映画『インターステラー』人類を救った父と娘の親子の次元を超えた愛


食糧不足に陥ってしまった地球を救うためにNASAが考えたのは、地球を捨てることでした。新しい惑星を見つけて人類みんな移住する。そんな壮大な計画にはどうしても必要なのが重力の解明です。父親は新しい惑星を探しに宇宙へ。そして娘は地球で重力の解明に努めます。人類の滅亡の危機を救ったのは1組の父と娘だったのだです。

『インターステラー』作品情報


インターステラー [Blu-ray]

タイトル インターステラー(Interstellar)
監督 クリスタファー・ノーラン
公開 2014年11月22日
製作国 アメリカ/イギリス/カナダ
時間 2時間49分

Rotten Tomatoes

あらすじ

地球の寿命は尽きかけていた。

居住可能な新たな惑星を探すという人類の限界を超えたミッションに選ばれたのは、まだ幼い子供を持つ元エンジニアの男。

彼を待っていたのは、未だかつて誰も見たことがない、衝撃の宇宙。

はたして彼は人類の存続をかけたミッションを成し遂げることが出来るのか?

(出典:https://warnerbros.co.jp/home_entertainment/detail.php?title_id=4366/)

アカデミー賞受賞
・視覚効果賞

人類を救うために宇宙へ向かった父親

食糧不足に地球、そんな地球を救うために元パイロットにクーパーが向かったのは、宇宙でした。

ラザロ計画」と呼ばれる人類がが住める別の星の探査計画。
12人の調査隊がすでに宇宙に向かっています。
その12人のうち3人が送ってきた信号を元に、彼らの見つけた星を探し出すのがクーパーに課せられたミッションです。

私たち人類が移住できる惑星。
それはこの銀河にはありません。
それがあるのは別の銀河、それはワームホールの向こうにありました。

重力の異常で土星の付近に発生したワームホール。
誰かが作ったワームホールを抜けて、クーパーは別の銀河に向かいます。

クーパーの前に現れたワームホールは球体です。

ワームホール
A地点〜B地点まで移動するのに直線で移動すると時間がかかるが、折り曲げてA地点とB地点を重ね合わせると一瞬でA〜Bに移動することができます。
それがワームホールです。
平面状では円ですが、円を立体で描くと球体になのでワームホールは球体なのです。

ワームホールの向こうにある3つの星。
しかし最初に向かった星は人類が住むことができませんでした。
この時、予測不能の出来事でクーパー達は時間がかかってしまいます。

この時間がとても大切だったのです。
相対性理論によると重力の強いと時間の流れが遅くなります。
彼らの向かう星はブラックホールの近くで、重力が強い星でした。
そのため1時間が地球上の7年になってしまうのです。

結果クーパー達が母船に戻ってきた時、すでに23年4ヶ月と8日経っていたのです。

しかも次に向かったマン博士のいる星は人類が住めるということでしたが、それは全てマン博士の嘘でし。
孤独に耐えられず死ぬことを受け入れられなかったマン博士が、助けを呼ぶために信号を送っていたのです。

クーパーは地球に戻ろうとしますが、マン博士の行動により地球に戻れなくなってしまいます。
しかも彼らはブラックホールに引き寄せられていました。

そこでクーパーはアメリアをもう1ひつの星に向かわせます。
しかし燃料はないので彼が考えたのは重力ターンでした。
ギリギリまでエンジュランスをブラックホールに引っ張ってもらい加速します。
そしてある地点で切り離せる宇宙船を噴射させて向きを変え、ブラックホールの呪力から脱出し、別の星にエンジュランスを飛ばすのです。

ただし、この時運動の第3の法則をクーパーは使います。
それは前に進むには何かを後ろに置いていかねばならないという法則です。

これによってクーパーは自分の乗る宇宙船とTARSの乗る宇宙船を切り離し、アメリアを助けたのでした。

地球でブラックホールを解読する娘

「ラザロ計画」のAプラン。
それは宇宙ステーションごと人類を移住させることです。

しかしそのためにはどうしても重力の解読が必要なのです。

それを行なっていたのがアメリアの父ブランド博士でしたが、やがてクーパーの娘マーフも重力の解読を行うようになりました。

父親が宇宙で必死に惑星を探している間、娘は地球で重力の謎に挑んでいたのです。

重力の謎を特にはどうしてもブラックホールの特異点のデータが必要になります。
ブラックホールとは大きな星が終わりを迎えて爆発し、高密度で質量が重く強力な重力を持っている天体のことです
強力な重力のため、全てを吸い込んでしまい爆発した星自らも潰れてしまうのです
それは光さえも吸い込んでしまうので、ブラックホールは光を発していないのです。

その中にある特異点
それはブラックホールに吸い込まれても、ギリギリ引き返せる境界線があります。
それを事象の地平線と呼びます。
そしてそ中心に特異点と呼ばれる場所があります。
そこから先、特異点の向こうは現在の人類では知ることのできない世界です。

この特異点のデータがわかれば、人類は重力の謎を解くことができ重力をコントロールできるのです。
そうすれば宇宙ステーションごと宇宙に飛び立つことも可能なのです。

クーパーはこのブラックホールの中に吸い込まれてしまいます。
クーパーの吸い込まれたブラックホールの中は五次元の世界になっていました。

この時、五次元の世界の中でクーパーはマーフの姿を見ます。
過去も現在も未来もない、時空を超えた五次元。

そこからクーパーはマーフに特異点のデータ、
重力は時間を含む次元を超えられると言うデーターを送ったのです。

それを受けたっとマーフは、重力の謎を解明します。
そして彼女は人類を救ったのでした。

まとめ

科学用語がたくさん登場する『インターステラー』。

ワームホールにらブラックホールに特異点とそれ以外にもたくさんの専門用語が出てきます。

一見宇宙の謎に迫る物語のようにも見えますが、実は人類を救った父と娘の物語だったのです。

そしてそこには「愛」が重要なものになって今した。

違う次元にいる父と娘を結びつけたのは、二人の強い愛情だったのです。

そしてその愛が人類を救ったのでした。