映画『スリー・ビルボード』怒りから得たものは・・・


2018年に公開されて話題となった映画『スリー・ビルボード』。
監督のマーティン・マクドナーらしい激しい描写が続き、人間の持つ怒りをストレートに表現した映画になっていました。

『スリー・ビルボード』作品情報

タイトル スリー・ビルボード (Three Billboards Outside Ebbing, Missouri)
監督 マーティン・マクドナー
公開 2018年2月1日
製作国 アメリカ
時間 1時間55分

Rotten Tomatoes

 

『スリー・ビルボード』のテーマは怒り

『スリー・ビルボード』を見て思ったこと。
それはみんな怒りが激しいということです。

とにかくみんな怒ってます。

特に、犯人を捕まえたいミルドレッドとウィロビー署長を亡くしたディクソンの怒りは激しすぎます。

思わずそこまでする?思うくらいです。

愛する人を突然奪われてしまったときの怒りは、これくらい激しいものなのかもしれません。

2人の怒りが激しすぎるからミルレッドに好意を寄せるジェームズや、ディクソンにボコボコにされたレッドが本当に優しく映ります。

レッドが病院でディクソンにオレンジジュースをあげた時は、優しすぎると思ったくらいです。

私だったらここまで出来ないなと正直感じました。

ディクソンはウィロビー署長の手紙を読み、、怒りを会いに変えていきますが、ミルドレッドはなかなかそれが出来ません。

元夫の若い彼女に「怒りは怒りを来たす」と言われたくらいでした。

この言葉がこれまでのミルドレッドの全てを表していました。

そして初めてミルドレッドは怒りを鎮めることができたのでした。

登場人物の2面性

ミルドレッド

最初娘を亡くしたミルドレッドを、けなげな母親だと思った人も多いと思います。

しかし実態は3人の中で1番怒りを持っていて、その怒りで周囲から孤立していました。

自分に愛情を示してくれる人にさえ、怒りでしか答えられないのです。

それを救ったのがまさかの元夫の彼女の言葉だったとは、ちょっと笑えてしまいます。

ディクソン

ディクソンに対しては、差別的な暴力を振るう嫌な巡査だと思っていました。

しかし彼は、自分の秘密を隠すために差別的に見せていただけだったのです。

彼はABBAの「チキチータ」の歌を聞いています。

これが彼の秘密のヒントになっていました。

そんな暴力的なディクソンはウィロビー署長の手紙を読んで変わります。

その手紙には「」の素晴らしさが綴られていたのでした。

ウィロビー署長

そして1番優しかったのがウィロビー署長でした。

最初は仕事をしていない署長なのかと思いましたが、実は違ったのです。

家族の幸せを願って自分の命を絶ってしまいますが、それも彼なりの優しさからです。

その優しはミルドレッドにもディクソンにも与えられました。

舞台はミズリー

『スリー・ビルボード』の舞台はミズリー州です。

町の自体はエビングという架空の都市ですが、映画の中ではミズリーの差別的な様子も描かれていました。

それはディクソンの母親がそうです。

南部の昔の人という態度が彼女でした。

ミズリー州の変化を笑顔た映画もあります。

それを見てから、『スリー・ビルボード』みると町のことがもっと分かるかもしれません。

ミズリー州のことを描いた映画はまた後日紹介します。

 

TTV
スポンサーリンク