ドラマ『THIS IS US 36歳、これから』シーズン1第9話「家族旅行」 あらすじとネタバレ


ランダルは母レベッカが36年間嘘をつき通していたことを知り、怒りを抑えることができません。子供達3人で向かった別荘でランダルは、ひょんなことから母の苦しみを知ることになったのでした。

シーズン1第9話「家族旅行」

ランダルは母レベッカが実父のことを隠していたことに怒りが止まらない。

ピアソン家の持つ古い山荘を売ることを知ったケヴィン、ケイト、ランダルは、最後の思い出作りのために山荘へ出かける。

一方、過去の時代。

9歳のランダルは実の親が誰なのかが気になり、街で黒人を見つけては声をかけてしまう。

ジャックはランダルの心の穴を埋めるために、探偵を雇って両親を探してみたらどうかとレベッカに提案する。

(出典:http://www4.nhk.or.jp/this-is-us/5/)

 

レベッカの抱えたもの

出典:IMDb

レベッカはランダルが実の両親を探していることを知ります。
ジャックはランダルのためにも両親を探してみようと言いますが、レベッカはどうしてもそれを受け入れることができませんでした。

過去に一度ランダルの実の父親ウィリアムと会ったことがあるレベッカ。
もう一度彼を訪ねます。

ランダルが父親を探していることを話すと、嬉しそうにするウィリアム。
レベッカはその姿を見て怖くなって逃げ出してしまいました。

彼女はランダルを奪われることを恐れていたのです

大切なランダルを奪われるくらいなら、嘘をつき続けたほうがいいのかもと感じたレベッカ。
彼女の背負ったものはこの先彼女を苦しめることになったのでした。

ジャックの背負ったもの

出典:IMDb

ジャックもまたランダルは実の両親を探していることで悩んでいました。
特に父親像を求めていることを知ったジャックは、ランダルを連れて黒人の多い道場に通います。

ジャックはランダルに黒人の繋がりを与えようとしていたのでした。

そこでランダルを背負って腕立て伏せをしたジャック。
彼はランダルの父親として、息子を立派に育てることを再度誓ったのでした。

そんなジャックを見ていたレベッカ。
ウィリアムの悩んでいましたが、ランダルにはジャックという父親がいる事に気がつきます。
ジャックのランダルに対する決意も感じ取りました。

その想いからレベッカは1人で嘘を抱えることを決意したのでした。

ランダルの怒り

出典:IMDb

母にずっと嘘を付かれていたことがどうしても許せないランダル。
母への文句のリストを作り、さらに母に同じように傷ついて欲しいと思ってしまいます。

ケビンたちと行った別荘で幻覚を見たランダル。
父ジャックに母の文句を伝えます。

ジャックはランダルの話を聞きながらも、レベッカがどれだけ大変だったかをランダルに見せたのです。

明るく楽しそうに見えるレベッカも違う目でみれば、苦しんでいたことに気がついたランダル。

母親の元へ向かい「36年間嘘を抱え込んで、孤独だったね」と言葉をかけたのでした。

まだレベッカへの怒りを全て消すことはできませんが、ランダルなりに母の思いを理解しようとしていたのでした。

 

 

いますぐ『THIS IS US 36歳、これから』を視聴したい方は、こちらから視聴可能です↓↓
(2019年3月現在)