映画『沈黙の戦艦』最高速で最強の戦艦で戦う最強のコック


アメリカが誇る最高速で最強の戦艦ミズーリ。映画『沈黙の戦艦』の舞台は戦艦ミズーリだ。真珠湾攻撃50周年式典に参加した後、最後の航海に出た戦艦ミズーリだったが、その途中でシージャックされてしまった。しかし最強の戦艦の中には最強のコックが乗船していた。犯人達から戦艦ミズーリをそしてホノルルの住民を守ったのは、強靭な肉体の持ち主のコックだった。

『沈黙の戦艦』作品情報


沈黙の戦艦 [Blu-ray]

タイトル 沈黙の戦艦(Under Siege)
監督 アンドリュー・デイヴィス
公開 1993年5月15日
製作国 アメリカ
時間 1時間43分

Rotten Tomatoes

あらすじ

核兵器搭載のハイテク戦艦USSミズーリが武装テロリスト集団に乗っ取られた。

なんとか敵の目から逃れた料理人ライバック。

彼はかつて精鋭の兵士として活躍していた男だった。

ライバックは単身、武装テロ集団に命がけの戦いを挑んでいく……。

(出典:https://www.amazon.co.jp/dp/B07GQ68XBF)

最高速で最強の戦艦ミズーリ


タミヤ 1/700 ウォーターラインシリーズ No.613 アメリカ海軍 戦艦 ミズーリ プラモデル 31613

『沈黙の戦艦』の中でテロリストに乗っ取られてしまった戦艦は、戦艦ミズーリ

映画の冒頭でも紹介されているように、第二次世界大戦での日本との戦いや湾岸戦争でイラクに攻撃したりバグダットにも攻撃したアメリカ海軍が誇る戦艦だ。

日本は第二次世界大戦の時、戦艦ミズーリの甲板で降伏した。
第二次世界大戦中に日本軍はこの戦艦ミズーリに苦しめられた。

映画の中のニュースでは「復讐を果たした」と戦艦ミズーリのことを紹介していた。

そんな戦艦ミズーリは1992年に退役を迎えた。
戦艦ミズーリの最後の任務は1991年のハワイの真珠湾攻撃50周年記念式典への参加だった。

『沈黙の戦艦』はその式典終了後の出来事になっている。

現在(2020年)ではハワイのパールハーバーで記念艦となっている戦艦ミズーリ。

戦艦ミズーリには海軍の歴史がたくさん詰まっている。
そんな戦艦ミズーリが『沈黙の戦艦』の中では、シージャックされてしまったのだった。

最強のコック

最速で最強の戦艦がシージャックされてしまった。
犯人達の目的は、戦艦ミズーリに搭載されているトマホークを盗み売ることだった。

しかし、戦艦ミズーリには最強のコックが乗船していた。
コックの名前はライバック。
彼は自分のことを「ただのコックだ」と言うが、それは事実ではなかった。

ライバックは元特殊部隊の隊員だった。
武術・爆薬・兵器・戦術が専門のライバック。
数々の勲章を受章している、大佐も最高の男と認める人物だった。

シージャックされた戦艦ミズーリを奪い返すために、ライバックは自分の専門分野をフル活用する。

ヘリコプターを爆発させ、兵器を作って潜水艦を破壊する。
さらには素晴らしい戦術で、見事戦艦ミズーリを奪還した。

そして最後には犯人のボスであるストラニクスを武術で倒した。

自分の才能を見事駆使して最強のコックは最高の軍人に返り咲いたのだった。

まとめ

日本人にとっても関わりの深い戦艦ミズーリ。

ハワイで記念艦になる前の戦艦ミズーリを見ることができるのが、『沈黙の戦艦』だ。

映画の冒頭では戦艦ミズーリの歴史を知ることもできる。

そしてその戦艦ミズーリの中で、最強の軍人がフルスペックでテロリストと戦うのだ。