ドラマ『わたし、定時で帰ります。』第3話あらすじとネタバレ


新人が動画に会社のことをアップしてしまいました。瞬く間に拡散される動画。当然クライアントは怒っていますが、騒ぎを起こした新人はそんなに悪いと思っていないようです。さすがの結衣も頭を抱えてしまいます。

 

第3話

巧の実家に挨拶に向かおうとしていた結衣のところに、晃太郎からファイアーストロング社のCM撮影時に撮られたと思われる動画がSNSで拡散され炎上していると連絡が入る。

巧の両親への挨拶をドタキャンし、結衣もクライアントに謝罪に向かうことに――。

結衣は撮影現場で来栖がスマホで撮影していた様子を思い出し、何度も来栖に電話を掛けるが連絡は通じない。

翌朝、何事もなかったように出社した来栖を咎めると、その直後に来栖は結衣を呼び出して辞表を提出する…。

口癖のように「辞めようかな…」と言う来栖に対して、教育担当の結衣はどう向き合うの

か…!

(出典:https://www.tbs.co.jp/watatei/story/ep3.html)

現代の動画問題!!

新人の来栖君が、仕事場で撮影した動画がSNSで拡散されてしまいました。
本人は友人とのグループチャットにあげただけでしたが、その中の1人が他のSNSにアップしてしまい一気に拡散されてしまいました。

今回『わたし、定時で帰ります。』の中テーマ動画問題は今起きている問題です。
ドラマの中の新人来栖君はそんなに悪気がありません。
きっと今現実に起きている問題も、アップした本人達はそんなに悪気がないのかもしれません。
だからこそ余計に問題なのですが。。。

ドラマの中では動画アップによりまさかの商品が売れるという自体になりましたが、それでもやはり一歩間違えれば大変なことが起こってしまいます。

情報社会の今、SNSでの発信は重要でもありますがリスクも伴います。
これからはもっとSNSとの付き合い方を真剣に考えないといけない時期にきていると感じます。
一人一人がもっと危機管理を意識しなくてはいけないのかもしれません。

居場所を探す新人

会社で大きな問題を起こし、上司にも先輩にも怒られてしまい居場所を失ってしまった新人来栖君。

学生時代の友達との差も感じ、自分の才能のなさも痛感していました。
クライアントにも見下されているような感じがしてしまい、さらに自信をなくしていました。

居場所を失ってしまった来栖君の決断は、会社を辞めることでした。
結衣はなんとか来栖君を引き止めようとしますが、彼の気持ちが分からず新人の教育係りに向いていないのではと感じていました。

それでも来栖君と向き合い彼の話をちゃんと聞いてあげます。
「会社に必要がないのでは」と悩む彼に、彼の必要性を伝えます。
彼の仕事をきちんとみていた結衣は、彼が会社に役立っていることを教えてあげたのでした。

新人にとって最初は不安なことが多いです。
ミスして叱られるとさらに不安になってしまいます。
必要と思われていないのではと悩むのは当然のことです。

自分の仕事に追われ新人の働きを見ていない人もいるかもしれませんが、結衣はちゃんと来栖君の働きを見ていてそれを評価してあげました。
その言葉に自信を取り戻した来栖君。

新人であれ誰であれきちんと評価されないと不安を感じてしまうのです。
自信を取りもした来栖君の働きに期待したいです!

 

スポンサーリンク