ドラマ『ER 緊急救命室』シーズン1第4話「ヒットエンドラン」あらすじとネタバレ


交通事故にあった高校生の男の子がERに搬送されてきます。Dr.ベントンやDr.サラなどが対応しますが残念ながら亡くなってしまいました。目の前でその現実を見てしまったDr.カーター。医者の無力を感じていたのでした。

シーズン1第4話「ヒットエンドラン」


ER 緊急救命室 I 〈ファースト・シーズン〉 セット1 [DVD]

カーターは病院に運び込まれて亡くなった青年の死を両親に知らせる役目をまかされるのだが・・・。

一方、ロスは再びキャロルの家を訪ねるが・・・。

ベントンは義理の兄と母親のことで衝突する。

(出典:http://www.superdramatv.com/line/er/episode/detail1-4.html)

Dr.ロスとキャロル

出典:IMDb

キャロルが病院に復帰してからキャロルのことを気にしているDr.ロス。
もう一度キャロルと付き合いたいと思っていますが、キャロルとDr.ダグリエルの関係は続いていました。

二人の関係を知っても諦めないロス。
しかしキャロルはそんなロスに対して複雑な思いを抱いていました。

家でDr.ダグリエルといるところまでやってきたロス。
さすがにこれにはキャロルは怒ります。

そしてロスに向かって「二度と来ないで」と告げたのでした。

Dr.カーターの葛藤

出典:IMDb

交通事故で運び込まれてきた高校生を助けられなかったER。
カーターにとっては研修にきて初めて直面する死になりました。

若い命を助けられなかったことに、肩を落とすカーター。
そしてこの時初めて医者の無力を実感してしまったのでした。

しかもその死を両親に告げる時の辛さ。
目の前で泣き崩れる高校生の両親。
カーターは辛い現実にくじけそうになっていました。

このまま辞めてしまおうかと考えているときに、子供が生まれそうな夫婦が慌ててくるまでやってきます。

もう赤ん坊の頭は見えていました。
病室まで運ぶ時間がないのでカーターは、病院の外で出産させます。
自分の手で新しい命を取り上げたカーター。

家族の喜びや新しい命を肌で実感したのでした。

その感動を味わったカーターは一度はやめようと思っていましたが、もう一度医者になることを決意したのでした。

 

スポンサーリンク