解放することで、忙しい毎日を忘れて心をリラックスさせることができます。

少し疲れたなと感じたらタカオとユキノのように、新宿御苑で心と体を癒してあげてください。