映画『リーサル・ウェポン4』あらすじと感想 ついに見納め?リッグスとマータフのドタバタ劇


4作目となる『リーサル・ウェポン4』。これでついに見納めです。いろんなものを壊し続けた彼ら。一体どのくらい保険金が使われたのでしょうか?リッグスも歳を感じ始めますがそれでも二人は暴れ続けるのです。

『リーサル・ウェポン4』作品情報

タイトル リーサル・ウェポン4(Lethal Weapon 4
監督 リチャード・ドナー
公開 1998年8月1日
製作国 アメリカ
時間 2時間7分

Rotten Tomatoes

『リーサル・ウェポン4』あらすじ


リーサル・ウェポン4(初回生産限定スペシャル・パッケージ) [Blu-ray]

中国人密航者を乗せた船を発見したロス市警の刑事コンビ、リッグスとマータフ。

密航者ホンとその家族を不憫に思ったマータフは、彼らを自分の手で保護することに。

そんな中、密航事件に関わるクーという男の名と彼が進めている陰謀が浮かび上がってくる。

(出典:https://video.unext.jp/title/SID0018581)

義理の息子

出典:IMDb

『リーサル・ウェポン4』ではリッグスとマータフそれぞれに変化が訪れます。
リッグスは前作に登場したローナと関係が続いていてローナは妊娠していました。

マータフは娘のリアンが妊娠しています。
それぞれが父、祖父となり家族が増えることになります。

マータフの義理の息子バターズを演じたのはクリス・ロックです。
『ビバリヒルズ・コップ2』でちょい役で俳優デビューしたクリス・ロック。
『リーサル・ウェポン4』では重要な役を演じていました。

クリス・ロックの演じたバターズ刑事はとにかくよく喋る。
今作も登場しているレオでさえ負けてしまうほどの勢いです。

二人の会話にはマータフもリッグスも頭を抱えていました。

敵役にはジェット・リー

出典:IMDb

『リーサル・ウェポン4』でリッグスとマータフと戦うことになったのは中国の秘密結社のワンです。

そのワンを演じたのはシンガポールのアクションスターのジェット・リーでした。
彼はこの『リーサル・ウェポン4』がハリウッドデビュー作となります。

この映画の中でもカ武術を披露しています。
子供の頃に中国武術を習い、大会で優勝したこともあるジェット・リーの見せる武術は迫力がありました。

さすがにこの中国武術には勝てないだろうなと感じてしまうのは、本物の武術ですから当たり前です。

リッグスもかなりやられていました。
リッグスとマータフ二人がかりでも、ギリギリなくらいです。

この作品以降ハリウッド作品で大活躍すジェット・リー。
髪型は変ですが、若かりし頃のジェット・リーの素晴らしいアクションを見ることができます。

まとめ

歳を感じ、守るものが増えたリッグスとマータフ。

昔のようにはいかなくなってしまいましたが、きっとこの先もロサンゼルス市警にはあの二人がいるはずです。

そして街の中を暴れまわっているはずです。

1つのアクション映画の基準を作ったとも言える『リーサル・ウェポン』シリーズ。

とにかく派手で勢いのある映画でした。

スポンサーリンク