映画『ランボー/最後の戦場』あらすじと感想 シリーズで1番残忍な映画


20年ぶりの続編となった『ランボー/最後の戦場』。国や唯一信頼できる人のために戦って来たランボーが、今度は見知らぬ人のために戦います。そしてそのランボーが戦った現場は、シリーズで1番残酷な現場でもありました。

『ランボー/最後の戦場』作品情報

タイトル ランボー/最後の戦場(Rambo)
監督 シルヴェスター・スタローン
公開 2008年5月24日
製作国 アメリカ
時間 1時間32分

Rotten Tomatoes

『ランボー/最後の戦場』あらすじ


ランボー 最後の戦場 [Blu-ray]

タイとミャンマーの国境付近でミャンマー軍事政権によるカレン族の迫害が激化。

タイ辺境のジャングル地帯で暮らすランボーは状況を知りつつも静観の構えを見せていたが、ある事件をきっかけに再び戦いの中に身を投じていく。

(出典:https://eiga.com/movie/53120/)

タイで静かに暮らすランボー。
そこに現れたのが、ミャンマーでボランティア活動を行う団体でした。
彼らはミャンマー軍に苦しめられているカレン族の人たちのもとへ行き、ボランティア活動を行な王としていました。

ランボーに船でミャンマーまで乗せて行って欲しいとお願いしますが、ランボーは断ります。
しかしボランティア団体の女性サラの説得で、彼らを現地まで船で連れて行ったのでした。

現地で分かれますが、彼らは村に着くなりミャンマー軍に襲われてしまい、拉致されてしまいました。

彼らを救出するために現場に向かった傭兵達。
ランボーはその傭兵とともに、ボランティアのメンバーを救出に向かったのでした。

シルヴェスター・スタローン

出典:IMDb

20年ぶりの続編となった「ランボー」。
ついに今作『ランボー/最後の戦場』では、シルヴェスター・スタローン自身が監督を務めました

前作で「最も過激な映画」という評価を受けましたが、今作はそれを上回るほどの過激な内容になっていました。

ランボーと傭兵達が向かったミャンマーで待ち受けたいたのは、残酷な現場でした。
数々の戦場を経験した傭兵ですら「こんな現場は一度も見たことない」というくらいひどい現状です。

そんな戦場でボランティアの団体を救出するランボー。
今までの荒削りな感じはなくなていますが、落ち着き払った様子が逆に怖かったです。

冷静に自分の任務をこなしていくランボー。
いくつもの苦しみや悲しみを背負った男の怒りがこもったシーンでもありました。

シルヴェスター・スタローン自身は『ランボー/最後の戦場』が残忍な映画となったのは、「現実を描いたからだ」と言っています。

なんども目を背けたくなるシーンが出てくる戦場での戦いでした。

現実を描いた『ランボー/最後の戦場』

出典:IMDb

シルヴェスター・スタローンが「現実に起きていることを描いた」という『ランボー/最後の戦場』。
冒頭のニュースシーンでは現実にミャンマーで起こっていることが流れます。

ミャンマーでで起きている内戦。

1948年にイギリスから独立したミャンマー。
独立当初は山間部に住むカレン族も政治に介入していましたが、その後政府はカレン族を政治から追い出します。

さらに政府軍はカレン族に攻撃を仕掛けて来ました。
それ以来続いているのが、ミャンマーで起こっている政府軍とカレン族の内戦です

シルヴェスター・スタローンはミャンマーで起こっている現実を、『ランボー/最後の戦場』でリアルに描いたのでした。

まとめ

見ていると胸が苦しくなってくる映画『ランボー/最後の戦場』。

それは現実に起こっていることだと思うと、悲しくなって来ます。

シルヴェスター・スタローン自身がメガホンを取って、私たちに伝えたっかことが詰まっている作品です。