ドキュメンタリー『コミック王の従軍物語』 コミック界のキング ジャック・カービーの物語


コミック界のキングと呼ばれるジャック・カービー。「キャプテン・アメリカ」や「超人ハルク」など多くのヒーローを生み出しました。彼の作り出すヒーローやビランは、第2時世界大戦中に経験した戦争体験が元になっていました。

『コミック王の従軍物語』作品情報

タイトル コミック王の従軍物語(Kirby at War: La Guerre De Kirby
監督 マルク・アゼマ/ジャン・デプレ
公開 201711月20日
製作国 フランス

『コミック王の従軍物語』あらすじ

出典:IMDb

ニューヨークに生まれ育ったカービーは、新婚さめやらぬ頃に従軍。

GIとしてフランス北部でナチス軍と戦い、死の危機に何度も直面した。

脳裏に焼きついた爆破や血痕を「アベンジャーズ」などの作品で、無数の点として漫画に表現。

恐怖におののく顔や、グロテスクな悪人の表情も、戦争体験から生み出されたという。

実写映像とアニメを組み合わせたシーンや、再現ドラマを駆使した“コミック風”の演出でつづる、コミック王の従軍記。

(出典:https://www.nhk.or.jp/docudocu/program/253/2145699/)

ジャック・カービー

出典:IMDb

コミック界のキングと呼ばれるジャック・カービー。
彼は1917年ニューヨークのロウアー・イースト・サイドで生まれます。

ユダヤ系オーストラリア人の両親を持つジャック・カービー。
移民がひしめき合う貧しい地区で育ったカービー。

貧しさゆえに道を踏み外しそうになったこともありましたが、コミックを書くことが彼を非行から救っていました。

キャプテン・アメリカ」などの多数のコミックを創刊しました。

その後スタン・リーとともにマーベルコミックで「ファンタスティック・フォー」や「マイティ・ソー」などを創刊します。

戦争経験から生み出されたヒーロー達

1943年にカービーは徴兵されます。

1944年8月23日カービーはオマハビーチに上陸します。
そしてカービーはその後、ドイツ軍との激しい戦争を経験することになりました。

この戦争で経験した事が戦後のカービーの作品に描かれています。
戦前と戦後ではカービーの作風は明らかに変わっていました。

目の前で仲間が死に、自らも死を覚悟したカービー。
銃弾が飛び交い、爆弾が飛んでくる様子をコミックで表現しています。
またドイツ軍の兵士の恐怖をビランとして描きました。

この戦いの途中でカービーは塹壕足という病を患います。
病気になった事で前線を離れたカービーですが、足を切断する直前まで行きました。

運よくカービーは足を切断する事なく病気は治りました。
その時の経験が「X-メン」に登場する車椅子のプロフェッサーXを作り出したのです。

カービーが戦争でおった心の傷が、彼のコミックの中では描かれているのです。

まとめ

スタン・リーとともにコミック界を牽引して来たジャック・カービー。

彼の生み出す作品がどう牛て作り出されたのか、それは彼が経験した恐ろしい戦争が元になっていました。

彼は自分の体験をヒーローの口を通して語っているのです。

そんな彼の作り出したヒーロー達は何十年経った今でも、世界中で多くのファンを魅了し続けています。

 

 

スポンサーリンク