ドラマ『THIS IS US 36歳、これから』シーズン1第13話「愛の告白」 あらすじとネタバレ


オリビアとスローンの間で悩むケビン。トビーにアドバイスを受けて彼が選んだのは。。。その頃ケイトは胃のバイパス手術を受けることをやめます。そして彼女はダイエット合宿に向かったのでした。

シーズン1第13話「愛の告白」

ケヴィンはトビーに恋愛相談をし、思い切った行動にでる。

ケイトは胃のバイパス手術を受けることに迷いが生じ、紹介された減量合宿に参加することに。

ランダルは職場での強力なライバル出現にあせる。

そんなとき、実父ウィリアムが突然、会社にやってくる。

一方、過去の時代。

ピアソン家の3人の子どもたちはいつも一緒に誕生日を祝っていた。

ところが10歳の誕生日は、家に友達を呼んで別々にパーティーをしたいと言い出す。

(出典:https://www4.nhk.or.jp/this-is-us/5/)

ケビンの選んだ女性

出典:IMDb

オリビアとスローンのどちらが大切なのか悩むケビン。
NYに残っているトビーに相談します。

トビーは二人の女性で悩むケビンに「目をつぶって、女性を思い浮かべろ」と言います。
さらに「その女性に伝えたい言葉を3つの文章で伝えるんだ」と言います。

トビーに言われケビンが思い浮かべた女性。
それは初恋の相手ソフィーだったのです。

ケイトの親友だったソフィー。
10歳の誕生日に一緒にパーティを行なった彼女です。
その頃からソフィーにことが好きだったケビン。

二人は結婚したのですが、離婚していたのでした。
トビーのおかげで自分にとって大切な人を思い出したケビン。

彼はソフィーの家に向かい、自分の思いを彼女に伝えたのでした。

覚悟を決めたケイト

出典:IMDb

トビーが心臓の手術をしたことで、怖さを感じたケイト。
胃の手術をするのは今のタイミングではないと思い、手術をやめます。
代わりに紹介されたダイエット合宿に参加することにします。

自分の力で体型を変えようと望んだケイトでしたが、なかなか周囲に馴染めません。
さらに出会った男性に「痩せても中身は変わっていない」と言われてしまったのです。

エクササイズに馴染めなかったケイトですが、男性の言葉を受けてエクササイズに参加します。
エクササイズ中に「ずべてを吐き出せ」と言われたケイト。
過去の自分の嫌な思い出を吐き出します。

・母はSサイズの洋服なのに自分はXLをきていること
・友達から一緒に遊びたくないという手紙をもらったこと
・誕生日の時に1人になった自分を父が慰めてくれたこと
ケイトの中の悲しい思い出が次々と思い出されたのでした。

そして最後に父親ジャックのお葬式を思い出したのでした

ジャックは3人がまだ10代の頃に亡くなっていました。
始めたお葬式のシーンが今回のエピソードで登場しました。

なぜジャックが亡くなったのかそれはまだ分かりませんが、ケイトにとって父親ジャックの死がとても辛いことだったことは事実です。

きっとそれはケビンやランダル、そしてレベッカにとっても同じはずです。

 

いますぐ『THIS IS US 36歳、これから』を視聴したい方は、こちらから視聴可能です↓↓
(2019年4月現在)

 

スポンサーリンク