映画『ツーリスト』本当はアレクサンダー・ピアースってどんな人?


謎の美人に声をかけられて、彼女の恋人アレクサンダー・ピアースの身代わりにされてしまった1人のツーリスト。「僕に似た体つきの男を選べ」という指示で女性に選ばれてしまったツーリストは、警察にもギャングにも追われることになってしまう。では一体アレクサンダー・ピアースはどこにいるのか?ネタバレしながらアレクサンダー・ピアースの正体に迫ります。

『ツーリスト』作品情報


ツーリスト [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]

タイトル ツーリスト(The Tourist)
監督 フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク
公開 2011年3月5日
製作国 アメリカ
時間 1時間43分

Rotten Tomatoes

あらすじ

傷心を癒そうと、ひとり旅でアメリカからヨーロッパへとやって来たフランク。

ヴェネチアへ向かう列車の中、突然彼の前に見知らぬ美女エリーズが現われる。

その妖艶な魅力に一瞬で引き込まれたフランク。

しかし、そんな彼女の行動は逐一警察に監視されていた。

警察は、ある重要人物がエリーズと接触する機会を待っていたのだ。

ところがエリーズは、ニセの男と接触することで捜査の攪乱を狙っていた。

そんなこととはつゆ知らず、そのまま正体不明の美女と行動を共にしてしまうフランクだったが…。

(出典:http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=337899)

アレクサンダー・ピアースとは?

ロンドン警視庁に追われるアレクサンダー・ピアース。
恋人とも連絡を取らずに逃げ回る彼は、ギャングだったがボスのお金を盗み姿を消してしまった。

さらに、ロンドンに未納の税金が7億4400万ポンドもある。
そのことで金融犯罪課にも追われることになってしまった。

追ってから逃げるためにアレクサンダー・ピアースは2000万ドルもつぎ込み整形したと言われている。

だから誰も彼の現在の顔を知らない。
それは恋人だったエリーズも同じだった。

だから警察はエリーズを追いかけるしかなかった。

そんなある日、エリーズの元に1通の手紙が届く。
送り主はA.P。
もちろんアレクサンダー・ピアースだ。

彼の指示によろ列車に乗ったエリーズ。
そこで「僕に似た体つきの男を選べ」と言うアレクサンダー・ピアースの指示により、1人の男の前に座った。

不運にもエリーズに選ばれてしまったのは、数学教師フランクだった。
ヨーロッパを旅行するツーリスト。

彼はエリーズに利用されているのも知らず、次第に彼女に惹かれてしまうのだった。

それぞれの正体(ネタバレ有り)

ここから先はネタバレしています。

エリーズ

アレクサンダー・ピアースの恋人エリーズ。
彼と突然、連絡が途絶えてしまうが、彼のことを愛して待っている。

彼女はアレクサンダー・ピアースの身代わりにフランクを選んだ。

しかしそのことでフランクは、ギャングに狙われてしまう。
フランクにも惹かれているエリーズは、さすがに悪いと思い始める。

そしてアレクサンダー・ピアースを警察に引き渡すことに決めた。
そうすればフランクがアレクサンダー・ピアースでないことが、ギャングにも分かるからだ。

決心したエリーズが向かったのは、ロンドン警視庁だった。
そう彼女は金融犯罪課のスパイだったのだ。

スパイとしてアレクサンダー・ピアースに近づいたはずが、彼を愛してしまう。
そして職務を怠ってしまったのだ。

そのため休職中になっていたが、彼女はフランクのためにアレクサンダー・ピアースの逮捕に協力することにした。

フランク

彼女に振られたばかりの数学教師フランク。
エリーズにアレクサンダー・ピアースの身代わりに選ばれてしまった男だ。

警視庁のデーターベースでも数学教師フランクとなっていた。
だから警察は彼をアレクサンダー・ピアースではないと判断した。

しかし、ギャングの方はエリーズとキスをするフランクを見てしまう。
そのことでフランクがアレクサンダー・ピアースと思ってしまい、彼を追いかけた。

たまたま事件に巻き込まれてしまった不運な男フランクのはずだったが、実は彼こそがアレクサンダー・ピアースだった。

愛するエリーズを助けるために、自分の正体を明かしたフランク。
しかし誰も信じない。

それでも最後に、金庫を開けたことでエリーズは彼がアレクサンダー・ピアースだと知ったのだ。

ギャングのボスはアレクサンダー・ピアースのことを、八重歯があってタバコのヤニの色が付いていると言う。
さらに額が出ているとも言う。

一体整形前のアレクサンダー・ピアースはどんな顔だったのだろう。
しかもなぜエリーズはそんな男に惚れたのだろう。

エリーズは整形後のアレクサンダー・ピアースに「2000万ドルかけた顔がその顔」と言っている。(ジョニー・デップの言っているのだ!)

彼女の上司は「君の男の趣味は分からん」と言っていたことを考えると、エリーズの好きなタイプは少し変わっているのかもしれない。

気になる点

やっぱりフランクがアレクサンダー・ピアースだったのかと、思う展開だった『ツーリスト』。

しかし1点だけ気になることがある。
それはアレクサンダー・ピアースは最初から、エリーズがフランクになった自分を選ぶと思っていたのだろうか?

それともエリーズが彼を選んだのは、予想外のことだったのか?
何も知らないエリーズが「僕に似た体つきの男を選べ」と言う指示だけで、フランクを選んだことはすごいと思う

実際のところアレクサンダー・ピアースは、エリーズが誰を選ぶと思っていたのか?
そこだけが映画を観た後、気になってしまった。

まとめ

予想通りの展開だった『ツーリスト』。

どんなラストが待っているのかと思ったが、特に驚きもなく不伝説の普通にラストを迎えてしまった。

しかし最初からフランクを選んだエリーズの愛情の深さには、驚いてしまう。

そして、彼女の男性の趣味も気になって仕方がない。