映画『Mr.インクレディブル』あらすじとネタバレ 家族みんなスーパーヒーロー


ヒーローとしてみんなから尊敬されていたMr.インクレディブル。しかしある日ヒーローとしての活動を禁止されてしまいました。数々の栄光が忘れられない日々を送るMr.インクレディブのボブ。そんな時密かにヒーローとして活躍できるようになったのです。

『Mr.インクレディブル』作品情報

タイトル Mr.インクレディブル(The Incredibles)
監督 ブラッド・バード
公開 2004年12月14日
製作国 アメリカ
時間 1時間55分

Rotten Tomatoes

『Mr.インクレディブル』あらすじ


Mr.インクレディブル MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]

Mr.インクレディブルことボブ・パーと妻のヘレンは、かつて世の中の平和を乱す悪と闘い、人々を危機から救い出す大活躍をしていた。

ところが、15年前のスーパー・ヒーロー制度廃止を機に、夫妻は一般市民として暮らすことを余儀なくされ、3人の子供たちヴァイオレット、ダッシュ、ジャック・ジャックと共に、“普通”の家族生活を送ろうと努力していた。

再び世界を救うことを夢見続けるボブの元に、ある日、謎の手紙が届く。

それは、彼と彼の愛する家族にとって、想像を絶する冒険の始まりだった…。

(出典:https://www.disney.co.jp/studio/animation/0591.html)

インクレディブル一家


Mr.インクレディブル・ファミリー フィギュアセット

日本語のタイトルは『Mr.インクレディブル』ですが原題は『The Incredibles』でインクレディブル一家という意味です。

お父さんだけでなく家族全員が特別なパワーを持ったスーパーヒーロー一家だったのです。

ボブ<Mr.インクレディブル>

パワー:怪力
車を持ち上げたり、壁を壊したり、電車を止めたりするほどの力の持ち主。

ヒーローとしての活動ができなくなって保険の仕事をしていますが、やりがいを見いだす事ができません。

ヒーローに戻りたくて、夜バレないように人助に出かけています。
しかしその行動が結局は家族を危険に巻き込んでしまうのでした・

ヘレン<イラスティガール>

パワー:ゴム人間
体を自由に伸び縮みできます。

ボブと結婚して3人の子供の母親となったヘレン。
ボブにヒーローとしての活動よりも、今の生活を充実させて欲しいと願っています。

密かに活動していたボブに怒りを感じますが、イラスティガールとして捕まってしまったボブを助けに向かいます。

ヴァイオレット

パワー:透明人間・シールド
    シールドを張って爆弾や爆撃をはねのけます。

ボブとヘレンの長女。
自分に自信がなく顔を髪の毛で隠しています。
クラスの男に恋をしていますが、声をかける事ができません。

ダッシュ

パワー:足が速い
高速で走る事ができ、危険から逃げるとができます。
高速のため水の上でも走る事が可能です。

ボブとヘレンの長男。
パワーを使うことを禁止されているために、学校でいたずらばかりしてしまいます。
パワーを使いたくて仕方ありませんが、能力を隠すためにスポーツをすることさえ禁止荒れています。

ジャック・ジャック

パワー:不明
    鉄になったり、炎になったり、鬼に変身したりできます。

ボブとヘレンの次男。
赤ん坊で能力は不明です。
シンドロームに連れ去られた時に、能力を発揮し逃げ出すことに成功します。

家族のチームワーク


CCI MR。インクレディブルParr family with Jackジャックデカールビニールsticker|cars Trucks Vans壁laptop|black |7.5 X 3.5 in|cci1722

ヒーローとして活躍したくて自分のことばかり感あげておる父親。
子供達に能力を使わないようにさせ、なんとか今の暮らしを維持したい母親。
自分に自信のない娘。
能力を見せびらかしたい息子。

ヒーローとしての活動が禁止されたことでバラバラになっている家族。

しかし彼らは敵と対峙した時、初めて家族みんなで協力して戦ったのです。

自分だけのことしか考えていなかった男性陣。
普通になりたいと願っている女性陣。

4人の目の前に敵が現れた時、彼らは家族のためにパワーを使いそれぞれが活躍します。
そして次第にバラバラだった4人が1つにまとまっていくのです。

シンドロームという敵を倒してもう一度ヒーローとして蘇った時、彼らはスーパーヒーロー一家になっていました。

そしてこれからも4人はヒーローとして戦い続けるでしょう。

まとめ

ピクサー作品では初めて人間の世界が描かれた映画『Mr.インクレディブル』。

そしてまた初のヒーロー作品となっています。

他にも敵を倒したりするなど初めてつくしの作品でもある『Mr.インクレディブル』は、かつてのヒーローが自信を取り戻すまでの物語になっていました。

そしてそれには家族の存在が必要だったのです。